特集 PR

『アジアのアート&カルチャー入門』Vol.3 日本とミャンマー映画

『アジアのアート&カルチャー入門』Vol.3 日本とミャンマー映画

国際交流基金アジアセンター
インタビュー・テキスト
大石始
撮影:豊島望

2013年初頭にミャンマーを訪れ、驚いたことがいくつもあった。かつては、道端に立つ兵士の姿を写真で収めることは厳禁。軍関連施設を撮影することも固く禁じられていた。民主化運動のリーダーである「アウンサンスーチー」の名を口にすることもはばかられており、人々は「おばさん」という隠語を使ってスーチーに関する話題を話していたという。それが2013年 には、最大都市ヤンゴンの路上で、当たり前のようにアウンサンスーチーのTシャツが販売されていたのである。

ミャンマーはまさにいま、激変期のまっ只中にある。11月8日に投票が行われたミャンマー総選挙ではアウンサンスーチー率いる国民民主連盟(NLD)が圧勝。半世紀にわたる軍事政権が終わりを迎え、来年春にはNLDによる新しい国作りがはじまることになった。

そうした変わりゆく母国を深く見つめてきたのが、脚本家・監督であり、医者のアウンミンだ。1990年代には8年間にわたって地方の 医療現場に従事。 そのときの体験を元にした脚本を映画化した作品『The Monk』(2014年、ティーモーナイン監督)は、『ロッテルダム国際映画祭』などに出品され、高い評価を受けた。この秋に来日し、日本の映画・アート関係者と交流を重ねたアウンミンに、ミャンマー映画界の現状と未来について話を聞いた。

以前のミャンマーだったら、路上で堂々とカメラを構えることもできなかった。

―いきなりですが、先日のミャンマー総選挙では、アウンサンスーチー(非暴力民主化運動の指導者。1991年『ノーベル平和賞』受賞)率いる国民民主連盟(NLD)が圧勝し、軍の影響を受けた政府による長年の支配が終わることになりました。この結果についてどう思われましたか。

アウンミン:私はもともとNLDを応援していましたし、今回の選挙に向けて協力もしていました。本当に勝てるのかどうか心配していたのですが、期待以上の勝利を収めて驚いています。投票日の夜はみんなで喜びをわかち合いましたよ(笑)。

アウンミン
アウンミン

―おめでとうございます。この結果は、ミャンマーのアーティストたちにどのような影響を与えると思われますか?

アウンミン:まずは政権交代がスムーズに進むことが重要ですね。そのうえで、過去50年間に私たちが自由にできなかったあらゆることに変化が訪れるのではないかと願っています。芸術はもちろん、教育や医療の分野でも変化が起きるでしょうね。

―映画業界に関してはいかがですか。

アウンミン:以前のミャンマーだったら路上で堂々とカメラを構えることもできなかったですし、撮影のために少数民族が住むエリアに行くこともできなかったんです。また、自分が撮った映画を上映しようにも、検閲を受けたり、いろんな危険がつきまとっていた。今後はそうした危険性がなくなっていくんじゃないかと願っています。

『The Monk』(監督:ティーモーナイン 脚本:アウンミン) 2014年
『The Monk』(監督:ティーモーナイン 脚本:アウンミン) 2014年

―ミャンマーの映画シーンについては、後ほどあらためてお聞きしたいのですが、まずは今回の日本滞在についてお話を聞かせてください。国際交流基金アジアセンターが実施する「アジア・文化人招へいプログラム」を通じてトータルで14日間滞在されたそうですね。

アウンミン:東京と京都で、映画と現代アートの関係者に会いました。深田晃司さん や、東京藝術大学大学院で教鞭をとる諏訪敦彦さんなど映画監督の方ともお会いしましたし、脚本家の金子成人さんにもお話をお聞きしました。諏訪さんは、役者には脚本にとらわれることなく自由に演じさせるそうですが、そうした彼のスタイルからは学ぶべきものが多いように感じました。

―たしかに諏訪監督の作品と、今回東京で上映会がおこなわれたアウンミンさんが脚本を手がけた映画『The Monk』は、役者の自律性に委ねた演出方法など、共通点もありますよね。

アウンミン:私もそう思います。『The Monk』は、撮影前に脚本を完成させていたのですが、いざ撮影となると、脚本どおりにはいきませんでした。なにせ役者たちの多くは一度も演技をしたことのない村人だったので、私は現場で脚本を変更し、台詞を減らし、役者に委ねるパートを増やすことにしました。諏訪監督のスタイルや考えは長年の経験に基づいたものだと思いますが、『The Monk』では仕方なくそういった制作方法を取った。ただ、結果的にそうした制作方法だったからこそ、カメラに収めることのできたシーンもあるんじゃないかと思いますね。

『The Monk』(監督:ティーモーナイン 脚本:アウンミン) 2014年
『The Monk』(監督:ティーモーナイン 脚本:アウンミン) 2014年

―そうやって日本の映画関係者と会うなかで、ミャンマーの映画界との違いを実感することはありましたか。

アウンミン:やっぱり、だいぶ違いますよね。今回は撮影現場にお邪魔する機会にも恵まれたのですが、システマティックな撮影の進め方や、演技などは、私がこれまで見てきたヨーロッパのやり方に近いと感じました。ミャンマーではだいぶ違うんです。脚本を完成させないまま撮影に入ったり、役者がまったく脚本を読まないまま現場に入ってきたり、役者が監督に指示を出しはじめたり(笑)。決してシステマティックとはいえない撮影現場だと思いますよ。たとえば、家族のあり方や親と子どもの関係をテーマに映画を撮ることはミャンマーでもできると思いますが、そういった表面的な記号の奥にさまざまなレイヤーが隠された小津安二郎監督のような芸術的作品は、まだまだミャンマーでは生まれていないと思いますね。日本の映画界から学ぶべきものは多いと思います。

Page 1
次へ

イベント情報

『フェスティバル/トーキョー15』アジアシリーズvol.2ミャンマー特集関連企画
映画『The Monk』上映・講演会

2015年11月18日(水)17:45開場 18:00開演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場アトリエイースト
登壇者:
アウンミン(脚本)
ティーモーナイン(監督)
清恵子(モデレーター)
料金:500円

プロフィール

アウンミン

脚本家、映画監督、小説家、医師。母国ミャンマーで医療に従事する一方、小説や現代アート書籍を執筆。初の監督作である短編ドキュメンタリー『The Clinic』(2013)では、自ら携わる医療現場を映し出した。また、現代の若き僧侶の青春を描いた長編映画『The Monk』(2014 / 脚本担当)は、『ロッテルダム国際映画祭』『シンガポール国際映画祭』などに出品され注目を集める。現在、映像専門学校Yangon Film Schoolなどで若い映像制作者の指導に力を注ぐなど、ミャンマーの幅広い芸術分野において厚い信頼を寄せられる期待のクリエイターである。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー