英ブリストル発「サラ・レコーズ」の8年間の軌跡と魅力に迫る記録映画が2日間限定公開

2022. 08.05

ドキュメンタリー映画『アザー・ミュージック』の公開を記念して、映画『マイ・シークレット・ワールド』が、8月13日、14日にシアター・イメージフォーラムで上映される。

『マイ・シークレット・ワールド』は、イギリス・サウスウエストの港湾都市ブリストルを拠点に1987年から1995年まで活動していたインディペンデントレーベル「サラ・レコーズ」を描いたドキュメンタリー。創設者のクレア・ワッドとマット・ヘインズや、所属していたミュージシャン、ファン、関係者へのインタビューを通じて、「サラ・レコーズ」の8年間の軌跡とその魅力に迫る。「サラ・レコーズ」は、ファンとアーティストを繋ぐための独自の取り組みや、ZINEをレコードに封入するなどユニークな運営・広報によって一大シーンを作り、のちのアーティストやレーベルにも大きな影響を及ぼしたという。

両日共にトークショーを予定。8月13日に竹中万季(me and you)、8月14日に堀江博久が登壇する。

企画、配給は映画チア部大阪支部。『マイ・シークレット・ワールド』は昨年、大阪シネ・ヌーヴォでのみ上映され、今回が都内初上映となる。

2022年8月5日のニュース一覧へ 新着記事一覧へ

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて