特集 PR

孤高のフリージャズ・ピアニスト スガダイローインタビュー

孤高のフリージャズ・ピアニスト スガダイローインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

あなたが子供の頃に夢中になったものは何ですか? アニメ、ゲーム、アイドル…もちろん、それは人それぞれだろうけど、では、あなたはそれが今でも好きだと言えますか? もしかしたら、今それを改めて好きだと言うことには、恥じらいや抵抗を感じる人も多いかもしれない。しかし、きっとそれはあなたの根底にある趣味趣向を、忠実に反映しているはず。スガダイローは、それを好きだと認めることで、ミュージシャンとしてのキャリアを確実に前進させた。
日本屈指のフリージャズ・ピアニストとして知られ、昨年行われた「七夜連続七番勝負」では、志人、U-zhaan、山本達久、七尾旅人といったジャンルレスなミュージシャンと即興対決を行い話題を呼んだスガダイローの新作、『スガダイローの肖像・弐』。本作がジャズというジャンルの枠を超え、「スガダイローの音楽」としか言いようのないものになっているのは、スガの「好き」がこれでもかと詰め込まれているがゆえである。果たして、どのような心境の変化を経て、敬愛する人物の名前をそのまま曲名にしてしまうぐらいの境地に至ったのか。その変遷をじっくりと語ってもらった。

ジャンルのかっこよさじゃなくて、まずは「その人」が如何にかっこいいかが重要。

―まずは8月に発表された『スガダイロー八番勝負』のことからお聞きしたいのですが、あの作品は昨年行われた「七番勝負」が基になってるわけですよね? あの企画の話を最初に聞いたときってどう思われました?

スガ:特にどうとも思わなかったですね。「そんなこと思いもよらなかった」とかではなくて、その前に2回ぐらい…対決をやらされてたんで(笑)。ただ、最初は全員ドラマーとやってくれって言われたんですけど、それは「つらい」って断りました。体力的にもそうだし、ドラムだけだとメロディとハーモニーの負担がこっち側にありすぎて、7日間クリエイティブに演奏することは不可能だと思ったんで。俺からの要求はそれぐらいでした。

―ドラマー以外の人も、個性的な人たちばかりでしたよね。

スガ:一番強烈だったのは志人くん…未だに謎なんですけど(笑)。向井(秀徳)さん(今年の5月に共演)はいきなり語りが始まって、予想してたのと違ったんですけど、そのトラップにはまった感じが逆に楽しかったですね。七尾さんもなんか幻術みたいで(笑)、面白かった。

―そういった特殊な経験から何を得ましたか?

スガ:自分の中の音楽が整理された感じはしますね。今まで混沌とした状態で存在してた技が、「こう来たら、こう返す」みたいに、整理できました。

―この企画の背景には、ジャズとか即興の面白さっていうのを、より外側に広めていくっていう意図があると思うんですね。スガさんご自身も、そういう考えを持っていらっしゃいますか?

スガ:その気持ちはありますね。ジャズっていうフィールドは狭すぎるんで、ジャズの人とやってたらジャズのままですけど、違う人とやるとジャンルではなく、まず一回音楽に戻される感じですよね。そうやって認知度も上がっていくっていうのは、すごいありがたいですね。

孤高のフリージャズ・ピアニスト スガダイローインタビュー
右:向井秀徳

―ジャズのフィールドの狭さっていうのは、どういうときに感じられますか?

スガ:単純にCDの売り場に置いてもらうにしても、「ジャズ」ってところに置く時点で人が来なくなるじゃないですか? 「音楽」ってとこに置いてくれればまだ目立つのに、結局知ってる人の外には広がらないですからね。

―じゃあ、異なるジャンルの人と共演することはウェルカムだと。

スガ:うん、すごく楽しいし、嬉しいです。まあ、他のジャズ・ミュージシャンも、HIP HOPとかクラブミュージックとか、そういうところとリンクしてやってますけど、俺はそっちは興味がなくて。クラブミュージックにオリジナリティがないとは言わないけど、ジャンルのかっこよさじゃなくて、まずは「その人」が如何にかっこいいかが重要で、向井さんとかってそういう人だと思うんですよね。

2/4ページ:日本人の面白さって、デフォルメと省略にあると思うんですよ。

Page 1
次へ

リリース情報

スガダイロー『スガダイローの肖像・弐』
スガダイロー
『スガダイローの肖像・弐』

2011年10月19日発売
価格:2,500円(税込)
PCCY.30194 / ポニーキャニオン

1. 乱(作曲:スガダイロー)
2. 蒸気機関の発明(作曲:スガダイロー)
3. 山下洋輔(作曲:スガダイロー)
4. BLUE SKIES(作曲:アーヴィング・バーリン)
5. さやか雨(作詞/作曲:岡田規絵)
6. 春風(作曲:スガダイロー)
7. 無宿鉄蔵毒団子で死なず(作曲:スガダイロー)
8. 寿限無(作曲:スガダイロー/作詞:作者不詳)
9. 戦国(作曲:スガダイロー)
10. 時計遊戯(作曲:スガダイロー)
11. 最後のニュース(作詞/作曲:井上陽水)
12. All The Things You Are(作曲:ジェローム・カーン)

リリース情報

スガダイロー『八番勝負』
スガダイロー
『八番勝負』

2011年8月17日発売
価格:2,500円(税込)
PCCY-30188 / ポニーキャニオン

1. 2011年05月11日 スガダイロー vs 向井秀徳
2. 2011年04月09日 スガダイロー vs 仙波清彦
3. 2010年09月09日 スガダイロー vs The Sun calls Stars:伊藤大助+オータコージ
4. 2010年09月07日 スガダイロー vs 本田珠也
5. 2010年09月06日 スガダイロー vs 山本達久
6. 2010年09月05日 スガダイロー vs U-zhaan
7. 2010年09月04日 スガダイロー vs 松下敦
8. 2010年09月03日 スガダイロー vs 志人
9. 2010年09月09日 スガダイロー・ソロ

プロフィール

スガダイロー

1974年生まれ、鎌倉育ち。学生時代は生物学者を目指すも其の道から挫折、ピアノに転向する。洗足学園ジャズコースの実技試験にて山下洋輔をアッと驚かせ、栄えある一期生として入学。その後バークリー音楽大学に4年間留学し、帰国後は「渋さ知らズ」でも活動。坂田明・AxSxE・中村達也・ZAZEN BOYSなどとも共演を重ねている、間違いなく21世紀の日本でただ一人の、バリバリのフリージャズ・ピアニストである。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル