特集 PR

pair×益子樹 対談 「いい音」って、果たしてどんな音なのか?

pair×益子樹 対談 「いい音」って、果たしてどんな音なのか?

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2012/08/30

記憶に残るような、いい音楽っていうのがいい音なのかなって。(吉岡)

―杏奈さんはご自身のソロで益子さんからミックスの技術的な部分を教わったそうですが、それによって音楽との向き合い方が変わったりしましたか?

山田:私は楽器のプレイヤーとかボーカリストじゃないから、突き詰めてしまえば、ミックスの段階のことが一番やりたいことなんです。そのやり方を教えていただいて、自分の作りたい音にひたすら突き進みながらも、引いてバランスを見るっていうこともできるようになったのかなって。

―せっかくなので3人それぞれにお伺いしたいのですが、「いい音」って言ったときに、その尺度って様々じゃないですか? その人の表現や世界観に合った音が「いい音」でもあるし、リスニング環境が多様化する中で、それぞれに対応するのが「いい音」だっていう見方もある。そこで、みなさんそれぞれにとっての「いい音」の定義を話していただきたいのですが。

吉岡:いい音っていうのは…いい音楽なのかなあ。時代の流行りで「今はこんなスネアの音が流行ってる」とか、そのとき流行ってる音をいい音っていうのは違うと思うんで…。記憶に残るような、いい音楽っていうのがいい音なのかなって。

山田:自分がいいと思えば、ですよね。ホントに直感的な、「自分がいいと思えばいい音です」っていうところに尽きますね。

益子:難しいですけど、俺は何のストレスもなく聴ける音だと思うんですよ。好みとかが介在するから、一概に「これがいい音」とはもちろん言えないけど、普通に生活してる中で、耳障りな音って絶対避けようとするじゃないですか? 表現のひとつとしてあえてノイズを入れるとかじゃなくて、耳障りだと感じる音がいっぱい入ってたら、それはいい音だとは思わないでしょうからね。

のほほんとはしてるんだけど、最終的な仕上がりには、納得しないと絶対にOKしない人たちだからね。(益子)

―では最後に、pairとして作品を作ったことで、個々の活動にフィードバックされるであろうことがあれば教えてほしいのですが。

山田:ここでしかできない欲をpairで満たしましたっていう感じなので、根本的なところで何かを学んだり変わったりっていうのは、お互いゼロだと思うんです。普段は1人でやっているので、誰かとやり取りをするのはすごく新鮮で、それをストレスなく普通にできるのは、よよたん(吉岡)だけだったかなっていう風には思います。

吉岡:たまたま杏奈ちゃんと、自分が作るとは到底思ってなかった音楽を作れたんで、貴重な経験ではあるんですけど、これをLLamaに持って帰って何かしようとしても…何もできないかな(笑)。

写真左から:吉岡哲志、山田杏奈

―それぞれの活動では絶対にできないからこそ、pairは貴重であり、楽しい制作だったわけですね。

吉岡:こういう音楽のあり方を僕が最初から知ってて、10年ぐらい続けてきたとしたら、全然違う人間になってたやろうなとは思いますね(笑)。

益子:1人で徹底的に構築して、自分にとって侵食されたくない部分をわかった上で誰かとやるのと、それをわからずにやるのは絶対違うだろうけどね。そういう意味で、この2人はいい意味でドライっていうか、触れない方がいいところは触れないで進めてきたからこそ、上手く回ったのかなって。のほほんとはしてるんだけど、最終的な仕上がりには、納得しないと絶対にOKしない人たちだからね。

Page 4
前へ

リリース情報

pair<br 『pair!』" class="lazyload">
pair
『pair!』

2012年8月29日発売
価格:2,625円(税込)
Bright Yellow Bright Orange / WRCD-61

1. なまえ
2. peco
3. 鋼鉄の街
4. まだこない
5. Drive
6. キセキ
7. ツノ
8. 今は…
9. You've got a friend

CINRA.STOREで取扱中の商品

pair<br>
『pair!』[MP3]
pair
『pair!』[MP3]

価格:1,350円(税込)
踏み入れたことのない音楽たちの楽園

山田杏奈<br>
『カラフル』[WAV]
山田杏奈
『カラフル』[WAV]

価格:1,800円(税込)
知られざる才女、集大成的1枚

LLama<br>
『インデペンデンス』[MP3]
LLama
『インデペンデンス』[MP3]

価格:1,350円(税込)
ツインドラムが組み立てる緻密でいて自由なリズム

プロフィール

pair

京都を拠点に活動する楽団バンド、LLamaのVo.Gt.にして首謀者・吉岡哲志と、2011年12月にHEADZよりソロアルバムもリリースした女性アーティスト山田杏奈の男女ユニット。ROVOの益子樹がプロデュース、またゲストには勝井祐二(ROVO)、岡部洋一(ROVO)や鬼怒無月ら一流ミュージシャンがゲスト参加した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』