特集 PR

古里おさむの軌跡 ウミネコサウンズインタビュー

古里おさむの軌跡 ウミネコサウンズインタビュー

インタビュー・テキスト
小口正貴
撮影:柏井万作

先日、iTunes Storeのフリー・ダウンロードに選ばれたウミネコサウンズの“夕焼け”。じんわりと染みるミドル・テンポの楽曲に、一体どれだけの人がまったりと癒されたんだろうか。その才能に我らがCINRA RECORDSが惚れ込み、リリースを買って出た。 ウミネコサウンズの中心ソングライター=古里おさむにとって5年ぶりの作品となるミニ・アルバム『夕焼け』は快作である。ソロアルバム『ロードショー』は宅録によって1人で仕上げてしまった彼だが、『夕焼け』では信頼できる仲間と共に肉厚なサウンドを提示している。もともと定評のあった古里の作曲力がぐんと上がり、バンドで楽曲に取り組んだことで、躍動感に満ちた珠玉の短編集となった。何度聴いても飽きが来ない。ここでは興味深い前歴からようやく獲得したバンドの一体感まで、たっぷりと聞いてみる。

HMV onlineでは、メンバーによる新作の全曲解説などを掲載中です!

ハード・ロックを聴かされてですね…

―音楽を始める前はずっと剣道をやってたそうですけど、中高生の頃って音楽は聴いてたんですか?

古里:カラオケに入ってたから、Jポップを聴いてた感じですかね(笑)。カラオケ歌うためにユニコーンやブルーハーツを覚えたりとか。

古里おさむの軌跡 ウミネコサウンズインタビュー

―剣道をやりながらも、その時から歌うことは好きだったと。

古里:ってよりも声を出すのが好きだったのかな、剣道で出してたから。学校卒業しても、警備会社に勤めて大会に出てました。そしたら、あんまり「メン、メン」って足を突いてるうちに腸が垂れてきて、腰が悪くなったんですよね。一時期、起きあがれないぐらいずっと寝たきりになっちゃって、それで「ああ、だめだ」と思って剣道はやめて。

―そりゃシビアですね。それがどういうきっかけで音楽に目覚めたんですか。

古里:昔、ハード・ロックに浜田マリっていたじゃないですか? 同じ会社で働いてた人がそのバックでギターを弾いてた人なんですけど、その人にハード・ロックを聴かされてですね。

―今の音楽性にはカケラもないですが(笑)。

古里:そうっすよね(笑)。俺は速弾きみたいな音楽は嫌いだったんですけど、その人に「お前のために良い席取ったから」って盛岡までヴァン・ヘイレンのライヴに連れて行かれて。周りのみんなは手を挙げてるんだけど、俺は聴いたこともないから、「どうしたらいいのかなあ……」って(笑)。

―あの超有名な“ジャンプ”さえも知らなかった?

古里:何にも知らない(笑)。

―その状態から今の音楽への飛躍がぜひ知りたいですね。

古里:実家で観てたスペースシャワーTVとかでベックの“ルーザー”を知ったんです。そこからルー・バーロウとかイールズとか、いろいろと入っていった感じですね。

Page 1
次へ

リリース情報

ウミネコサウンズ『夕焼け』
ウミネコサウンズ
『夕焼け』

2009年5月13日発売
価格:1,500円(税込)
CINRA RECORDS DQC-238

1. 夕焼け
2. あたらしい時間
3. 鳥のうた
4. 春がくるまで
5. 海岸線グルーヴィー

イベント情報

『タワーレコード新宿店インストアライブ』

2009年6月6日(土)START 14:00
会場:タワーレコード新宿店7Fイベントスペース

内容:ミニライブとサイン会(※内容は変更になる場合もございます)
出演:ウミネコサウンズ

料金:無料

プロフィール

ウミネコサウンズ

くるりが主催するNOISE McCARTNEY RECORDSより04年3月にソロアルバムをリリースしている古里おさむが新たに始動したソロ・ユニット。06~08年はウミネコサンライズ名義で活動を行い、公式リリース前にも関わらずロックフェス『ロックの学園』に出演(校長に忌野清志郎、共演にGOING UNDER GROUND、斉藤和義など)。心ゆさぶるメロディーと歌声、サイケやUSインディーを通過したロックサウンドは高く評価されている。2009年5月13日に、CINRA RECORDSよりデビューミニアルバム『夕焼け』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く