特集 PR

新しい学校のリーダーズ、不寛容な社会へのちっちゃな反抗者たち

新しい学校のリーダーズ、不寛容な社会へのちっちゃな反抗者たち

新しい学校のリーダーズ『キミワイナ'17』
インタビュー・テキスト
真貝聡
撮影:萩原楽太郎 編集:山元翔一

私たち、メンバー同士で隠しごとが全然ないんです。(RIN)

―SNSはいかに自分が充実しているかをアピールする、見栄の張り合いって感じはしますよね。「普段、話しているとこういう人じゃないんだけどな。どっちが本当なんだろう?」って。

MIZYU:まさに!

KANON:最近、そういう子がいました。私の後ろの席のクラスメイトなんですけど、普段は全然喋らない、怪しめな雰囲気の子で。プリントを渡すときも小さい声で「……ありがとう」みたいな感じなんですけど、SNSだと「〇〇じゃねえしwww」っていう。

SUZUKA:怖ーい!

KANON:普段とギャップが大きすぎるから、驚いちゃって。

SUZUKA:どっちが本当のあなた……? って感じ。

―みなさんには、「人に見せられない自分」っていますか?

RIN:私たち、メンバー同士で隠しごとが全然ないんです。

MIZYU:本当にプライベートの、奥の奥の奥の奥の奥までつながってます。

―それは素晴らしいですね。リーダーズの四人が、いろんなことを共有できてるのはどうしてなんですかね。

MIZYU:自分たちでもビックリしてます。

RIN:何かあったら、誰よりも先に言う! みたいな感じになってるんで。

SUZUKA:全てそうだしな。

KANON:メンバー四人ともさっぱりした性格だから上手くいってるのかなって思いますね。

MIZYU:気持ちがひとつになっているからこそ、ライブでも伝えたいことが一緒なんだと思います。日々の共有って大事ですよね。

SUZUKA:本当に大事だと思う。たぶん、お互いを信用しているからそこまでできるんじゃないかな。この人に相談したら、自分を励ます言葉をくれる、いい答えをくれるってわかってるから共有できるんだと思います。ぞれぞれ短所もあるけど、みんなでカバーし合ってます。自分が落ち込んでいたら一生懸命励ましてくれて、その度に「このチームでよかった」って思いますね。

若者も大人も自分の意志を貫いて、不寛容社会から抜け出してほしい。(SUZUKA)

―他に活動をしていて喜びを感じる瞬間はありますか。

SUZUKA:同世代の子たちがライブに来てくれてることはすっごく嬉しいですね。ちゃんと私たちのメッセージが届いているんだなって思います。「私もはみ出したくなった」って言ってくれる人もいたりして、単純なんですけど、その言葉が本当に嬉しい。あとは「今日のライブですごく感動して涙を流して、明日から学校を頑張ろうと思えた」とか、そういうことを言ってもらえるのは喜びですね。

―アーティストとしてシンパシーを感じたり、憧れたりしている方っていますか?

SUZUKA:私たちがカッコいいと思うゾーンに入ってるアーティストのみなさんは頭がイっちゃってる……と言ったら言い方が悪いんですけど、いい意味でイってるんですよ(笑)。

―どこか突き抜けているところがある人たちってことですかね。そのカッコいいゾーンにいる人は誰ですか?

SUZUKA:クリトリック・リスさんですね。

―『夏の魔物』に出演したとき、一緒に写真を撮ってましたよね。

MIZYU:そうそう。四人ともすごくよくしてもらってて、親戚のおじちゃんみたい(笑)。

SUZUKA:ライブを観たときに、ライブの途中で客席へ行って、ステージに戻ってきたら背中に引っかき傷がガーって入ってたんですよ。あとで「引っかき傷がありましたけど、大丈夫ですか?」って訊いたら「え? 傷あった?」って言ってて、「この人カッケー!」と思いましたね。

一同:(笑)。

SUZUKA:クリトリック・リスさんはあの熱量がすっごくいいんですよね。

MIZYU:ギャップもいいよね。ステージ上の熱量と私服に着替えてオフになったときの感じとか。

RIN:やりきってるところがカッコいいですよね。

SUZUKA:伝えようとする熱量がすごいんですよ。やっぱり自分の意志を貫いているのが、見ててわかるのは大きいと思います。

―たしかに。音楽のスタイルは違いますけど、自分の意志を貫くっていうのはみなさんと通じますよね。

SUZUKA:そうですね。やりたいことをやっている人とか、一生懸命な人に響く音楽だと思います。

RIN:自分を活かしてるっていうのも、素敵に見えます。ライブ中に自分で「ハゲー!」叫んでたんですよ。「自分の体を活かしてるな~」って。

SUZUKA:たしかに。

MIZYU:個性を最大限に自分のものにしてるなって思いました。

―みなさんは、「自分の意志を貫いて行動する=はみ出すこと」を大事にしてて。その先輩としてクリトリック・リスがいる、と。

SUZUKA:そうですね!(笑)

―今日は「若者」って言葉を繰り返し使ってましたけど、みなさんのメッセージは大人にも響くし、むしろ大人にこそ大切なことなのかなと思いました。

SUZUKA:私は「青春はエンドレス」って常に言ってるんですけど、若者も大人も一緒だと思うんです。今って学校、会社、SNSとかいろんな場所で不寛容社会なんで。だから若者も大人も自分の意志を貫いて、そこから抜け出してほしいですね!

新しい学校のリーダーズ

Page 3
前へ

リリース情報

新しい学校のリーダーズ『キミワイナ'17』
新しい学校のリーダーズ
『キミワイナ'17』(CD)

2017年10月25日(水)発売
価格:1,296円(税込)
VICL-37326

1. キミワイナ'17
2. SNS24時

プロフィール

新しい学校のリーダーズ
新しい学校のリーダーズ(あたらしいがっこうのりーだーず)

模範的なヤツばかりが評価される時代、くだらない不寛容社会から、個性と自由ではみ出していく踊るセーラー服と奇行癖。その名も「新しい学校のリーダーズ」。攻めの利いたダンスとサウンド、独特なキャラクターとMCを武器に2015年7月から全国各地でライブ活動する傍ら、コイケヤ、UNIQLO、Google Android、ロッテ「Fit's」等の企業と、はみ出し具合が絶妙なコラボや出演を重ね、じわりと若者に刺さりはじめている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. 菅田将暉が暴君 舞台『カリギュラ』に秋山菜津子、谷田歩、橋本淳 1

    菅田将暉が暴君 舞台『カリギュラ』に秋山菜津子、谷田歩、橋本淳

  2. 川栄李奈が年内出産予定、廣瀬智紀と入籍へ 舞台で共演し交際スタート 2

    川栄李奈が年内出産予定、廣瀬智紀と入籍へ 舞台で共演し交際スタート

  3. 清志郎の4時間超NHK BS番組『今夜は朝まで忌野清志郎』、奥田民生らも登場 3

    清志郎の4時間超NHK BS番組『今夜は朝まで忌野清志郎』、奥田民生らも登場

  4. Sexy Zone菊池風磨の単独初主演舞台『ハムレット』9月から東京&大阪で上演 4

    Sexy Zone菊池風磨の単独初主演舞台『ハムレット』9月から東京&大阪で上演

  5. アニメ映画『鉄コン筋クリート』地上波放送 シロ役・蒼井優のコメントも 5

    アニメ映画『鉄コン筋クリート』地上波放送 シロ役・蒼井優のコメントも

  6. 『SWITCH』で平野歩夢の50ページ特集 若木信吾による撮り下ろし写真も掲載 6

    『SWITCH』で平野歩夢の50ページ特集 若木信吾による撮り下ろし写真も掲載

  7. 大岩オスカール×宮沢和史 旅での「気づき」が確固たる自分を作る 7

    大岩オスカール×宮沢和史 旅での「気づき」が確固たる自分を作る

  8. ONE OK ROCKの全国アリーナツアーが9月から開催、全30公演 8

    ONE OK ROCKの全国アリーナツアーが9月から開催、全30公演

  9. アラバマ州の中絶禁止法にガガ、リアーナら怒り表明 「#youknowme」運動も 9

    アラバマ州の中絶禁止法にガガ、リアーナら怒り表明 「#youknowme」運動も

  10. 『テラスハウス』新シリーズのメンバー6人発表、OP曲はCHVRCHES“Graves” 10

    『テラスハウス』新シリーズのメンバー6人発表、OP曲はCHVRCHES“Graves”