What's happening now

2022. 09.12

浅沼晋太郎が1分におよぶ一人語り『四畳半タイムマシンブルース』本編冒頭映像

©2022 森見登美彦・上田誠・KADOKAWA/「四畳半タイムマシンブルース」製作委員会

アニメ『四畳半タイムマシンブルース』の本編冒頭映像が到着した。9月14日からディズニープラスで配信、9月30日から3週間限定で劇場公開される同作は、森見登美彦著、上田誠(ヨーロッパ企画)原案の小説『四畳半タイムマシンブルース』をアニメ化するもの。

記事を見る

『アーキテクト・ポスター展』が文喫 六本木で開催、バウハウスなどのポスター展示販売

『アーキテクト・ポスター展』が9月13日から文喫 六本木で開催される。特殊ポスターショップ「SOONER OR LATER」とコラボした同展では、バウハウス、ル・コルビュジエ、フィン・ユールなど、アーキテクトとその周辺を巡るポスターを展示販売するほか、展示ポスターに合わせて選書を行ない、店頭で展開。

記事を見る

森光奏太と上原俊亮のユニットdawgss、デビュー曲“ORANGE”を10月にリリース

dawgssのデビュー曲“ORANGE”が10月5日に配信リリースされる。dawgssは、藤井 風、Kan Sano、Yaffle、Anly、竹内アンナらのレコーディングやライブのサポートを務める森光奏太(Ba,Vo)と上原俊亮(Dr)のユニット。

記事を見る

幻のミュージシャン、エクスネ・ケディの単独公演が10月24日に渋谷WWW Xで開催

boid / VOICE OF GHOST presents『EXNE KEDY LIVE 2022 "CONTACT"』が10月24日に渋谷WWW Xで開催される。

1970年代にコズミックなサウンドで世界中の人々を魅了したものの、ある日不意に姿を消したといわれているエクスネ・ケディ。2020年にリリースされた井手健介と母船のアルバム『Contact From Exne Kedy And The Poltergeists(エクスネ・ケディと騒がしい幽霊からのコンタクト)』だけが、唯一の手掛かりであったという。2021年には、オープンリールテープに残されたエクスネ・ケディの1974年のワールドツアーの記録が発見されたとのことで、『Strolling Planet ’74』としてリリースされた。

チケット販売中。

【樋口泰人(boid、VOICE OF GHOST)のコメント】
計器がポッドの存在を見失った時間は1秒以下。
そうですね
−−地上時間の

なぜ彼らは招いておいてなんの物証も与えず帰したのでしょう
−−何十億年そうしてきたと

エクスネ・ケディは実在する。
1秒以下の時間で光年の彼方へ旅する彼は、だがそれは人間にも可能なのだと歌い続ける。
だからわたしは今ここにいて、ここにはいない。
目の前に広がる1974年の東京の風景は2022年の東京に重なりそしてそうなるはずだった2022年の東京や誰もが夢見た2022年の東京や誰も予想もしなかった2022年の東京が宙を舞いひとつであり複数の2022年の東京が立ち現れるのを、われわれはエクスネ・ケディの歌と共に実感するだろう。
エクスネ・ケディは何十億年もそうしてきたのだ。
2022年10月24日、エクスネ・ケディが降り立つ東京で、われわれは間違いなくフューチャリスティック・ドラゴンの背中に乗るはずだ。

記事を見る

実写映画『リトル・マーメイド』アリエル役ハリー・ベイリーの歌声披露

© 2022 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

2023年初夏に日本公開される実写映画『リトル・マーメイド』の特別映像が到着した。1991年に日本公開され、主題歌“Under the Sea”が『アカデミー賞』歌曲賞、アラン・メンケンが『アカデミー賞』作曲賞を受賞したアニメ『リトル・マーメイド』。

記事を見る

9月12日は「宇宙の日」。あがた森魚、鈴村健一、松本まりか、セイラ・マス、夢見りあむらの誕生日

NASA/Kim Shiflett - http://mediaarchive.ksc.nasa.gov/detail.cfm?mediaid=41461, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=6917033による

9月12日は「宇宙の日」。これは1992年の国際宇宙年を記念して制定されたもので、同年9月12日に日本人2人目の宇宙飛行士・毛利衛も搭乗したスペースシャトル・エンデバーが打ち上げられたことにちなんでいる。

記事を見る

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』が『東京国際映画祭』でワールドプレミア

©2022 映画「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会 ©1989 清水香子

『第35回東京国際映画祭』のオープニング作品として『ラーゲリより愛を込めて』、クロージング作品として『生きる LIVING』の上映が発表された。10月24日から日比谷・有楽町・丸の内・銀座地区で開催される『第35回東京国際映画祭』。

記事を見る

本田翼MC『ゲームゲノム』が10月からレギュラー放送 第1回ゲストに山田孝之ら

©NHK

本田翼がMCを務めるゲーム番組『ゲームゲノム』のレギュラー放送が10月5日23:00からNHK総合でスタートする。ゲームのプレイ体験を通して受け取ってきた価値観を「ゲームゲノム(遺伝子)」と呼び、その奥深さに迫る『ゲームゲノム』。

記事を見る

稲垣吾郎×新垣結衣が共演、朝井リョウ原作の映画『正欲』が2023年公開

朝井リョウ原作の映画『正欲』が2023年に公開される。『第34回柴田錬三郎賞』を受賞した小説『正欲』は、朝井リョウが「小説家としても一人の人間としても、明らかに大きなターニングポイントとなる作品です」と語る作品。

記事を見る

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて