特集 PR

過度なドラマも、戦略もない。だからこそ新鮮なイツキライカの音

過度なドラマも、戦略もない。だからこそ新鮮なイツキライカの音

イツキライカ『Kind of Blue』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子

京都の10年選手・スーパーノアのフロントマンとしても活動する井戸健人のソロプロジェクト・イツキライカが、初のフルアルバム『Kind of Blue』を完成させた。レコーディング費用目当てで応募したコンテストで優勝し、2012年に初作品をリリースしながらも、活動ペースを上げるわけでもなく、バンドと並行しながらじっくりと曲を書きためてきた。そのキャリアが示すように、ここには過度なドラマがあるわけではない。

しかし、「誰も聴いたことがない音楽を作ろう」と意気込んだ青年が、徐々に音楽の歴史を体感して、「自分にしか作れない音楽を作ろう」と思い直し、京都の仲間とともに作り上げた楽曲たちには、とても芳醇な味わいがある。『Kind of Blue』はときにあなたのブルーに寄り添い、ときにあなたをブルーから解放してくれることだろう。

あえて言うなら「意味のないことに意味がある」みたいな感じかな。

―スーパーノアの活動の一方で、ソロにも力を入れるようになったのは、コンテストへの応募がきっかけだったそうですね。

井戸:そうなんです。曲自体はずっと作っていて、それがある程度たまったので録音してみようと思ったときに、制作費をもらえるコンテスト(『RO69JACK 11/12』)のことを知って。それに応募したら優勝できて、100万円もらえたので、2012年に1枚目(『ピンホール透過光』)を作ったのがきっかけです。イツキライカという名前は、応募するときに適当につけただけで、あえて言うなら「意味のないことに意味がある」みたいな感じかな。

井戸健人
井戸健人

―優勝のプライズとして『COUNTDOWN JAPAN』にも出演されていますが、「フェスに出たかった」とかではなくて、「いい音源が作りたかった」ということですよね。

井戸:そうですね。1枚目には今もライブでやってる曲が入っていたりして、当時のベストを尽くしたと思っています。

『COUNTDOWN JAPAN 11/12』出演時の様子

―少し遡ると、スーパーノアは2004年頃に結成されたそうですね。先日Limited Express(has gone?)の飯田さんに取材をしたとき(リアル脱出ゲームも有名フェスも育て上げた飯田仁一郎の波乱万丈)、90年代末の京都はくるりを筆頭に多くのアーティストがメジャーにいって、それが00年代に入ってからは落ち着いてしまったから、「自分たちが何とかしないといけない」と思って、02年に『ボロフェスタ』を始めたと話してくれました。スーパーノアもそういう文脈から始まっていると言えますか?

井戸:いや、僕たちはもっと軽いノリですね(笑)。くるりとかのことも話でしか知らなかったというか、中高生のときからくるりを聴いていましたけど、何なら「京都のバンド」という意識もほとんどなく、NUMBER GIRLとかと同列で、好きなバンドのひとつという感じでした。

―2009年にはキセルなどを輩出したcolla discからアルバム(『雨の惑星、ステレオの向こう』)を発表していますが、そのときも「メジャーを目指していた」とかではない?

井戸:明確な目標みたいなのは特になくて、「面白いのをやれたらいいね」くらいでずっと続いている感じです。colla discのディレクターさんも、音作りとか歌い方のことは教えてくれたけど、音楽性に関しては「やりたいようにやったらええよ」って感じやったし。

―スーパーノアがアルバムを出した2009年から、ソロでコンテストに応募する2011年までのあいだに何か転機があったというわけでもない?

井戸:特にバンドが行き詰っていたわけでもなくて、ホントにたまたまコンテストのことを知ったのがその時期で……すみません、あんまりドラマがなくて(笑)。

井戸健人

―いえいえ(笑)。

井戸:あ、でもバンドを結成した頃は、「誰も聴いたことがない音楽をやろう」と思っていたんですけど、それはどんどんなくなっていって。今は昔から続いてる音楽の流れの先っぽにいるような意識に変わってきてるかな。

―その変化はなぜ起きたのでしょう?

井戸:単純に、誰も聴いたことがない音楽を作るなんて、無理やとわかったんですよね。「これめっちゃ新しいな」と思う音楽があっても、その後ろには何かしら影響を受けた作品があるんだって、気づいたというか。

最初は結構実験的なことをやろうとしていたんですけど、それこそ深く突き詰めれば現代音楽とかもあるし、僕は音楽と言っていいのかわからないようなところにまでいきたいという感じでもなかったから。好きな作品をあんまり見過ぎないようにしつつ、そのときやりたい音楽を生み出せていけたらなって思うようになりましたね。

Page 1
次へ

リリース情報

イツキライカ『Kind of Blue』
イツキライカ
『Kind of Blue』(CD)

2016年11月2日(水)発売
価格:2,160円(税込)
& Records / SONIC-015

1. おきざりの庭で
2. Kind of Lou
3. こどもたち
4. 早春散歩
5. ときが滲む朝に
6. 白線の内側から
7. 高い窓
8. フィルムのすきま
9. ノーカントリー
10. (sweet)here after
11. まだ手探りを

イベント情報

『イツキライカ 1st full album “Kind of Blue” release party』

2016年11月2日(水)
会場:東京都 新代田 FEVER
出演:
イツキライカ(band set)
ayU tokiO
Nozomi Nobody

2016年11月5日(土)
会場:京都府 Live House nano
出演:
イツキライカ(band set)
スーパーノア

プロフィール

イツキライカ
イツキライカ

井戸健人による音楽プロジェクト。面白味のある音楽を目指して日々奮闘中。2012年8月1日、Jackman Recordsより1st mini album『ピンホール透過光』をリリース。以後、関西を中心に、ソロやバンドセットでのライブを行う。スーパーノアのメンバーとしても活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー