特集 PR

素の自分で歌いたかった 安田レイインタビュー

素の自分で歌いたかった 安田レイインタビュー

インタビュー・テキスト
高橋美穂
撮影:永峰拓也
2013/12/05

今年7月、シングル『Best of my Love』でデビューした20歳の女性シンガー、安田レイ。しかし、そのキャリアは驚くほどに長い。10歳のときに宇多田ヒカルを聴いて歌手を志し、早くも13歳のときには水口哲也と玉井健二による音楽プロジェクト、元気ロケッツのボーカルのLumiというバーチャルの存在のビジュアルや歌を担当し、シンガーへの道を着実に歩き出した。それから7年。アメリカ人と日本人のハーフである抜群のスタイルを生かしたモデル活動など、多彩な活動を積み重ねて、ようやく彼女は念願のソロデビューを果たしたのだ。そしてこのたび、彼女がずっと歌いたかったという冬のラブバラードとなった配信限定EP『Let It Snow』がリリースされる。

一聴して耳に残るのは、等身大の恋愛を歌い上げる、伸びやかな歌。美しい容姿や、日本語と英語のどちらも堪能な語学力、そして運に恵まれたシンデレラガールという、特別な才能に彩られていながら、ちっともスレた印象がない。切ないメロディーと、洗練されたサウンドから浮かび上がってくる、歌が大好きな20歳の女の子という彼女の素顔。これから同世代の女性に、大いに支持を集めていくだろう。小春日和に撮り下ろされた、等身大の彼女の美しい写真と共に楽しんでいただけたら幸いだ。

安田レイではなく、Lumiっていうバーチャルなキャラクターをずっと演じてきたけど、素の私として歌いたい気持ちがずっとあった。

―まず、元気ロケッツのオーディションに合格したのは、まだ13歳のときだったんですよね。

安田:そうですね。小学校6年生のときに、元気ロケッツのPVのオーディションの話をいただきました。国籍が不明な、ミステリアスな雰囲気を持った女の子を探していたらしくて。それで、オーディションに行って、歌とちょっとしたダンスと、自己紹介をしたら合格したっていう。

安田レイ
安田レイ

―そこから20歳でソロデビューなので、実は下積みは長いですよね。

安田:そうですね。安田レイではなく、Lumiっていうバーチャルなキャラクターをずっと演じてきたんですけど、素の私として歌いたい気持ちがずっとあったので、こうやってソロデビューさせていただいて、ほんとにほんとに……幸せに思います。

―よくブレずに夢を追い掛けてきましたね。ビジュアルも綺麗だし、バイリンガルだし、いろんなものを持っている方のように見えるんですけど……。

安田:いやいや、私には歌しかないので。元気ロケッツのオーディションの前に少しモデルのお仕事をしていたんですけど、音楽に関わりたかったので、オーディションを受けたんです。


―10歳のときに宇多田ヒカルさんを聴いて歌手を志したそうですね。

安田:それまでも音楽が好きで、歌ったり聴いたりしていたんですけど、お母さんが宇多田ヒカルさんのファンで、それでCDを聴かせてもらったのが、シンガーになりたいと思ったきっかけです。私も歌うほうに行きたいって強く思ったというか、絶対にシンガーになるんだっていう気持ちになったんですよね。

―宇多田さんのどんなところに惹かれたのでしょう?

安田:宇多田さんは若いときにデビューしたじゃないですか? こんなに若くて、私ともそんなに歳も離れていない方が、どうしてこんな大人びた歌詞や声で歌うことができるんだろう、何てかっこいいんだろうって。こういうかっこいいシンガーになりたいなって。

―それで13歳で早くも行動に移すバイタリティーが素晴らしいですよね。

安田:どうですかね……。でも、最初の元気ロケッツのオーディションは、PV出演者を選ぶものだったので、まさか自分がバンドに加わって、歌えるチャンスがすぐにくるとは思っていなかったので驚きましたね。

―PVだけのはずが歌うことになったのには、何かきっかけがあったのでしょうか?

安田:オーディションのときに、ダンスは用意していたんですけど、歌は用意していなかったんですね。でも、適当に思い付いた歌でいいから歌ってって言われて、私も小学校6年生で、初めて受けたオーディションだったので、どうしよう!? って思っていたら、プロデューサーの玉井(健二)さんが“ハッピーバースデイ”ならわかるでしょ? って言ってくれて。<Happy Birthday Dear>の後に名前を言うところで、とっさに「mommy」って歌ったんですよ。そうしたら玉井さんに、それいいね! って言われて(笑)。そのおかげで、無事合格したのかな(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

安田レイ<br>
『Let It Snow』
安田レイ
『Let It Snow』

2013年12月4日から配信リリース

1. Let It Snow
2. Best of my Love -Genki Rockets Remix-
3. Best of my Love -DJ DECKSTREAM Remix-
4. Let It Snow -Instrumental-

プロフィール

安田レイ(やすだ れい)

1993年4月15日、アメリカ・ノースカロライナ州生まれ。3歳で日本へ。10歳の頃、母親が聴いていた宇多田ヒカルに衝撃を受けてシンガーを志す。モデルとしての活動を始めたことをきっかけに、13歳で元気ロケッツのオーディションに合格し、ヴォーカリストとしての才能を開花させる。20歳を迎えた2013年、「自身の歌声をもっともっとたくさんの人々の心に直接届けたい」という強い想いを 胸に、ソロシンガーとしてデビュー。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開