Dr.ハインリッヒ、新しい学校のリーダーズSUZUKAが「交差が起こすポジティブな連鎖」を語る

2023. 01.24
『HILLS LIFE DAILY podcast』

CINRAと森ビルが共同運営するメディア「HILLS LIFE DAILY」で、森美術館の展覧会『六本木クロッシング2022展:往来オーライ!』と連動したポッドキャスト『HILLS LIFE DAILY podcast』の新シリーズが本日1月24日に配信スタートした。

同シリーズは、展覧会のコンセプトである「交差」をテーマに、様々な歴史や文化が交差し多様な人々が共存している日本の未来について、現代アートを通して考えることを目的としたトークプログラム。ゲストのDr.ハインリッヒ、SUZUKA(新しい学校のリーダーズ)が、MCの野村由芽(me and you, inc.)、同展キュレーター・近藤健一を対談相手に、現代アートの楽しみ方や生活の中で感じている「交差」について語る。

Dr.ハインリッヒが出演する第1弾は本日1月24日から1月28日まで毎日1エピソードずつ配信。SUZUKAが出演する第2弾は2月14日から2月18日まで毎日1エピソードずつ配信される。共に全5回。

同ポッドキャストは、出演者全員で実際に『六本木クロッシング2022展:往来オーライ!』を鑑賞した後に収録。ゲストのお気に入りの作品の前で収録したミニエピソードもあるという。

3月26日まで開催中の『六本木クロッシング2022展:往来オーライ!』は、森美術館が3年に1度、日本の現代アートシーンを総覧する定点観測的な展覧会として、2004年以来共同キュレーション形式で開催しているシリーズ展。第7回目となる今回は、1940年代から1990年代生まれの日本のアーティスト22組の作品約120点を紹介する。サブタイトルの「往来オーライ!」には歴史上、異文化との交流や人の往来が繰り返され、複雑な過去を経て、現在の日本には多様な人・文化が共存しているという事実を再認識しつつ、コロナ禍で途絶えてしまった人々の往来を再び取り戻したい、という思いが込められているという。

【幸(Dr.ハインリッヒ)のコメント】
芸術に囲まれながら「君は、この作品(漫才)をどういうつもりで作っているのかね?」の質問に答えています。

【彩(Dr.ハインリッヒ)のコメント】
どこかで話したようで、どこででも話してないお話をしております。森林の中で腰掛けながらお聴き下さい。

【SUZUKA(新しい学校のリーダーズ)のコメント】
初めてアートについて語ることができてとても楽しかったです。私なりの解釈で伝えたアート、是非聴いてください!

2023年1月24日のニュース一覧へ 新着記事一覧へ

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて