特集 PR

千年のスケールで考える、芸術と文化のハナシ 宮城聰×大澤真幸

千年のスケールで考える、芸術と文化のハナシ 宮城聰×大澤真幸

SPAC‐静岡県舞台芸術センター『ふじのくに⇄せかい演劇祭』『ふじのくに野外芸術フェスタ2016』
インタビュー・テキスト
徳永京子
撮影・編集:佐々木鋼平

日本中に増え続けている演劇祭や芸術祭のなかでも、とりわけ高い注目と評価を集めているSPAC‐静岡県舞台芸術センターの『ふじのくに⇄せかい演劇祭』。明確なメッセージ性のあるコンセプトと、そこからブレないキュレーションは、演劇に特に興味のない人から、演劇を熟知する人までが楽しめる深さと幅広さがある。今年は五大陸すべてからカンパニー / アーティストを招聘するという同芸術祭。芸術総監督で、自身も同演劇祭と同時開催される『ふじのくに野外芸術フェスタ2016』での上演作品『イナバとナバホの白兎』を演出する宮城聰、その相棒で劇場の学芸部員を務め、社会学者としても活躍する大澤真幸に、世界の閉塞と演劇が持つ機能について聞いた。

人間の歴史を千年や万年の単位で見るとき、「大陸」ってすごくいいんですよ。(大澤)

―まずは宮城さんに、なぜ今回、五大陸から作品を集めることにしたのかをお聞きしたいです。

宮城:ぼくは今回『イナバとナホバの白兎』を演出するんですが、これはもともと、フランスの国立ケ・ブランリー美術館から開館10周年の記念として委嘱された作品なんです。公演の会場は、同美術館内にあるクロード・レヴィ=ストロース劇場。で、なにか創作のヒントになるかなと、レヴィ=ストロース(フランスの人類学者)の本を読んでみたら、おもしろいことが書いてあった。それは日本神話にある『因幡の白兎』とよく似た話が、北米をはじめ世界各地にあるというもので。

『ふじのくに⇄せかい演劇祭2016』ビジュアル
『ふじのくに⇄せかい演劇祭2016』ビジュアル

大澤:『因幡の白兎』は『古事記』にも収録されるぐらい古い話ですよね。それが伝来したということは、ユーラシア大陸とアメリカ大陸の間に「人の行き来」が充分にあったということです。

宮城:本当ならすごいことですよね。他にもアメリカ大陸が発見されたときの話などが書いてあって、読んでいるうちに「大陸」というイメージが湧いてきました。それまで、大陸を起点にして物事を考えるという発想はあまりなかったんですけど、「五大陸から1つずつ演目を選ぶのはどうか?」と思ってやってみたら、本当に全部集まった(笑)。

宮城聰
宮城聰

大澤:じつは、人間の歴史を千年や万年の単位で見るとき、「大陸」ってすごくいいんですよ。ジャレド・ダイアモンド(アメリカの生物学者)が『銃・病原菌・鉄』(2000年)という名著で書いているんですが、北アメリカ大陸にヨーロッパ人が渡ったとき、スペインの文化や言葉があっという間にアメリカ大陸を席巻してしまった。でも、それはヨーロッパ人が優れていたわけではないと。結論を言うと、大陸のかたちが決定的だったという話なんです。

―「大陸のかたち」がですか?

大澤:文化や文明が広がっていくスピードを、アメリカ大陸とユーラシア大陸で比べたとき、東西に広がっているユーラシア大陸のほうが圧倒的に速かったそうなんです。文化や文明って、ある成功例が生まれると近くの国がみんな真似をして、それがブラッシュアップされながら伝播していくわけですが、アメリカ大陸のように南北に広がる大陸では、緯度の差異が大きいため気候条件も変わるので、真似するだけではうまくいかないんです。ということは、東西に長い大陸の方が、文化や文明の発展が速いということになります。だから、16世紀頃に、ヨーロッパの人々とアメリカ大陸の先住民が出会ったとき、東西に長いユーラシア大陸の一部であるヨーロッパの文化のほうが、だいぶ先進的だったのです。

大澤真幸
大澤真幸

宮城:なるほど、おっしゃる通りです。

大澤:ぼく自身、もっと短いタームで「20世紀は◯◯だった」みたいに考えがちなんですが、いまはもう少し長い視野で人間全体を見る段階にきているような気がします。だから、宮城さんが「大陸」をテーマに、レヴィ=ストロースや神話の伝播に興味を持たれたのは、必然性があったんじゃないかと思いますね。

―千年単位でものごとを考えるというのは、すごく演劇向きかもしれませんね。映画だったらまだ生まれて100年ちょっとですし。

宮城:演劇では、少なくとも2500年前の戯曲がいまでも上演されていますからね。

Page 1
次へ

イベント情報

『ふじのくに⇄せかい演劇祭2016』
『ふじのくに野外芸術フェスタ2016』

2016年4月29日(金・祝)~5月8日(日)
会場:静岡県 静岡芸術劇場、静岡県舞台芸術公園、駿府城公園

上演作品:
『イナバとナバホの白兎』(演出:宮城聰、台本:久保田梓美&出演者一同による共同創作)
『三代目、りちゃあど』(演出:オン・ケンセン、作:野田秀樹)
『オリヴィエ・ピィのグリム童話「少女と悪魔と風車小屋」』(作・演出:オリヴィエ・ピィ)
『ユビュ王、アパルトヘイトの証言台に立つ』(演出:ウィリアム・ケントリッジ、作:ジェーン・テイラー)
『火傷するほど独り』(作・演出:ワジディ・ムアワッド)
『It's Dark Outside おうちにかえろう』(作・演出:ティム・ワッツ、アリエル・グレイ、クリス・アイザックス)
『アリス、ナイトメア』(作・演出:サウサン・ブーハーレド)

プロフィール

宮城聰(みやぎ さとし)

1959年東京生まれ。演出家。SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督。東京大学で演劇論を学び、1990年ク・ナウカ旗揚げ。国際的な公演活動を展開し、同時代的テキスト解釈とアジア演劇の身体技法や様式性を融合させた演出は国内外から高い評価を得ている。2007年4月SPAC芸術総監督に就任。2014年7月『アヴィニョン演劇祭』から招聘され『マハーバーラタ』を上演し絶賛された。その他の代表作に『王女メデイア』『ペール・ギュント』など。2004年『第3回朝日舞台芸術賞』受賞。2005年『第2回アサヒビール芸術賞』受賞。

大澤真幸(おおさわ まさち)

1958年長野県松本市生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。社会学博士。千葉大学文学部助教授、京都大学大学院人間・環境学研究科教授を歴任。現在、月刊個人思想誌『大澤真幸THINKING「O」』刊行中、「群像」誌上で評論「〈世界史〉の哲学」を連載中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら