特集 PR

永井聖一インタビュー

永井聖一インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
写真:柏井万作

いろんな人とアイデアを交換することで面白いものが生まれる。

―基本的な音の好みとして、隙間があるものの方がお好きなんですか?

永井:そうとも限らないのですが、今のところ自分が関わっているものは、ボーカルや詞という中心軸がはっきりしている音楽に恵まれてるとは思います。

―確かに大坪さんにしてもやくしまるさんにしても非常に魅力的で個性的なボーカリストですもんね。今回実際に作業をしてみて感じた大坪さんのボーカリストとしての魅力はどんな部分ですか?

永井:場所によって自分の感情が全部出ていたり、生々しさはあるんだけど、それが人に威圧感を与えるようなものではなくて、いやらしくないというか。今回の場合、「この詞はこういう感じで歌ってください」っていうディレクションはほとんどしてないんです。大坪さんなりに解釈してもらえればいいかなって。あと、SCLLってすごく作業ペースが速いんですよ。あれであのクオリティを出せるっていうのが信じられないです。

―そういう作業面での相対性理論との違いって他にもありました?

永井:SCLLはミックス以前の段階で、彼らが信用して、この人にやってもらいたいっていう人にボールを投げるらしいです。相対性理論の場合は、最後の最後までメンバー全員プロセスに立ち会います。誰か一人が「これどうだろう?」って言ったら振り出しに戻ることもありえる。

―まさに民主主義で、誰かがプロデューサー的なポジションということもないんですね。

永井:ないですね。でも、どうしても決まらなかったらやくしまるさんに答えを求めます。歌っていう、作品の一番核の部分をデコレートしているのが彼女なので。

―SCLLのスピーディーな作業を経験した後だと、相対性の作業にストレスを感じることはありませんか?

永井:最終的に面白いものができれば、その過程に無駄はひとつもないと思うんです。作業工程っていうのは各バンドごとの試行錯誤のパターンだから、密度と時間は比例しないと思うし、ストレスはないです。

―歌入れ以外でSCLLのメンバーと一緒に作業したのは?

永井:あとは最後のマスタリングのときだけですね。

永井聖一インタビュー

―え、それだけなんだ(笑)。出来上がったものに対するSCLLのメンバーからの反応はどうでした?

永井:「ばっちりでした」って言ってもらえて嬉しかったですね。最初は相対性理論の実体が明確になってない中で、結構不安もあったのかもしれないけど、最終的には喜んでもらえたので、よかったなと思います。

―今後もこういった活動はしていきたいと思いますか?

永井:そうですね、創作がやっぱり好きなので。こういう環境に呼んでもらえるのはすごく嬉しいです。経験を積めば積むほど面白いものができると思うので、色々やっていきたいですね。

―特に何がやりたいですか? プロデュース、ギター、作詞、作曲とか。

永井:いただけるお仕事なら、なんでも。今回はプロデューサーという形で、シングル一曲だけやらせてもらって、この曲だけに集中できたけど、これが他の活動にも広がっていってほしいです。いろんな人とアイデアを交換することで面白いものが生まれるっていうのは、相対性理論でも実感するというか、やくしまるさんがいろんな方々と一緒に活動してるじゃないですか。そうすると発想が一つに籠らないというか、自己満足の領域で終わらずにいられるんですよね。

―相対性理論ってそういう個々の集まりなんですね。決して運命共同体的なバンドではない。

永井:ないです。グループの中だけで閉じてしまわないように、メンバーは皆やりたいことは全部やるようにしています。それに「相対性理論っぽさ」みたいな縛りもないと思ってます。「この曲は相対性理論でやらなきゃダメ」とかもないし。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

Spangle call Lilli line『dreamer』
Spangle call Lilli line
『dreamer』

2010年3月17日発売
価格:1,000円(税込)
PECF-1016 felicity cap-99

1 .dreamer
2. dreamer(other arrange ver.)
3. nano(Hiroshi Kwanabe Remix)
4. nano(Piano mix)

イベント情報

Spangle call Lilli line live 2010
『so you do anything you like』

2010年6月5日(土)OPEN 18:30 START 19:30
会場:恵比寿LIQUIDROOM
料金:前売4,000円(ドリンク別)当日4,500円(ドリンク別)

プロフィール

永井聖一

1983年東京生まれ。「相対性理論」のギタリストの他、作曲、作詞、プロデュースワークなどを行う。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル