特集 PR

2016年の問題意識を100年後に届ける、新星yoji & his ghost band

2016年の問題意識を100年後に届ける、新星yoji & his ghost band

yoji & his ghost band『ANGRY KID 2116』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子、宮原朋之

一人の青年が、100年前の芸術に対する憧憬と、100年後の世界に対する眼差しで作り上げた、万華鏡のような音世界。ノスタルジックなメロディーと、サイケデリックな音のレイヤー、そして力強く、どこか人懐っこさもあるダンサブルなビートが重なり合ったその音世界は、2016年を生きるか弱き子どもの姿も紡ぎ出す。安堵と祝福、そして、その奥にあるヒリヒリとした痛みが同時に伝わるような感覚。ここには、今、この時代にしか描けないファンタジーがある。

yoji & his ghost bandの新作『ANGRY KID 2116』に収められているのは、寺田燿児という音楽家が、井手健介や滝沢朋恵といった仲間たちの力を借りながらも、基本は彼自身がたった一人で、あらゆる時代、あらゆる場所に生まれた芸術の亡霊たちにコネクトすることで作り上げた10個の怒りと喜びの物語だ。2年前、初の全国流通盤となった『my labyrinth』で「京都のブライアン・ウィルソン」という異名と共に京都インディーシーンの新たな才能として注目を集めた寺田燿児。去年、東京に移住した彼に、今、この時代にファンタジーを描く意味を聞いた。

京都を離れたのは、最大の自己顕示欲の表れかもしれない。

―燿児さんは、元々は京都で活動されていたんですよね。東京に出てきてどれくらいになりますか?

燿児:1年2か月くらいですね。生まれは広島なんですけど、京都には12~3年いました。

―東京に出てきたのは、どうしてだったんですか?

燿児:今回のアルバムにも参加してくれた井手(健介)くんや滝沢(朋恵)さんって、数年前から一緒に対バンしていた人たちなんですよ。彼らがどんどんと頭角を現す姿を見ていて、「このまま京都にいたらマズいな」という思いが出てきて。自分が東京でどこまでやれるか、試してみようと思ったんです。

寺田燿児
寺田燿児

―京都にも豊潤な音楽シーンがあるのに、なぜ東京でなければいけなかったのでしょうか?

燿児:京都にいたときも、2か月に1回ぐらいは東京でライブをしていたんですけど、その頃に感じていたのは、京都と東京ではお客さんの音楽に対する積極性が全然違うということで。東京だと「いい」と思ったらすぐ話しかけてくれるんですよ。友達じゃなくても、音楽がよければちゃんと認めてくれる。 京都だと、「友達の友達」くらいまでしか受け入れられないというか……初めて出会ったものに、なかなか興味を示さないんですよね。東京の人から見たら、「京都っていいな」というイメージがあるかもしれないけど……。

―それは少なからずありますね。音楽の歴史も深い土地だし、京都に根差したレーベルやイベントも充実しているし。

燿児:のんびりしていて住環境はいいんですけど、実際に京都で活動していると、「情報の発信源って、やっぱり東京なんだな」と実感することが多かったんです。それに対するジレンマもありました。

―ご自身として、この1年2か月、東京で活動してきた実感はどうですか?

燿児:間違っていなかったなって思います。今一緒にやっているバンドメンバーのうち四人も、東京で見つけましたし。みんな地方出身者だからか、音楽に対して積極性がある人たちばかりで。 ただ、今はもう大丈夫なんですけど、東京に出てきたばかりの頃はしんどかったです。今回のアルバムの曲は、バンドメンバーにも「暗い」って言われるんですよね。それは、東京に出てきて、しんどい夜を過ごしながら作った曲が入っているからだと思います。

―しんどいと感じたのは、どうしてですか?

燿児:友達がいないから(笑)。東京って、電車に乗らないと人に会いに行けなかったりするじゃないですか。

―基本は電車移動ですよね。

燿児:京都って、自転車ですぐに友達に会いに行けるんですよ。東京に出てくるまで、J-POPがなんであんなに「会いたい」って歌うのか、わからなかったんです(笑)。京都人の感覚で、「会いたいなら会いに行けばいいじゃん」と思っていたから。でも、東京に出てきてその意味がやっとわかりました。東京は、電車に乗らなきゃ会えない(笑)。

―地元の交友関係から離れてでも、東京で音楽をやりたいという強い意志が燿児さんにはあったわけですよね。その野心の根底にはなにがあったのでしょう?

燿児:抽象的になってしまうんですけど、期待されたいんです。京都を離れたのは、最大の自己顕示欲の表れかもしれない。

―「期待されたい」という気持ちは、昔から燿児さんのなかに強くあるものですか?

燿児:小さい頃から、なにかを作って褒められることの恍惚感に惹かれていた部分はあると思います。子どもの頃から、他の人より絵がうまく描けたんですよね。街のコンペティションで賞をもらって、「燿児くんは絵を描き続けてね」って、いろんな人に言われていたりして。それで中高の頃は美術部に入って、大学は芸大を選び、ビデオアートを学びました。音楽も好きで、中学生の頃からバンドをやったりもしていたんですけど、それはあくまでもサイドワークという感じで。

yoji & his ghost band『ANGRY KID 2116』ジャケット。寺田がジャケットのイラストを描いている
yoji & his ghost band『ANGRY KID 2116』ジャケット。寺田がジャケットのイラストを描いている(Amazonで見る

―なぜ音楽メインにシフトチェンジしたんですか?

燿児:大学を出た後、人前で発表するなら映像と音楽のどちらがいいのか、天秤にかけたんです。言い方は悪いかもしれないですけど、映像と比べると、音楽で自己表現した方が簡単に気持ちを人に伝えられるんじゃないかと思ったんですよね。それで始めたのが、yoji & his ghost bandなんです。

Page 1
次へ

リリース情報

yoji & his ghost band『ANGRY KID 2116』
yoji & his ghost band
『ANGRY KID 2116』(CD)

2016年11月11日(金)発売
価格:2,160円(税込)
MTHH-002

1. Ghost Parade
2. Coney Island
3. Water World
4. Charles De Gaulle
5. François l'Olonnais
6. Open The Hatch!
7. Alien
8. Taxi Driver
9. Time Traveler
10. Saudade

イベント情報

『trad vol.50』
2016年11月29日(火)
会場:東京都 新宿 MARZ
出演:
yoji & his ghost band
夕暮れの動物園
シーツ
Shogen & Kanna
メロー・イエロー・バナナムーン

『calm river』
2016年12月4日(日)
会場:東京都 下北沢 mona records
出演:
yoji & his ghost band
カミバヤシユウタband
The Kota Oe band
無人島レコード

『ANGRY KID 2116 Release Party』
2017年1月21日(土)
会場:東京都 渋谷 7th FLOOR
出演:
yoji & his ghost band
小林うてな × 化けぐるみオールスターズ
Alfred Beach Sandal

プロフィール

yoji & his ghost band
yoji & his ghost band(よーじ あんど ひず ごーすと ばんど)

2009年京都にて始動。2010年12月、初のフルアルバム『jungolian baboon』をリリース。2011年12月、2ndフルアルバム『burning chico,his galaxy』をリリース。2014年3月、岡村詩野が監修する『現代関西音楽帖』で『burning chico,his galaxy』が取り上げられる。11月、初の全国流通盤『my labyrinth』をリリース。ゲストに入江陽が参加。12月、『my labyrinth』が音楽流通会社ブリッジのスタッフ年間ベストに選出される。2015年7月、sign magazineの『時代を映し出す「今の5曲」はこれだ!』に“Coney Island”が取り上げられる。2016年11月、2年ぶりの新アルバム『Angry Kid 2116』をリリース。ゲストに井手健介(井手健介と母船)、滝沢朋恵、平賀レオ(クマに鈴)、yatchi(ムーズムズ)、よだまりえが参加。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業