特集 PR

「ワルい」だけがHIP HOPじゃない! 環ROYインタビュー

「ワルい」だけがHIP HOPじゃない! 環ROYインタビュー

インタビュー・テキスト
柏井万作(CINRA.NET編集長)
2009/09/09

不良・麻薬・喧嘩、なにかと「ワルい」イメージがつきまとうHIP HOP。今回紹介する環ROYは、そんなHIP HOPを誰よりも愛し、それ故にHIP HOP界隈からは不当な評価を受けてしまっているラッパーかもしれない。そもそも、道なき道を行こうとする偉人ほど、評価してもらえる居所がないのだろう。フィッシュマンズの歌詞を全て暗記し、テクノ界の大御所「石野卓球」とクラブで共演し、曽我部恵一に認められ、フジロックにも出演する。こんなにも幅の広い「ラッパー」が、未だかつていただろうか。ラップという唯一の武器をとことんまで研ぎすませ、HIP HOPの可能性を開拓しようとする環ROYの軌跡を追った。

ラッパー「環ROY」の存在を知らしめたMCバトル

―ROYくんがHIP HOPに出会ったのはいつ頃のことなんですか?

環ROY:高校の時ですね。でも、その頃は聴いてるだけで、ただのファンっていう感じ。最初は国内のHIP HOPがメインで、BUDDHA BRANDとかですね。で、どんどん海外のものを聴くようになっていって。

―BUDDHA BRANDの『人間発電所』(1996年)は本当に衝撃的でしたね。

環ROY:そうそう、まさにその頃の話し。受験勉強中に石田純一のラジオを聞いてたら流れてきて。あの頃の国産HIP HOPって何か力があったし、その影響を受けてHIP HOPを始めた人は多かったでしょうね。あの頃は最先端だったんだろうなって思いますよ。

環ROYインタビュー

―その当時、HIP HOP以外にはどんな音楽を聴いていたんですか?

環ROY:他には何にも聴いてないです。若い頃は「好きになったジャンル以外だせぇ」って思ったりするじゃないですか。だから「HIP HOP以外は全部だせぇ」って。それくらいのめり込んで聴いてました。

―ラップをはじめたきっかけは?

環ROY:22歳頃からなんですけど、友達にトラックを作る人がいて、「やってみて」って言われて。そこからですね。でも、そいつはすぐにやめちゃって。

―ラップを始めたのにいきなりパートナーが…。その後はどんな活動をしていたんですか?

環ROY:ほんとたまーにライブしたりして、始めて1年目くらいでDMRっていうクルーに参加することになったんですね。もうメジャーデビューしちゃったけど、同期ではKEN THE 390やTARO SOUL、COMA-CHIがいて。

―おお、いきなり飛躍したんですね。

環ROY:いや本当にラッキーなだけです。ライブなんてまともにやったことないのにCDに参加させてもらって。それで、DMRに参加したりしながら地道に活動して、2006年にソロアルバムの『少年モンスター』をリリースして。そこから本格的にソロ活動をするようになりましたね。

―「地道な活動」って、たとえばどんなことをしていたんでしょうか?

環ROY:その頃って、HIP HOP界隈ではMCバトル(即興でラップを行い、その優劣を競うバトル)がムーヴメントになってたんですよ。勝ち続ければすぐ有名になれるから、「ラップが巧くなれば有名になれる」っていう発想で頑張っちゃって。

―YoutubeにもMCバトルの動画がアップされていますけど、「これ本当に即興なの!?」って思うくらいカッコ良くてビックリしました。ああいうのって、自然に言葉が出てくるんですか?

環ROY:完全に即興なんですけど、何かに取り憑かれているような、ものすごい集中力だったと思います。異常な状態っていうか。今はもうあんなテンションではないですけどね。

―最近はやらなくなっちゃったんですか?

環ROY:現実的な話をすると、フリースタイル(即興ラップ)がどんなに上手くても食べていけないんですよ。音楽家として、即興は神聖な行為だと思うけど。資本主義のシステムの中で成立させながら、自分のやりたいことをキープしつつ、社会と関わっていくとか家庭を作っていくっていう普遍的なことをするには、優れた音源を作らないとなぁ、と…思うようになりしました。

Page 1
次へ

リリース情報

環ROY×NEWDEAL『the klash』
環ROY×NEWDEAL
『the klash』

2009年9月2日発売
価格:2,100円(税込)
THCR-001

1.check/check
2.hello!!
3.wowwow
4.keep it
5.C'mon C'mon
6.drive
7.フリーケンシー
8.プライマルスクリーム
9.bank.
10.drive (agraph Remix)
11.フリーケンシー (MYSS Remix)
12.hello!! (fragment Remix)

{作品名など}
環ROY×OLIVE OIL
『weekly session』

2009年8月8日発売
価格:2,800円(税込)
OILRECCD-001
文庫本型デジトレイ仕様

01.Enjoy Pretty Bomb
02.Fine Musician
03.Loft Power
04.Extra Po
05.Ore No Gengo
06.830Morning 
07.Go Tenjin
08.Rei Volution
09.Roy feat.DJ SHOE
10.Run A Way
11.Def Na Story
12.Blue Lights Tenjin
13.E Star
14.Elegance
15.Last Gimmick
16.Weather Sensei
17.Roy Outro
18.Weekly Session

プロフィール

環ROY

環ROY(タマキロイ)/音楽家/ラッパー/MC。2006年、1stアルバム「少年モンスター」でソロデビュー後、鎮座DOPENESSやOLIVE OIL、□□□、fragment、Eccy、NEWDEAL、DJ YUIなどのアーティストとコラボレートした作品を発表。Fuji Rock Festival'09をはじめ、様々な大型音楽フェスティバルに出演するほか、曽我部恵一が主宰するRose Recordsのコンピレーションアルバム「Perfect!」に参加するなど、ジャンルを限定しないユニークな活動が大きな注目を集めている。ポップな声質や日本人離れしたタイム感、型に捉われない自由な感性で国産ヒップホップのあり方を提示している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」