特集 PR

自分の感性を疑うな。未経験で世界とアーティストを繋げた中村茜

自分の感性を疑うな。未経験で世界とアーティストを繋げた中村茜

precog
インタビュー・テキスト
徳永京子
撮影:橋本倫史 編集:飯嶋藍子

未経験だったから、先入観もなかった。探したのは前例ではなく、才能あるアーティストと広い世界をつなげる方法だった。ビジネスとも社会啓蒙とも異なるフラットさとポジティブさで活動するパフォーミングアーツ・プロデューサー、中村茜。『三月の5日間』(2004年)で、日本だけでなくヨーロッパの演劇を一気に更新し、いまやヨーロッパでも確固たる地位を築いているチェルフィッチュ・岡田利規は、この人がプロデューサーでなければ明らかにいまと違う場所にいただろう。優れた国際感覚の持ち主が見つめるのは世界のパフォーマンスシーンだが、その言葉はジャンルや立場を超えて、いま日本で迷いながら生きる人たちにも響くはずだ。

ダンサーでは食べていけないし、振付家になれる才能もないから、新しい環境を自分で作ろうと考えた。

―中村さんが代表を務めるprecog(プリコグ)は、チェルフィッチュやニブロールなど、ジャンル横断的なアーティストのプロデュースを多く手がけています。今日はその裏側を支える中村さんの仕事について伺えたらと。

中村:はい。でも、もともとは私も高校までダンスを続けていて、踊ることを仕事にしたかったんです。そのためにダンス留学もしていて。

中村茜
中村茜

―表に立つ側になりたかったと。

中村:ただ、当時はそれを周囲の人に言うのがすごく恥ずかしくて……。というのも、モダンダンスの世界ってものすごく閉鎖的で、お稽古場と劇場だけで成立しているような狭い業界だったんです。高校生になって、音楽やアートなど、いろんな表現、カルチャーを知るようになったんですが、そこに私の知っている「ダンス」が絡めるとは思えなかったんですよね。

―でも、中村さんのプロデュース活動を振り返ると、『スペクタクル・イン・ザ・ファーム』や『吾妻橋ダンスクロッシング』など、ダンス、演劇だけでなく、音楽やアートまで、ジャンルを横断するようなイベントを多く手がけられていますよね。

中村:大学生になって、音楽イベントのアルバイトを始めたんですが、「ダンスや演劇がライブハウスでもっと上演されたらいいのに」と、ずっと思っていました。でも当時は踊ってくれるアーティストや、それを観に来るお客さんの姿が全然イメージできなくて……。そんな原体験から、1つのジャンルに絞らず、新しいお客さんを取り込む環境を作るべきという意識が生まれたんだと思います。

ニブロール『Romeo OR Juliet』 Photo:Kenki Iida
ニブロール『Romeo OR Juliet』 Photo:Kenki Iida

―その頃からダンサーとして活動するより、アーティストの環境作りのほうに興味がシフトしていったんですね。

中村:ダンサーでは食べていけないし、振付家になれる才能もない。だったら、いまの日本にはない新しい環境を自分で作ろうと考えて、まずSTスポット横浜でボランティアを始めたんです。

―STスポットはジャンルを問わず、いろんなアーティストが公演を行なう小劇場ですね。

中村:すごくオープンな場所で、いろんな人と知り合うきっかけになりました。アーティストもそうですし、桜井圭介さん(批評家)のような方と知り合って、『吾妻橋ダンスクロッシング』を一緒にプロデュースさせてもらったり、precog前代表の小沢康夫さんは、私が企画した女性ダンサー4人のショーケースを面白がってくれて、precogが生まれるきっかけになりました。小沢さんは、いわゆる劇場シーンとは違う視点からパフォーミングアーツに関わっていて、その感性にすごく共感しましたね。

―チェルフィッチュの作演出家、岡田利規さんとの出会いもその頃でしょうか?

中村:チェルフィッチュもSTスポットを拠点にしていたので、チラシを作らせてもらったりしていたのですが、そこまで親しくはなかったんです。でも『三月の5日間』(2004年)を観て、すごく感銘を受けて。

チェルフィッチュ『三月の5日間』 Photo:Toru Yokota
チェルフィッチュ『三月の5日間』 Photo:Toru Yokota

―イラク戦争勃発と同時期に、渋谷のラブホテルで過ごす若者たちを描いたチェルフィッチュの出世作ですね。どういった部分が印象的だったんですか?

中村:当時、私の母が小泉政権による規制緩和の影響で仕事が大変になり、病気になってしまったんです。そんな時代だったから、ただ楽しいだけの舞台を観てもまったくリアリティーが持てませんでした。でも、『三月の5日間』は、等身大の感覚があって、こんなに自分の気持ちと、焦りと、社会の不安を照射している作品は観たことがないと思って。それで、岡田さんに感想のメールを送ったら、翌年に『岸田國士戯曲賞』を受賞して、私に制作をやらないかと声がかかったんです。

―すぐ「やります」と?

中村:はい(笑)。ジャンル横断的なプロジェクトをやりたいと思っていたので、当時ダンスと演劇の境目だと言われていたチェルフィッチュは、やり甲斐があると思って。それで、チェルフィッチュが新国立劇場で『エンジョイ』(2006年)を作ったとき、法人じゃないと契約できないと言われたのでprecogを株式会社にしました。

Page 1
次へ

イベント情報

『+51 アビアシオン, サンボルハ』三重公演

2016年7月9日(土)、7月10日(日)13:00~
会場:三重県 三重県文化会館 小ホール
作・演出:神里雄大
出演:
小野正彦(岡崎藝術座)
大村わたる(柿喰う客)
児玉磨利(松竹芸能)

『イスラ! イスラ! イスラ!』三重公演

2016年7月9日(土)、7月10日(日)18:00~
会場:三重県 三重県文化会館 小ホール
作・演出:神里雄大
出演:
稲継美保
遠藤麻衣(二十二会)
小野正彦(岡崎藝術座)
武谷公雄(プリッシマ)
和田華子

『瀬戸内国際芸術祭2016』犬島パフォーミングアーツプログラム
Nibroll新作ダンス公演
『世界は縮んでしまってある事実だけが残る』

2016年8月10日(水)~8月13日(土)OPEN18:30 / START19:00
会場:岡山県 犬島 犬島精錬所美術館発電所跡
振付・演出:矢内原美邦
映像・照明:高橋啓祐
音楽:SKANK / スカンク
出演:
小山衣美
石垣文子
ジョアンナ・タン
リュー・チャーレイ(世紀當代舞團)
料金:前売一般4,000円 前売学生3,000円(小学生以上、要学生証提示) 当日一般:4,500円 当日学生:3,500円(小学生以上、要学生証提示)
※当日受付時に『瀬戸内国際芸術祭』作品鑑賞パスポート提示で一般価格より200円割引返金

内橋和久
『犬島サウンドプロジェクト Inuto Imago』

2016年8月22日(月)~9月4日(日)START 17:00
※9月3日、9月4日は16:00開演、8月23日、8月30日は休演
会場:岡山県 犬島港 ライブハウスInuto Imago
出演:
内橋和久
ルリー・シャバラ
ヴキール・スヤディー
イマン・ジンボット
ほか
料金:前売一般2,800円 当日一般3,000円 学生2,000円(高校生以上・身分証明書要提示) 15歳以下1,200円

プロフィール

中村茜(なかむら あかね)

1979年東京生まれ。日本大学芸術学部在籍中より舞台芸術に関わる。2004年~2008年STスポット横浜プログラムディレクター。2006年、株式会社プリコグを立ち上げ、2008年より代表取締役。2004年より『吾妻橋ダンスクロッシング』、チェルフィッチュなどの国内外の活動をプロデュース。2009年、フェスティバル『スペクタクル・イン・ザ・ファーム』を立ち上げる。設立メンバーとしてNPO法人ドリフターズ・インターナショナルに参加。2012年、ブリティッシュ・カウンシルで『Musicity Tokyo』ディレクター、KAAT神奈川芸術劇場の舞台芸術フェスティバル『KAFE9』をプロデュース。また『国東半島アートプロジェクト2012』『国東半島芸術祭2014』パフォーマンスプログラムディレクターを務める。舞台制作者オープンネットワークON-PAM理事。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く