特集 PR

古里おさむの軌跡 ウミネコサウンズインタビュー

古里おさむの軌跡 ウミネコサウンズインタビュー

インタビュー・テキスト
小口正貴
撮影:柏井万作

先日、iTunes Storeのフリー・ダウンロードに選ばれたウミネコサウンズの“夕焼け”。じんわりと染みるミドル・テンポの楽曲に、一体どれだけの人がまったりと癒されたんだろうか。その才能に我らがCINRA RECORDSが惚れ込み、リリースを買って出た。 ウミネコサウンズの中心ソングライター=古里おさむにとって5年ぶりの作品となるミニ・アルバム『夕焼け』は快作である。ソロアルバム『ロードショー』は宅録によって1人で仕上げてしまった彼だが、『夕焼け』では信頼できる仲間と共に肉厚なサウンドを提示している。もともと定評のあった古里の作曲力がぐんと上がり、バンドで楽曲に取り組んだことで、躍動感に満ちた珠玉の短編集となった。何度聴いても飽きが来ない。ここでは興味深い前歴からようやく獲得したバンドの一体感まで、たっぷりと聞いてみる。

HMV onlineでは、メンバーによる新作の全曲解説などを掲載中です!

ハード・ロックを聴かされてですね…

―音楽を始める前はずっと剣道をやってたそうですけど、中高生の頃って音楽は聴いてたんですか?

古里:カラオケに入ってたから、Jポップを聴いてた感じですかね(笑)。カラオケ歌うためにユニコーンやブルーハーツを覚えたりとか。

古里おさむの軌跡 ウミネコサウンズインタビュー

―剣道をやりながらも、その時から歌うことは好きだったと。

古里:ってよりも声を出すのが好きだったのかな、剣道で出してたから。学校卒業しても、警備会社に勤めて大会に出てました。そしたら、あんまり「メン、メン」って足を突いてるうちに腸が垂れてきて、腰が悪くなったんですよね。一時期、起きあがれないぐらいずっと寝たきりになっちゃって、それで「ああ、だめだ」と思って剣道はやめて。

―そりゃシビアですね。それがどういうきっかけで音楽に目覚めたんですか。

古里:昔、ハード・ロックに浜田マリっていたじゃないですか? 同じ会社で働いてた人がそのバックでギターを弾いてた人なんですけど、その人にハード・ロックを聴かされてですね。

―今の音楽性にはカケラもないですが(笑)。

古里:そうっすよね(笑)。俺は速弾きみたいな音楽は嫌いだったんですけど、その人に「お前のために良い席取ったから」って盛岡までヴァン・ヘイレンのライヴに連れて行かれて。周りのみんなは手を挙げてるんだけど、俺は聴いたこともないから、「どうしたらいいのかなあ……」って(笑)。

―あの超有名な“ジャンプ”さえも知らなかった?

古里:何にも知らない(笑)。

―その状態から今の音楽への飛躍がぜひ知りたいですね。

古里:実家で観てたスペースシャワーTVとかでベックの“ルーザー”を知ったんです。そこからルー・バーロウとかイールズとか、いろいろと入っていった感じですね。

Page 1
次へ

リリース情報

ウミネコサウンズ『夕焼け』
ウミネコサウンズ
『夕焼け』

2009年5月13日発売
価格:1,500円(税込)
CINRA RECORDS DQC-238

1. 夕焼け
2. あたらしい時間
3. 鳥のうた
4. 春がくるまで
5. 海岸線グルーヴィー

イベント情報

『タワーレコード新宿店インストアライブ』

2009年6月6日(土)START 14:00
会場:タワーレコード新宿店7Fイベントスペース

内容:ミニライブとサイン会(※内容は変更になる場合もございます)
出演:ウミネコサウンズ

料金:無料

プロフィール

ウミネコサウンズ

くるりが主催するNOISE McCARTNEY RECORDSより04年3月にソロアルバムをリリースしている古里おさむが新たに始動したソロ・ユニット。06~08年はウミネコサンライズ名義で活動を行い、公式リリース前にも関わらずロックフェス『ロックの学園』に出演(校長に忌野清志郎、共演にGOING UNDER GROUND、斉藤和義など)。心ゆさぶるメロディーと歌声、サイケやUSインディーを通過したロックサウンドは高く評価されている。2009年5月13日に、CINRA RECORDSよりデビューミニアルバム『夕焼け』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像