特集 PR

GENERAL HEAD MOUNTAIN インタビュー

GENERAL HEAD MOUNTAIN インタビュー

インタビュー・テキスト
米田梓
写真:柏井万作

人にはそれぞれ運命というものがあるのだろうか。彼は運命があると断言し、潔くそれを甘受している。昨年、メジャーデビューを果たしたバンドGENERAL HEAD MOUNTAIN。今回はその中心人物でありボーカルベースを担う松尾氏に話を聞いた。本文中にも出てきているが、アルバムジャケットを手掛けるアーティスト筒井はじめとの出会いは、開眼とも言えるきっかけを与えている。バンドという決して小さくない荷を自ら背負い歩む中にある、出来事や想いや考え。それらが、全て繋がり収まった運命の1枚が新作『深まる日々に、微笑みを。』である。

(インタビュー・テキスト:米田梓 写真:柏井万作)

ステージ上結構すごいことになってます

―前作『羽』のリリース後あたりのことから伺いたいと思っているのですが。

松尾:なんか遠い昔のようです。先日久しぶりに“羽”のPVを観たんですけど、ああ…“羽”だなみたいな。最近いろいろありすぎて覚えられないっすね。

―昨年はツアー『晩秋編』で締めくくられていましたが、お客さんからの反応などで感じるところはありましたか?

松尾:“羽”はこのツアーですごい良くなりましたね。

GENERAL HEAD MOUNTAIN インタビュー

―メンバーさんの反応も良い?

松尾:どうなんすかね。訊いたことも無いですけど。彼ら僕が止めるまで演リ続けるんですよ。インディーズ1枚目のときライブ中に僕が失神したんですよね。それなのにあいつら演奏止めなかったっすからね。

―1曲やりきったんですか?

松尾:はい。すごい空気が悪い狭いハコで、酸欠かなんかで覚えてないんですけど。

―松尾さんは病院に運ばれたんですか?

松尾:いや、パンパンって頬を叩いたら「おっ」って気がついて、そのままライブ続けたんですけど。

―続けたんですか?(笑) ロックな逸話を残してますね。

松尾:うん。そういえば、ありましたわ。だから、彼らは何があってもやるでしょうね。

―しかしライブの中で、そんな即興的なことが行われていたんですね。

松尾:基本通し練習とかしないっすよ。本番はどうせ違うものになっちゃうから(笑)。ちょっとの差なんですけど、そのちょっとの差はライブでしか出せない。事前に決まっているのはセットリストとそれに線引っ張ってここでしゃべろうかなくらいで。だから、緊張感はすごいんじゃないですかね、僕以外の2人は特に。

―それで、ああいう張り詰めた感じになってるんですかね。

松尾:そうですね。ステージ上結構すごいことになってますよ。ビンビン来るんですよ、視線が。

―次はどうするんだっていう?

松尾:いや、ドキドキしてんなって視線が(笑)。で、あえてもうちょいしゃべってみたり。彼らマイクがないから、ライブ中なんにもできないっすよ。

―たしかに、主導権は松尾さんですよね。

松尾:そうしたいが為にマイク奪ったっすもん。結構最初の頃は大変でしたよ。彼ら暗い音楽はしたくないって、仲良く3人でやるのがスリーピースバンドだって。やべーってこともあったけど、メンバーだからそうとも言えず。ゆっくり改造していきました。

―それでうまく回ってるんですよね。

松尾:回ってますよ。仲悪いとかじゃないですからね。

―私初めて聴いたGENERAL HEAD MOUNTAINのアルバムって、インディー時代のミニアルバムだったんですけど、そのときの印象から比べると、今回のアルバムはすごい懐が深くなったというか、すごい変化をとげていますよね。

松尾:あの当時は21、2歳で、一番僕が刺々しかった頃ですね。インタビュー受けても全然しゃべんなくて。最近、その頃取材してくれた人と再会したら、変貌ぶりにびっくりしてたっすね(笑)。当時はなんでしゃべんなきゃいけないんだって、そりゃ取材だからですよって、そんなことにも気が付いてなくて。インディーズレーベルの社長も「いいよ、しゃべんなくて」とかって。無茶苦茶でしたね。

Page 1
次へ

リリース情報

深まる日々に、微笑みを。
GENERAL HEAD MOUNTAIN
『深まる日々に、微笑みを。』

2010年1月20日発売
価格:2,625円(税込)
COCP-36009 / Columbia Music Entertainment

1. 花にカルテット
2. 青
3. 眩暈
4. 羽
5. 感染
6. 合鍵
7. 感情線
8. 逆鱗
9. 菫
10. 傘
11. 深まる日々に、微笑みを。

イベント情報

GENERAL HEAD MOUNTAIN TOUR2010
『花笑み編』

2010年2月11日(木・祝)
会場:磐田 FM STAGE
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN、S.M.N.、Boobie Trap、Rita

2010年2月13日(土)
会場:寝屋川 VINTAGE
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN、ircle、lifestyle、DROP OUT CITIZEN(O.A)

2010年2月14日(日)
会場:神戸 STAR CLUB
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN、ircle、CONSTRUCTION NINE、folca

2010年2月16日(火)
会場:京都 MOJO
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN、ircle、CONSTRUCTION NINE、BIGFOOT171、Report-In-Side

2010年2月17日(水)
会場:高松 DIME
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN、BlieAN、鴉、不知卍火

2010年2月19日(金)
会場:松山 SALONKITTY
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN、鴉、MY LAST DAY

2010年2月20日(土)
会場:高知 X-pt.
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN、SHACHI、SHANK、ひぐらし

2010年2月21日(日)
会場:大分 T.O.P.S
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN(ワンマン)
GUEST:Dad For Sound

2010年2月25日(木)
会場:鹿児島 SR HALL
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN(ワンマン)
GUEST:人性補欠

2010年2月27日(土)
会場:宮崎 SR BOX
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN(ワンマン)

2010年2月28日(日)
会場:福岡 DRUM Be-1
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN(ワンマン)
GUEST:HOT DOG

2010年3月2日(火)
会場:山口 LIVE rise SHUNAN
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN、S.M.N.、and more

2010年3月3日(水)
会場:広島 Cave Be
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN、ジークスクリーマー、S.M.N.、and more

2010年3月6日(土)
会場:富山 Soul Power
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN、鴉、UNLIMITS、Liberal Familia

2010年3月7日(日)
会場:金沢 vanvanV4
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN、鴉、UNLIMITS、and more

2010年3月10日(水)
会場:仙台 HooK
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN、鴉、UNLIMITS、Response、and more

2010年3月11日(木)
会場:秋田 Club SWINDLE
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN、鴉、UNLIMITS、and more

2010年3月13日(土)
会場:三条 ROCKET PINK
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN、OVER ARM THROW、GOLD END、I'LL-RAGDOLL、Tachibana、チームやっし

2010年3月14日(日)
会場:新潟 CLUB JUNK BOX MINI
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN、OVER ARM THROW、I'LL-RAGDOLL、ecinba

2010年3月16日(火)
会場:群馬 TRUST55
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN、and more

2010年3月18日(木)
会場:大阪 Shangri-La
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN(ワンマン)

2010年3月19日(金)
会場:名古屋 APOLLO THEATER
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN(ワンマン)
GUEST:OVER ARM THROW

2010年3月22日(月・祝)
会場:代官山UNIT
出演:GENERAL HEAD MOUNTAIN(ワンマン)

プロフィール

2000年にVo&Ba松尾昭彦を中心に結成。2003年に現メンバーとなり九州を拠点に活動を開始。3ピースとは思えぬ迫力のライブパフォーマンスと独特の空気感がインディーズシーンで話題を呼び、09年11月にシングル「羽」でメジャーデビューを果たす。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで