実写映画『リトル・マーメイド』アリエル役ハリー・ベイリーの歌声披露

2022. 09.12
© 2022 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

2023年初夏に日本公開される実写映画『リトル・マーメイド』の特別映像が到着した。

1991年に日本公開され、主題歌“Under the Sea”が『アカデミー賞』歌曲賞、アラン・メンケンが『アカデミー賞』作曲賞を受賞したアニメ『リトル・マーメイド』。実写版では、アラン・メンケンが『モアナと伝説の海』『ミラベルと魔法だらけの家』など近年のディズニーアニメの音楽の中枢を担うリン=マニュエル・ミランダとタッグを組み、アリエル役をハリー・ベイリーが演じる。全米公開は2023年5月26日。

特別映像は、カリフォルニア州アナハイムで日本時間9月10日に行なわれたディズニーファンイベント『D23 Expo』で披露されたもの。アリエルが自分の願いを込めた楽曲“Part of Your World”を海の世界で歌い上げる様子が映し出されている。イベントでは観客からスタンディングオベーションが巻き起ったという。

ロブ・マーシャル監督はハリー抜擢の理由について「ハリーは感情がとても豊かに溢れているんだ。それでいて喜びに満ちている。闘志に溢れているし、アリエルのようにもっとたくさんのことを望んでいる性格を、彼女も持ち合わせていることが全身から溢れ出ている。カメラ映りも素晴らしいが、それ以上のものがある。彼女の中にあるものが映し出されるんだ」とコメント。

また、ハリーはアリエル役に抜擢された当時のことを振り返り、「この役をもらえた時はもう最高の気持ちだった。というか、非現実的な気持ち。私たちの多くがそうなんだけど、アリエルのキャラクターにはすごく長い間、絆を感じていたから。だから、これは夢だ、ほっぺたをつねってよ、みたいな瞬間だった(笑)」と語っている。

2022年9月12日のニュース一覧へ 新着記事一覧へ

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて