特集 PR

school food punishment インタビュー

school food punishment インタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:柏井万作

昨年5月のメジャー・デビュー以降、各所で絶賛された幻想的でありながらPOPなメロディーと先鋭的かつ斬新なアレンジに加え、アニメ『東のエデン』との長期にわたるタイアップや、CMでの大量オンエアなども手伝って、一気にその名を知らしめたschool food punishment(以下、sfp)。1年にシングル5枚というハイペースなリリースを経て、満を持して届けられたアルバム『amp-reflection』は、オリコンのデイリーランキングで初登場3位を記録! しかしそれは偶然でもなんでもなく、彼らが勇気を持って破壊と再生を繰り返したうえで、なるべくしてなった結果である。一皮剥けたバンドのリアルなストーリー。内村、蓮尾の2人に、この1年の変化と成果を語ってもらった。

(インタビュー・テキスト:タナカヒロシ 撮影:柏井万作)

初めて「曲って?」「メロディーって?」「サビらしいって何?」とかを考え始めた。

―今作はより多くの人に聴いてもらうことを意識して作ったアルバムなんじゃないかと感じていて。ものすごくたくさん曲を作って、そのなかからアルバムに収録する曲を厳選したんじゃないかと思うんです。

school food punishment インタビュー
内村友美

内村:はい、ダメ曲はいっぱいありました(笑)。

蓮尾:ワンコーラスまでのデモ曲をたくさん作りましたね。

内村:うちのバンドは曲を作るのにすごく時間がかかるし、精度が高いわけでもないので、曲はたくさん作っておきなさい、っていうのはすごく言われていて。でも、全然追いつけなくて。だからまずはワンコーラスだけ作って、できたらまた次の曲へっていう作業を、一昨年からデビューまでの1年間やっていて。でも、その書き貯めたなかにはシングルとして出せる曲がなかったんです…。そういう大変な事態で(笑)。

―いや、全然笑えないですよ!

内村:それまで作った曲のなかでシングルにできるのは、デビュー曲の“futuristic imagination”と、その次の“butterfly swimmer”の2つと言われてて。だから、3枚目以降はデビューしてから書いた曲なんです。

―それはかなり大変な作業だったんでしょうね。

内村:そうですね。そういうこともあって、「シングルとはなんぞや」みたいな話はかなりしました。で、それとは別にアルバム用の曲も作らなきゃいけない。アルバムの半分はシングル曲を収録することになっていたので、それに立ち向かう曲を作るわけですけど、アルバム曲って、シングル曲とは違うアルバムならではのものなんですよね。だから実は、そういうアルバム曲を作るのが一番の難関でしたね。

―そんななかで、曲を作ってる間は何を大切にされていたんですか?

蓮尾:足りない穴を埋めていくというか。アルバムのなかでのバランスを考えましたね。「こういうものがないよね」っていうのを、そのときそのとき足して。

内村:可能性があるものは全部詰めていってましたね。曲はあってもシングルにはできないっていうことに直面したときに、初めて「曲って?」「メロディーって?」「サビらしいって何?」とかを考え始めて。もっと人に伝えようとすることとか、歌詞の書き方とか、メロディーの付け方とかもすごい変わってきたんです。

Page 1
次へ

リリース情報

school food punishment<br>
『amp-reflection』
school food punishment
『amp-reflection』

2010年4月14日発売
価格:3,059円(税込)
Epic Records ESCL-3417

1. signal
2. goodblue
3. butterfly swimmer
4. future nova -album edit-
5. 電車、滑り落ちる、ヘッドフォン
6. light prayer
7. after laughter
8. 04:59
9. 駆け抜ける
10. futuristic imagination -album version-
11. line
12. パーセンテージ
13. sea-through communication

プロフィール

school food punishment

04年10月に結成。07年4月、1stミニアルバム『school food is good food』をリリース、それに伴う全国ツアーを行う。08年12月には、3rdミニアルバム『Riff-rain』をタワーレコード限定で先行リリース、タワーレコードJ-Indiesウィークリーチャートにて1位を記録、約一週間で完売となる。2010年4月、1stアルバム『amp-reflection』をリリース。メンバーは、内村友美(vocal & guitar)、蓮尾理之(keyboards)、比田井修(drums)、山崎英明(bass)の4人組。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』