特集 PR

のん主演『この世界の片隅に』の立役者 コトリンゴインタビュー

のん主演『この世界の片隅に』の立役者 コトリンゴインタビュー

『劇場アニメ「この世界の片隅に」オリジナルサウンドトラック』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子

漫画家・こうの史代の傑作を、『マイマイ新子と千年の魔法』の片渕須直監督が、徹底した原作追究、資料探査、現地調査をもとにアニメ映画化した『この世界の片隅に』が、いよいよ公開される。

1944年、広島から軍港の街・呉へと嫁いだ主人公「すずさん」の日常を追いながら、迫り来る戦争の足音と、それでもなお、たおやかに生きようとする人々の心の機微を、繊細なタッチで描き出す本作。その主人公・すずさんの声を担当したのんと並んでもう一人、本作に「生」の息吹を注ぎこんだ人物として、忘れてはならない人物がいる。オープニングテーマ“悲しくてやりきれない”をはじめ、本作の音楽を担当したコトリンゴだ。

柔らかく包み込むような歌声はもとより、精度の高い楽曲構築にも定評のある彼女。ソロとしてはもちろんのこと、近年はドラマやアニメなどのサントラ制作、さらには堀込高樹率いるKIRINJIの一員としても活躍する彼女は、本作の音楽をどのように生み出していったのだろうか。劇伴作家は通常参加しないダビング作業に同席するなど、音楽監督的な役割も果たしているというコトリンゴに、本作にまつわる一連の話を語ってもらった。

これまで見てきた戦争を背景にした話は、別世界のように感じたけど、この作品は今の話のように見ることができました。

―まずは、映画『この世界の片隅に』の音楽を担当することになった経緯から教えていただけますか。

コトリンゴ:『マイマイ新子と千年の魔法』(2009年公開)という、片渕監督の前作の主題歌をやらせてもらって……。

―“こどものせかい”ですね。

コトリンゴ:そうです。それはエンディングで流れるということだったので、映画本編を観たあとに、「こういう音楽が聴きたいな」って思うようなものを作らせていただいたんですけど、その歌詞を作る段階で、片渕監督とすごく細かくやり取りをさせてもらったことが印象に残っていたんですね。

そのあと、私が『picnic album 1』(2010年発売)というカバーアルバムを出したとき、監督にCDをお渡ししたんです。多分監督は、その頃から『この世界の片隅に』の準備を始めていたと思うんですけど、そのアルバムに入っていた“悲しくてやりきれない”という曲が、主人公であるすずさんの心情にすごく合っているということで、ずっと聴いてくださっていたらしくて。まずは映画の特報に、その曲を使わせてもらっていいですか? というお話をいただいたんです。

―それが今から何年ぐらい前の話になるのですか?

コトリンゴ:4、5年前ですね。そのあと、私は坂本龍一さんと劇伴のお仕事を一緒にさせていただくことになって。

―北川悦吏子さんの映画『新しい靴を買わなくちゃ』(2012年公開)ですね。

コトリンゴ:はい。私は小さい頃からサウンドトラックが好きだったんですけど、自分がお仕事としてやるという夢が現実になってきた時期でもあったので、「もっといろいろやってみたいな」という思いがあって。なので、サントラをやらせていただきたいというのは、片渕監督にふんわりとお伝えしていたんです(笑)。正式に作らせていただくことになったのは結構最近で、去年の秋とかだったと思います。

コトリンゴ
コトリンゴ

―というと、アニメ本編のほうは……。

コトリンゴ:まだできあがってなかったですね。特報のお話をいただいたときに、原作漫画は読ませてもらっていたんですけど、年明けにシナリオがわかる絵コンテを6冊と、その絵コンテをビデオにしたものをいただいて。それらを見ながら、「ここからここまでのシーンで、こういう音楽がほしい」という話をして、どんどん作っていきました。

―物語自体については、どんな感想を持たれていましたか?

コトリンゴ:これまで見てきた戦争を背景にした話って、正直、別世界のお話のような印象があったんです。でもこの作品は、普通に暮らしている感じのすずさんが主人公だったのもあって、すごく今の話のように見ることができました。

すずさんが嫁いだ北條家の人たちに、愛国心が強すぎる人がいたら、ちょっと違っていたのかもしれないですけど、あの家族の感じもすごくよくて……なんか、自分も北條家と暮らしているような気持ちになってくるんですよね。

『この世界の片隅に』ポスタービジュアル ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の片隅に』ポスタービジュアル ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

―コトリンゴさんは、どんなアプローチで音楽を作っていこうと思っていたのでしょうか?

コトリンゴ:最初は、弦とか木管も入れた、少し大きな編成でアレンジをやりたいなって思っていたんですけど、お話自体がすずさん目線で進んでいく日常の話なので、「そんなに大きな編成ではなくていいです」と、監督からお話がありました。

私自身、すごくやる気があったので、この時代の人たちはどんな音楽を聴いていたのかが知りたくて、蓄音器をオークションで落として、SP盤を買ったりしました。レコード屋さんに行って、さすがに軍歌まではいかないけど、戦争色が強くなる前の唱歌だったり、その頃流れていたであろう外国のジャズとかを、いろいろ教えてもらったりして。結構悩んでいたんですけど、監督が「コトリンゴさんの音楽で大丈夫です」とおっしゃってくださったので、特に前半のほうは、割と自然な感じでのびのびと作らせていただきましたね。

コトリンゴ

―映画のシーンを想像しながら?

コトリンゴ:そうですね。たとえば、すずさんがお料理をするところとか、モンペを作るところとかは、自分も感情移入できたところなので、すずさんのワクワク感とかを考えながら作っていきました。

―ただ、中盤以降、戦争の影が……。

コトリンゴ:そうなんですよね。なので、前半の曲は作りやすかったんですけど、後半はすごく大変だったところがあって。具体的に言うなら、サントラの21曲目の“あの道”ぐらいから、音楽の毛色もちょっと変わってくるんです。それまでは外向きで楽しいすずさんの気持ちがあったんですけど、だんだん内に内に入っていく感じの音楽になってきて。そこは、いろいろ思考錯誤しながらやっていました。

Page 1
次へ

リリース情報

『劇場アニメ「この世界の片隅に」オリジナルサウンドトラック』
『劇場アニメ「この世界の片隅に」オリジナルサウンドトラック』(CD)

2016年11月9日(水)発売
価格:3,132円(税込)
VTCL-60438

1. 神の御子は今宵しも
2. 悲しくてやりきれない(作詞:サトウハチロー 作曲:加藤和彦 編曲:コトリンゴ)
3. 引き潮の海を歩く子供たち
4. すいかの思い出
5. 周作さん
6. うちらどこかで
7. 朝のお仕事
8. 隣組(作詞:岡本一平 作曲:飯田信夫 編曲:コトリンゴ)
9. すずさんと晴美さん
10. 広島の街
11. 戦艦大和
12. ごはんの支度
13. 径子
14. 疑い
15. ありこさん
16. ヤミ市
17. りんさん
18. デート
19. 大丈夫かのう
20. お見送り
21. あの道
22. 良かった
23. 左手で描く世界
24. 白いサギを追って
25. 広島から来たんかね
26. 飛び去る正義
27. 明日も明後日も
28. すずさんの右手
29. 最後の務め
30. みぎてのうた(作詞:こうの史代・片渕須直 作・編曲:コトリンゴ)
31. たんぽぽ(作詞・作曲・編曲:コトリンゴ)
32. すずさん
33. New day

作品情報

『この世界の片隅に』

2016年11月12日(土)からテアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開
監督・脚本:片渕須直
原作:こうの史代『この世界の片隅に』(双葉社)
音楽:コトリンゴ
アニメーション制作:MAPPA
声の出演:
のん
細谷佳正
稲葉菜月
尾身美詞
小野大輔
潘めぐみ
岩井七世
澁谷天外
配給:東京テアトル

プロフィール

コトリンゴ
コトリンゴ

5歳からピアノ、7歳から作曲をはじめる。神戸・甲陽音楽院を卒業後、ボストン・バークリー音楽院に留学し、ジャズ作曲科、パフォーマンス科を専攻。学位を取得後にはニューヨークを拠点に演奏活動を開始。2006年に坂本龍一に見い出され、シングル『こんにちは またあした』で日本デビューを飾る。以降、現在までに9枚のアルバムを発表。ソロ作品のほか、『新しい靴を買わなくちゃ』『くまのがっこう』『幸腹グラフィティ』など映画、アニメなどのサウンドトラックや多数のCM音楽を手がけるなど、クリエイターからの支持も高い。近年はKIRINJIに加入し、バンド活動も行う。最新オリジナルアルバムはドラマ『明日、ママがいない』の主題歌“誰か私を”を収録の『birdcore!』。卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップワールドを描きだす女性シンガーソングライターとして各方面から注目を浴びている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nova Heart“My Song 9”

盛り上がりを見せる中国ミレニアル世代のなかでも要注目のバンド、Nova Heartの“My Song 9”MV。今週末開催の、中国ユースカルチャーを代表する実力派ミュージシャンが出演するイベント『秋音之夜』にも登場する彼女たちが、日本の夜にどんな姿を見せてくれるか楽しみだ。中国ミレニアルズの勢いは止まらない。(川浦)

  1. 『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら 1

    『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら

  2. 菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ 2

    菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ

  3. 長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル 3

    長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル

  4. 西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに 4

    西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに

  5. のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア 5

    のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア

  6. カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤 6

    カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤

  7. 最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る 7

    最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る

  8. 吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号 8

    吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号

  9. ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点 9

    ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点

  10. 『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真 10

    『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真