特集 PR

HOWL BE QUIETがポップスでさらけだす、依存気味な恋愛観

HOWL BE QUIETがポップスでさらけだす、依存気味な恋愛観

HOWL BE QUIET『Mr. HOLIC』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子
2017/05/24

3rdシングル『サネカズラ』のリリースタイミングで実施した前回のインタビューで、HOWL BE QUIETの竹縄航太はバンドのフロントマンとして、ソングライターとして、ひとつの確信を得たと熱っぽく語ってくれた。それは、自身の生々しい恋愛観や過剰なまでに女々しい感情を堂々と歌に乗せることで、自縄自縛の状態から解き放たれるということ。

そして、完成したメジャー1stフルアルバム『Mr. HOLIC』は、竹縄の女性に対する依存性の高さが浮き彫りになった歌を、多彩なサウンドプロダクションで彩ることが、HOWL BE QUIETが試行錯誤の末に辿り着いた「強固なポップミュージックの作り方」であることを提示している。

今回のインタビューで竹縄は、『サネカズラ』を経て本作が完成するまでの過程と、音楽表現と向き合う前のルサンチマンを抱えていた季節をさらけ出した。

男を代表して「みんな~! ついに女に対して言ってやったぞ!」みたいな感覚がある。

―『サネカズラ』のリリースタイミングでのインタビュー(HOWL BE QUIETがすべて本音で語る、デビュー後の現実と失恋話)で竹縄さんは、「近い将来にフルアルバムを作ることになると思うんですけど、その木が10本くらい並んだときにそこで初めて『こういう森だったんだ!』って気づくと思うんですよね」と言っていて。

竹縄:言ってましたね。むしろ『サネカズラ』をリリースしてみて、アルバムに対して見えてきたことがいろいろありました。

竹縄航太
竹縄航太

―うん、そうなんだろうなと思って。“サカネズラ”から派生した木が並んでるようなアルバムだなと。

竹縄:『サネカズラ』をリリースしてなかったら、こういうアルバムにならなかったと思います。ひとつ大きかったのは、シンプルに“サネカズラ”みたいにウダウダ愚痴を吐き出してるような歌が、自分は好きなんだなと思ったということ。だから、次のアルバムは愚痴っぽい感情も隠さずに表現しようと思ったんです。とにかく、俺が好きなことを好きなように歌おうと。

―“サネカズラ”に対するリスナーの反応はどう受け止めたんですか?

竹縄:あそこまで自分の感情を赤裸々に包み隠さずさらけ出したのは“サネカズラ”が初めてだったので、その分怖さもあったんです。でもリリースしてみたら、“サネカズラ”に対する細かい反応を見てある種の快感を覚えたんですよね。

―マゾっぽい感じで?

竹縄:もうちょっといい言葉でお願いしたいんですけど(笑)、あそこまで曲に自分のことをさらけ出して、人に聴いてもらうことで、過去の苦い恋愛経験を笑い話にできるんだなと思ったんです。歌でそういう昇華ができるんだとわかったのは大きかった。それで、その勢いのままアルバムの歌詞制作に取りかかった感じですね。

竹縄航太

―今作の歌詞はあまりにも女々しかったりするから、僕もちょいちょい笑いました。

竹縄:それだけで嬉しいですもん(笑)。

―滑稽なまでのかっこ悪い姿も振り切って描いてますよね。普通ならちょっとくらいかっこつけたくなると思うけど。

竹縄:かっこつけたくない、という思いは強くありました。友達とサシで飲んでるようなテンションで歌詞を書くのがいいんじゃないかなと思って。友達と飲んでるときに、「こういうことがあったんだけど、ありえなくない?」って愚痴ってるテンションをそのまんま詰め込んだというか。本能的な言葉で綴った歌詞が、人に刺さるんだろうなと思ったんです。

HOWL BE QUIET『Mr. HOLIC』収録曲

―ストレートすぎて、竹縄航太という人間に対して誤解が生まれるかもしれないという危惧はなかった?

竹縄:それはなかったですね。「男ならこれわかるでしょ?」っていうか、男を代表して「みんな~! ついに女に対して言ってやったぞ!」みたいな感覚が自分のなかにあって。自分をさらけ出しながら、男を代表して愚痴る快感ですね(笑)。

―この「極端さ」って、デビュー当初に「僕らはアイドルになりたい」と宣言したこと(2016年の台風の目になるか? バンドを捨てたHOWL BE QUIET)にも通じる、竹縄さんなりの、HOWL BE QUIETなりの、表現方法なのかなとも思う。

竹縄:ああ、通ずる部分はあるかもしれないです。

Page 1
次へ

リリース情報

HOWL BE QUIET『Mr. HOLIC』初回限定盤
HOWL BE QUIET
『Mr. HOLIC』初回限定盤(CD+DVD)

2017年5月24日(水)発売
価格:3,780円(税込)
PCCA-04527

[CD]
1. ラブフェチ
2. MONSTER WORLD
3. ギブアンドテイク
4. にたものどうし
5. My name is...(ALBUM Ver.)
6. サネカズラ
7. PERFECT LOSER
8. Wake We Up
9. 矛盾のおれ様
10. Higher Climber
11. 208
12. ファーストレディー
[DVD]
・HOWL BE QUIET「Wake We Up! Special One Man Live!!」(2016年9月11日 恵比寿LIQUIDROOM)
1. Wake We Up
2. Daily Darling
3. 孤独の発明
4. 千年孤独の賜物
5. Merry
6. バトルナイフ
7. 救難戦争
8. ライブオアライブ
9. レジスタンス
10. ウォーリー
11. MONSTER WORLD
・「Wake We Up! Special One Man Live!!」 Document Movie
・「Daily Darling」Music Video
・「サネカズラ」Music Video
・「Higher Climber」Music Video
※メンバー直筆サイン入り

HOWL BE QUIET『Mr. HOLIC』通常盤
HOWL BE QUIET
『Mr. HOLIC』通常盤(CD)

2017年5月24日(水)発売
価格:3,024円(税込)
PCCA-04528

1. ラブフェチ
2. MONSTER WORLD
3. ギブアンドテイク
4. にたものどうし
5. My name is...(ALBUM Ver.)
6. サネカズラ
7. PERFECT LOSER
8. Wake We Up
9. 矛盾のおれ様
10. Higher Climber
11. 208
12. ファーストレディー

イベント情報

『Mr. HOLIC ~僕が虫で、君が男でも恋したいのです~ TOUR』

2017年7月20日(木)
会場:宮城県 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd

2017年7月26日(水)
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

2017年7月28日(金)
会場:大阪府 umeda TRAD

2017年8月1日(火)
会場:香川県 高松DIME

2017年8月3日(木)
会場:福岡県 DRUM Be-1

2017年8月4日(金)
会場:広島県 SECOND CRUTCH

2017年8月16日(水)
会場:東京都 赤坂BLITZ

プロフィール

HOWL BE QUIET
HOWL BE QUIET(はうる びー くわいえっと)

竹縄航太(Vo,Gt,Pf)、黒木健志(Gt)、橋本佳紀(Ba)、岩野亨(Dr)の4人から成る神奈川県出身4人組。2010年結成。圧倒的な曲の世界観と歌詞で多くのリスナーからの支持を得ている。2016年ポニーキャニオンよりメジャーデビュー。メジャーデビューシングル『MONSTER WORLD』はSSTV「POWER PUSH!」、FM802ヘビローテ―ション等、全国ラジオ/CS46局でパワープレイを獲得、大型音楽番組へも多数出演する。5月24日、メジャー1stアルバム『Mr. HOLIC』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと