What's happening now

2022. 07.05

崎山蒼志、新曲PV明日公開 熱でかつお節がくねる様子をダンスで表現

崎山蒼志の新曲“​​I Don’t Wanna Dance In This Squall”のPVが7月6日20:00に公開。ティザー映像と新ビジュアルが到着した。7月6日に配信リリースされる同曲は、崎山が作詞作曲・編曲を全て手掛けたオール打ち込みのダンスナンバー。江田明里監督によるPVは、お好み焼きをモチーフに、パーティーなど社交の輪に加わらず壁際でじっとしている人も最終的には輪に入り、踊ってしまうという構成。スタイリングや演出には崎山のアイデアも組み込まれている。お好み焼きの様々な具材に扮したダンサーたちの中、崎山はかつお節に扮し、熱でかつお節がくねる様子をダンスで表現している。

記事を見る

内村光良『LIFE!夏』に神尾楓珠、川栄李奈、長田庄平らが出演

内村光良率いるコント番組『LIFE!夏』が7月18日22:00からNHK総合で放送される。出演者は内村光良、池谷のぶえ、長田庄平(チョコレートプラネット)、神尾楓珠、川栄李奈、じろう(シソンヌ)、田中直樹(ココリコ)。番組初登場の神尾は、キツネに化かされている先輩に遭遇した後輩や、睡魔に襲われる社員などを演じ、「LIFE!コント撮影は、一発本番の緊張感と面白さがありました」と語った。5年ぶり、2回目の出演となる川栄は内村との親子役にも挑戦。「座長・内村光良さんの体を張った演技を間近に見て、驚きました」とコメント。スタジオトークでは番組出演のきっかけとなった上白石萌音とのエピソードも明かされる。

記事を見る

TAMIWの自主企画『fête』が9月開催 初EPを全国流通盤として再発売

TAMIWの自主企画『fête』が9月28日に渋谷Spotify O-nestで開催される。2018年に結成されたTAMIWは、田口智章(Syn,SynBa,Cho)、BON-SAN(Dr,Beats)、tami(Vo,Looper,Vn,Ondomo)、河部翔(Gt,Cho)からなるポストトリップホップバンド。同公演のゲストは後日発表される。チケットの先行予約は7月11日まで受付中。また2月にリリースした初EP『Floating Girls』のCDソールドアウトに伴い、9月7日に全国流通盤がリリースされる。メンバーが運営するスタジオHidden Placeで撮影されたライブ映像を収録したDVDが付属する。DVDから“7 - 5 =”が公開された。

記事を見る

サニーデイ・サービス、夏色の新曲収めたEPリリース&東名阪ツアー開催

サニーデイ・サービスの『冷し中華 EP』が7月15日に配信リリース。7月22日に曽我部恵一デザインの手ぬぐい付きCDで発売される。収録曲は、瀬戸内海に沈む夕陽を曽我部が長男と見たことから作られたというタイトル曲、曽我部がらすてぃー(茶封筒)と歌詞を共作した“じゃすみん”、急逝した中川イサト“その気になれば”のカバー、一瞬の夏の奇跡を1分間に封じ込めた“夏のにおい”の4曲。CDには“冷し中華 -Chill Inst.-”が追加される。12インチアナログ盤も後日発売。ジャケットはAFRAが描き下ろした。また東名阪ツアーを10月15日に梅田CLUB QUATTRO、10月16日に名古屋CLUB QUATTRO、10月28日に恵比寿LIQUIDROOMで開催。チケットのオフィシャル先行先着予約は8月7日まで受付中。一般販売は8月13日10:00からスタート。

記事を見る

細田守の作品世界の秘密と魅力を深掘りする書籍『細田守の芸術世界』刊行

細田守の作品世界の秘密と魅力を深掘りする書籍『THE MAN WHO LEAPT THROUGH FILM 細田守の芸術世界』が7月に刊行。映画監督デビュー作品『劇場版デジモンアドベンチャー』から、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』『竜とそばかすの姫』までの数百点におよぶスケッチ、絵コンテ、背景画、キャラクターデザインを紹介する。細田が生い立ちからキャリア初期を語ったインタビューも収録。著者はアニメーション歴史家・評論家のチャールズ・ソロモン。

記事を見る

杉咲花、悠木碧が声の出演、今井哲也原作劇場アニメ『ぼくらのよあけ』

©今井哲也・講談社/2022「ぼくらのよあけ」製作委員会

10月公開の劇場アニメ『ぼくらのよあけ』のボイスキャストが発表された。原作は『星雲賞』候補に選出された今井哲也のSFジュブナイル漫画。2049年を舞台に、間もなく地球に大接近する彗星に夢中になっていた小学4年生の沢渡悠真が、宇宙から来たという「二月の黎明号」と出会うことから物語が始まる。宇宙とロボットが⼤好きな主人公・沢渡悠真役を杉咲花、「二月の黎明号」にハッキングされた沢渡家の人工知能搭載型家庭用オートボット・ナナコ役を悠木碧が演じる。監督は黒川智之、脚本は佐藤大。悠真たちが「私が宇宙に帰るのを手伝ってもらえないだろうか?」と頼まれるシーンが映し出された特報第2弾とティザービジュアル第2弾も到着。

記事を見る

ミニスカートを流行させたマリー・クワントの素顔に迫るドキュメンタリー

©2021 MQD FILM LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

ドキュメンタリー映画『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』が11月26日から公開。1960年代のロンドン発のカルチャー「スウィンギング・ロンドン」の中心人物とも言えるデザイナーで、ミニスカートを流行させたマリー・クワントの素顔とデザインの秘密に迫る。サディ・フロストが監督を務め、出演者にケイト・モス、ヴィヴィアン・ウエストウッド、デイヴ・デイヴィス(The Kinks)、ピート・タウンゼント(The Who)、ポール・シムノン(The Clash)が名を連ねる。本ポスタービジュアルも到着。映画公開日の11月26日からBunkamura ザ・ミュージアムで『マリー・クワント展』が開催される。

記事を見る

三谷幸喜『ショウ・マスト・ゴー・オン』に鈴木京香、尾上松也、ウエンツ瑛士ら

三谷幸喜作・演出の舞台『ショウ・マスト・ゴー・オン』が11月7日から福岡キャナルシティ劇場、11月17日から京都劇場、11月25日から世田谷パブリックシアターで上演される。今回は1991年に東京サンシャインボーイズが初演したオリジナル版を、最後の上演から28年の時を経て三谷自らリニューアル。出演者に鈴木京香、尾上松也、ウエンツ瑛士、シルビア・グラブ、小林隆、新納慎也、今井朋彦、藤本隆宏、小澤雄太、峯村リエ、秋元才加、井上小百合、中島亜梨沙、大野泰広、荻野清子、浅野和之が名を連ねる。チケットの一般販売は10月10日からスタート。

記事を見る

井浦新が撮影したスチール到着 映画『こちらあみ子』

映画『こちらあみ子』の現場で井浦新が撮影したスチールが到着した。7月8日から公開される同作は、森井勇佑監督が今村夏子のデビュー作をもとに、広島に暮らす小学5年生のあみ子の行動が家族や同級生など周囲の人たちを否応なく変えていく過程を描く作品。あみ子役を応募総数330人のオーディションで見いだされた大沢一菜、父役を井浦新、母役を尾野真千子が演じた。音楽は青葉市子。井浦はスケジュールの都合でカメラマンが来られなかった数日間、スチールカメラマンとして自身のカメラで現場を撮影したとのこと。井浦のスチールはジュンク堂書店池袋本店、広島エディオン蔦屋家電で開催中のパネル展で展示。オフィシャルサイトには今泉力哉、尾崎世界観らのコメントが掲載されている。

記事を見る

稲垣吾郎×今泉力哉『窓辺にて』に中村ゆり、玉城ティナ、若葉竜也ら出演

©2022「窓辺にて」製作委員会

今泉力哉監督の映画『窓辺にて』の追加キャストが発表された。11月から公開される同作は、「等身大の恋愛模様」「好きという感情そのもの」を掘り下げたラブストーリー。稲垣吾郎が妻についてある悩みを持つフリーライター市川茂巳役で主演を務めた。今回出演が明らかになったのは、市川の妻・紗衣役の中村ゆり、高校生作家・久保留亜役の玉城ティナ、市川の友人のプロスポーツ選手・有坂正嗣役の若葉竜也、有坂の妻・ゆきの役の志田未来、紗衣と浮気している売れっ子小説家・荒川円役の佐々木詩音。主題歌はスカート“窓辺にて”。劇伴を池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)が担当した。

記事を見る

前田敦子×菊池風磨 根本宗子原作『もっと超越した所へ。』特報公開

©2022『もっと超越した所へ。』製作委員会

根本宗子の初映画化作品『もっと超越した所へ。』が10月14日からTOHOシネマズ 日比谷ほか全国で公開される。「クズ男」を引き寄せてしまう4人の女性たちがエネルギッシュに生きる様を描いた同作。前田敦子がダメ恋愛体質で衣装デザイナーの主人公・真知子役、菊池風磨(Sexy Zone)が真知子の恋人・怜人役を演じる。共演は趣里、千葉雄大、伊藤万理華、オカモトレイジ(OKAMOTO'S)、黒川芽以、三浦貴大。監督は山岸聖太。主題歌はaiko“果てしない二人”、音楽は王舟。真知子らが「泣いてないで早く出てってよ!」と声を荒げるシーンから始まる特報、メインビジュアルも到着した。

記事を見る

新海誠監督『すずめの戸締まり』ヒロイン役声優は原菜乃華

©2022「すずめの戸締まり」製作委員会

新海誠監督・脚本・原作の映画『すずめの戸締まり』のヒロイン岩戸鈴芽役の声優が原菜乃華に決定した。11月11日から公開される同作は、日本各地の廃墟を舞台に、災いのもととなる扉を閉めていく旅をする少女すずめの解放と成長を描く冒険物語。新海監督は1700人を超えるオーディション参加者の全ての声を聴き、すずめ役を探し出したという。アニメ声優初挑戦となる原は「不安やプレッシャーも大きいですが、監督はじめスタッフキャストの皆さまと一緒に、岩戸鈴芽として、喜び、怒り、悲しみ、楽しみ、沢山悩み考え、成長していけたらと思っています」、監督は「分厚い雲が吹き払われた瞬間のような眩しくて鮮やかな感情を、原さんならばすずめにたっぷりと与えてくれるはずです。それが今から楽しみでなりません」とコメント。

記事を見る

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて