特集 PR

ジャズ初心者にこそ薦めたい。勢いよく変化するJ-JAZZの現在地

ジャズ初心者にこそ薦めたい。勢いよく変化するJ-JAZZの現在地

Playwright
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:森山将人

現在最も盛り上がりを見せている音楽のジャンルをひとつ挙げるとすれば、それは間違いなくジャズだろう。そして、これはやや逆説的な言い方になるが、この盛り上がりというのはジャズがジャズというジャンルの中に収まり切らなくなっているからこそ、起こっていることなのである。

そして、そんなジャズシーンの拡大を今の日本で最も体現しているレーベルが、2012年に設立されたPlaywrightだ。fox capture planとbohemianvoodooのヒットを皮切りに、J-JAZZ系の話題作を次々と発表し、10月から12月にかけてはTRI4TH、fox capture plan、PRIMITIVE ART ORCHESTRAという3バンドの新作を連続リリース中。Playwrightはなぜジャンルの垣根を越えて、多くの人に支持されているのだろうか?

そこで今回はTRI4THから伊藤隆郎、fox capture planから岸本亮、PRIMITIVE ART ORCHESTRAから森田晃平、さらにはタワーレコード渋谷店のジャズコーナーを担当する岩見綾を迎え、アーティストとお店、およびリスナーの視点から、現在のジャズシーンについて語り合ってもらった。J-POPがジャズを内包する時代から、ジャズがJ-POPを内包する時代へ。非常に興味深い話が展開された。

bohemianvoodooを店頭で流してると「今かかってるの何ですか?」って毎日のようにお客さまから聞かれて、「これはすごいかも」って。(岩見)

―岩見さんはジャズリスナー歴3年だそうですが、どのようにしてジャズに興味を持ったのでしょうか?

岩見:私はもともとロックのリスナーだったんですけど、ジャズにハマったきっかけは、広島店で働いていたときに出会ったbohemianvoodooの『SCENES』(2012年)でした。アルバムの1曲目に入っている“Adria Blue”を聴いて、「これは売れるかも」と思ったんです。実際、bohemianvoodooを店頭で流してると「今かかってるの何ですか?」って毎日のようにお客さまから聞かれて、「これはすごいかも」って。そこからPlaywrightというレーベル自体にも興味を持って、ここからシーンが作られるかもしれないって予感がしたんです。

―Playwrightの魅力はどんな部分だと思いますか?

岩見:ジャズというジャンルにこだわらずに聴けるところだと思います。お店のジャズ担当になったとき、最初はノラ・ジョーンズしか知らなくて、「ジャズはちょっと難しい音楽」というイメージを持っていたんです。でも、bohemianvoodooはインストなのに歌みたいなメロディーがあって、覚えやすくて、のりやすくて、ジャズに詳しくない私でもすぐに「これいいな」って思えたんですよね。

岩見綾(タワーレコード渋谷店)
岩見綾(タワーレコード渋谷店)

岸本(fox capture plan / Key):Playwrightはクラブジャズ(1980年代から広がった、DJたちがクラブのスタイルにジャズの要素を加えたジャンル)以降なんですけど、海外の(ロバート・)グラスパーみたいなスタイルともまた違う、独自性のあるジャズレーベルだと思うんです。初期のfox capture plan(以下、fox)はジャズにポストロックの要素をミックスしたような音楽だったり、bohemianvoodooはアコギとかピアノとか一見オーソドックスな編成かと思いきやメロディー主体の音楽だったり、すごく独特だと思うんですね。

岸本亮(fox capture plan)
岸本亮(fox capture plan)

伊藤(TRI4TH / Dr):僕はPlaywrightに所属しているほとんどがバンドであるというのが結構重要だと思っていて。ジャズって、個が集まって、日によって一緒に演奏するメンバーが違うのが普通だけど、僕らはみんな固定のメンバーだからこそできるサウンドを鳴らしてると思うんです。TRI4THはジャズミュージシャンの中に僕みたいなロックがルーツの人間がいるからこそのサウンドになってると思うし、foxもツカっちゃん(井上司)のロックがルーツにあるドラムじゃないとあのサウンドにはならないと思うから、そこが独自性の生まれる理由として大きいんじゃないかな。

森田晃平(PRIMITIVE ART ORCHESTRA / Ba):サウンドのキャラクターも、ジャズコーナーに置かれている他の音源と比べてアタッキーでわかりやすいと思います。特にfoxはロックフェスに行くようなお客さんも入っていきやすいから、普段はジャズを聴いていない若いお客さんも多いですよね。

―Playwrightは、今の若い人にとってジャズへの入口のようなレーベルになりつつありますよね。

森田:ひとつ上の世代だと、それがソイル(SOIL&"PIMP"SESSIONS)であり、PE'Zであり、quasimodeだったんですよね。ジャズバンドなんだけど、ロックフェスにも出ちゃうバンド。その次が自分たちなのかなって思いますね。

森田晃平(PRIMITIVE ART ORCHESTRA)
森田晃平(PRIMITIVE ART ORCHESTRA)

―Playwrightを含め今のJ-JAZZは、若い人のみならず、上の世代からも支持を集めているそうですね。

岩見:ジャズ好きのおじさま方にもちゃんと聴かれていて、実際タワーレコードのJ-JAZZコーナーにあるCDを購入してる世代を見ると、30~40代の男性がかなりの割合を占めてるんです。朝のワイドショーとか夜のスポーツ番組とか、テレビのBGMとして使われていることもすごく多くて、それだけ大衆性もあるということだと思います。

Page 1
次へ

リリース情報

TRI4TH『AWAKENING』
TRI4TH
『AWAKENING』(CD)

2015年10月7日(水)発売
価格:2,160円(税込)
PWT-017

1. Blow This Moment
2. Freeway
3. Bon Voyage
4. Bipedal Walking
5. Blue Giant
6. モノクローム
7. チュニジアの夜
8. TKO
9. Tick Tack
10. Jazz Confession

fox capture plan『BUTTERFLY』
fox capture plan
『BUTTERFLY』(CD)

2015年11月4日(水)発売
価格:2,376円(税込)
PWT018

1. the beginning of ….
2. the last story of the myth
3. Butterfly Effect
4. 混沌と創造の幾何学
5. …with wind
6. inchoate
7. Plug In Baby
8. Kaleidoscope
9. In the darkness
10. Christmas comes to our place
11. Supersonic

{作品名など}
PRIMITIVE ART ORCHESTRA
『qualia』(CD)

2015年12月9日(水)発売
価格:2,376円(税込)
PWT019

1. at dusk
2. Heart of Cosmos
3. Night Haze
4. Red Sand
5. Synapse
6. Perseus
7. Depth "Tree is me and you"
8. ACT
9. ミクリガイケ
10. qualia
11. Winter Song
12. at dawn

イベント情報

『渋谷 JAZZ JUNGLE×Playwright -New Year Countdown vol.11-』

2015年12月31日(木)
会場:東京都 渋谷 JZ Brat
出演:
fox capture plan
bohemianvoodoo
Immigrant’s Bossa Band
PRIMITIVE ART ORCHESTRA
島裕介 SilentJazzCase
TRI4TH
WAIWAI STEEL BAND
freecube
[DJ]
須永辰緒
伊藤陽一郎 a.k.a. AKAKAGE
谷口慶介
DJ Niche

TRI4TH
『TRI4TH 4th New Album ”AWAKENING” release tour』

2015年11月24日(火)
会場:愛知県 栄 DOXY

2015年11月30日(月)
会場:東京都 渋谷 THE ROOM

2015年12月26日(土)
会場:大阪府 梅田 ALWAYS

2015年12月27日(日)
会場:香川県 高松 黒船屋

2016年1月22日(金)
会場:神奈川県 横浜 Motion Blue yokohama

fox capture plan
『LIKE_A_BUTTERFLY_tour』

2015年11月28日(土)
会場:福岡県 天神 Early Believers

2015年11月29日(日)
会場:広島 4.14

2015年12月1日(火)
会場:京都府 METRO

2015年12月2日(水)
会場:兵庫県 神戸 太陽と虎

2015年12月4日(金)
会場:大阪府 梅田 Zeela

2015年12月5日(土)
会場:愛知県 名古屋 JAMMIN’

2015年12月6日(日)
会場:静岡県 浜松 MESCALIN DRIVE

2015年12月9日(水)
会場:宮城県 仙台 enn 2nd

2015年12月11日(金)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

2015年12月16日(水)
会場:長野県 松本 ALECX

2015年12月17日(木)
会場:新潟県 CLUB RIVERST

2015年12月18日(金)
会場:福井県 CHOP

PRIMITIVE ART ORCHESTRA
『PRIMITIVE ART ORCHESTRA "qualia" Release Tour』

2016年1月15日(金)
会場:大阪府 梅田 NOON+CAFÉ

2016年1月16日(土)
会場:愛知県 栄 DOXY

2016年1月31日(日)
会場:東京都 青山 月見ル君想フ

2016年2月6日(土)
会場:広島県 Lush Life

2016年2月7日(日)
会場:福岡県 NEW COMBO

TOWER RECORDS 『JAZZ THE STARS!~TOWER RECORDS presents 2015 Autumn Jazz Campaign』

2015年10月6日(火)~11月29日(日)

期間中、プレゼント対象商品を買うと、応募抽選で豪華商品をプレゼント

プロフィール

TRI4TH
TRI4TH(とらいふぉーす)

2006年より活動を開始。迫力あるライブパフォーマンスは、造り込まれた楽曲と確かなテクニックに裏打ちされている。2009年3月に、須永辰緒主宰レーベル「DISC MINOR」からアナログシングル『TRI4TH plus EP』でデビュー。2009年11月には、脚本・三谷幸喜、音楽監督・小西康陽ミュージカル「TALK LIKE SINGING」に出演、東京・ニューヨーク公演に参加する等、幅広い活動を展開する。2015年10月7日、4thアルバム『AWAKENING』をリリース。

fox capture plan
fox capture plan(ふぉっくす きゃぷちゃー ぷらん)

「現代版ジャズ・ロック」をコンセプトとした情熱的かつクールで新感覚なピアノトリオサウンドを目指し、それぞれ違った個性を持つバンドで活動する3人が集まり2011 年結成。2013年発売の2ndアルバム『BRIDGE』は、『JAZZ JAPAN AWARD 2013 アルバム・オブ・ザ・イヤーニュー・スター部門』『第6 回CD ショップ大賞2014・ジャズ部門賞』を受賞。2015年4月にはTBSドラマ『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』の劇伴を担当しながらも、年間3枚のアルバムを発表。脅威のハイペース・リリースで、業界を席巻する!

PRIMITIVE ART ORCHESTRA
PRIMITIVE ART ORCHESTRA(ぷりみてぃぶ あーと おーけすとら)

bohemianvoodoo のキーボーディスト・木村イオリ、TRI4TH / THE MANのドラマー・伊藤隆郎、そして新進気鋭の若手ベーシスト森田晃平により2011年12月29日結成。素朴で原始的という意味での 、トリオと言う限られた編成に壮大な広がりを持たせたいという意味での --対極的なイメージを通じて繰り広げられる幻想世界。70sジャズ、ヨーロピアンジャズ、90sクラブミュージック、ロックにインスパイアされた、ピアノ・コントラバス・ドラムスの最小編成オーケストラ。デビューアルバムは『JAZZ JAPAN AWARD 2014・アルバム・オブ・ザ・イヤーニュースター部門』を受賞。2015年12月9日、2ndアルバム『qualia』をリリース。

岩見綾(いわみ あや)

広島県出身。タワーレコード広島店にて3年間勤務後、現在はタワーレコード渋谷店勤務。6階ジャズフロアを担当。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. 5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化 1

    5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化

  2. 福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開 2

    福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開

  3. 荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場 3

    荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場

  4. 石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告 4

    石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告

  5. 稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM 5

    稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM

  6. 生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも 6

    生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも

  7. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 7

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  8. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 8

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  9. 松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開 9

    松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開

  10. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 10

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ