特集 PR

劇伴はどうやって作られる? 『精霊の守り人』の佐藤直紀に学ぶ

劇伴はどうやって作られる? 『精霊の守り人』の佐藤直紀に学ぶ

『大河ファンタジー「精霊の守り人」オリジナル・サウンドトラック』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:田中一人

2016年3月から、3年かけて放送がスタートする『NHK放送90年 大河ファンタジー「精霊の守り人」』。上橋菜穂子原作の人気シリーズを、主演の綾瀬はるかをはじめ、豪華キャストを起用しながら、全編4K実写ドラマ化することで話題となっている。本作の音楽を担当するのは、大河ドラマ『龍馬伝』や映画『ALWAYS 三丁目の夕日』などで知られる人気劇伴作曲家・佐藤直紀。強さと美しさを兼ね備えた綾瀬演じる主人公「バルサ」をイメージしたメインテーマから、二胡や馬頭琴など民族楽器をフィーチャーした楽曲まで、豊富なイマジネーションによって生み出される『精霊の守り人』の音楽世界。果たして彼は、異色のファンタジー作品である本作に、どんなアプローチで臨んでいったのか。

知っているようで知らない「劇伴」の世界。ドラマや映画など、これまで数多くの人気作品の音楽を担当してきた佐藤に、「劇伴」の仕組みからその醍醐味、果てはその「楽しみ方」に至るまで、「劇伴」をめぐるさまざまなことを率直に語ってもらった。

ようやくいただけたドラマのお話が、『GOOD LUCK!!』だったんです。大ヒットしたドラマでしたから、かなり恵まれた作品に出会えたんですよね。

―まずは、佐藤さんのプロフィールをお伺いさせてください。佐藤さんは、東京音楽大学の作曲科のご出身なんですよね?

佐藤:そうです。ちょうど僕が入るときから、作曲科に「映画放送音楽コース」というのが新設されて、その第1期生ですね。そのコースは、三枝成彰先生(『鉄腕アトム』『大河ドラマ 太平記』など)や服部克久先生(『NHK連続テレビ小説 わかば』『新世界紀行』テーマ曲など)といった、劇伴の世界のみならず作曲界の第一線で活躍している方たちが先生だったんです。その先生たちに、学生の頃から自分の曲を聴いて評価をしていただいたのは、僕にとってすごく大きかったと思います。実際に台本や映像を持ってきてくれて「これに音楽をつけてごらん」みたいな、すごく実践的な授業で、即戦力になる力をつけさせてくれました。

―では卒業後、すぐに劇伴のお仕事を?

佐藤:いや、大学を卒業してしばらくは、CM音楽の仕事ばっかりやっていました。それはそれで楽しかったんですけど、やっぱりひとつステップを踏むと、次のステップに行きたくなるじゃないですか。

―それでドラマや映画のほうに?

佐藤:そうですね。映画やドラマ方面に一生懸命売り込みをかけてみたんですけど、最初は全然仕事がこなかったです。15秒とか30秒の曲しか書いてないから、長い曲が書ける作家なのかどうか、向こうもわからないじゃないですか。ようやく1本目のドラマとしてお話をいただいたのが、2003年に放送された『GOOD LUCK!!』だったんです。

―木村拓哉さん主演のドラマですよね。

佐藤:はい。だから僕の場合、1本目の仕事が大きかったんですよね。大ヒットしたドラマでしたから。やっぱりたくさんの人に見てもらわないと評価もされないので、そういう意味ではすごく運がよかったというか、かなり恵まれた作品に1本目で出会えたんです。だから僕は、実力云々よりも、運と出会いに恵まれてここまでやってこれたところもあると思います。『GOOD LUCK!!』を見てくれたプロデューサーの方から、その後ドラマ『海猿』の仕事をいただきましたしね。

佐藤直紀
佐藤直紀

―とはいえ、そこに実力や才能がともなわないと……。

佐藤:もちろん(笑)。でも僕、あるプロデューサーから「佐藤さんとやると当たるから」って言われたことがあって……「あ、曲で判断したんじゃないんだ」っていう(笑)。意外とそんなものなんですよ。というか、やっぱり音楽っていうのはすごく曖昧なものなんですよね。極端な話、いいドラマに当たると、いい曲に聴こえちゃう場合もありますから。逆に言うと、どんなにいい曲を書いても、ドラマや映画のクオリティーが低いといい曲に聴こえない。ドラマのでき次第、映像のでき次第で、音楽の評価って変わってしまうんですよね。だから、そういう意味でも、いい作品に出会うことは、劇伴作曲家にとって本当に大事なことだと思います。つまらない映画を音楽で面白くすることは、絶対に無理ですから。ただ、面白い映画を、2割3割、より面白くすることはできると思っていて……。

―そこを目指して音楽を作っていくと。

佐藤:そうです。たとえいい作品に出会えたからといって、そこで甘えて手を抜いたら、どうにもならないですから。僕の音楽が入ることによって、その作品が少しでもよくなるように、常に全力を注ぎます。手を抜くことは絶対にないです。いつもレコーディングの朝まで粘りますからね。

Page 1
次へ

リリース情報

『大河ファンタジー 精霊の守り人 オリジナルサウンドトラック』
『大河ファンタジー 精霊の守り人 オリジナルサウンドトラック』

2016年3月16日(水)発売
価格:3,240円(税込)
COCQ-85287

1. 精霊の守り人 メインテーマ
2. エクソダス
3. 新ヨゴ国 
4. 雪解け
5. 異界へのとばぐち
6. 誘惑
7. こころ
8. 原野を行く
9. 激突
10. 影に伏す真実
11. 因縁尽く
12. 暗闇と灯火
13. 鍛錬の日々
14. 木洩れ日
15. 陰謀
16. 血濡れた嘆き
17. さすらいの民
18. 精霊の卵
19. 戦いの終決
20. 幕切れ

番組情報

『NHK放送90年 大河ファンタジー「精霊の守り人」』

2016年3月19日(土)21:00から毎週土曜にNHK総合で放送
出演:
綾瀬はるか
小林颯
東出昌大
木村文乃
林遣都
吹越満
吉川晃司
高島礼子
平幹二朗
藤原竜也
ほか
音楽:佐藤直紀

プロフィール

佐藤直紀(さとう なおき)

1970年千葉県出身。1993年東京音楽大学作曲科を卒業後、映画、ドラマ、CM、イベント等、様々な音楽分野で幅広く活躍する。2006年『ALWAYS 三丁目の夕日』で日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。NHKでは、土曜ドラマ『ハゲタカ』、大河ドラマ『龍馬伝』、連続テレビ小説『カーネーション』などを担当している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い