特集 PR

新しい学校のリーダーズ、不寛容な社会へのちっちゃな反抗者たち

新しい学校のリーダーズ、不寛容な社会へのちっちゃな反抗者たち

新しい学校のリーダーズ『キミワイナ'17』
インタビュー・テキスト
真貝聡
撮影:萩原楽太郎 編集:山元翔一

私たち、メンバー同士で隠しごとが全然ないんです。(RIN)

―SNSはいかに自分が充実しているかをアピールする、見栄の張り合いって感じはしますよね。「普段、話しているとこういう人じゃないんだけどな。どっちが本当なんだろう?」って。

MIZYU:まさに!

KANON:最近、そういう子がいました。私の後ろの席のクラスメイトなんですけど、普段は全然喋らない、怪しめな雰囲気の子で。プリントを渡すときも小さい声で「……ありがとう」みたいな感じなんですけど、SNSだと「〇〇じゃねえしwww」っていう。

SUZUKA:怖ーい!

KANON:普段とギャップが大きすぎるから、驚いちゃって。

SUZUKA:どっちが本当のあなた……? って感じ。

―みなさんには、「人に見せられない自分」っていますか?

RIN:私たち、メンバー同士で隠しごとが全然ないんです。

MIZYU:本当にプライベートの、奥の奥の奥の奥の奥までつながってます。

―それは素晴らしいですね。リーダーズの四人が、いろんなことを共有できてるのはどうしてなんですかね。

MIZYU:自分たちでもビックリしてます。

RIN:何かあったら、誰よりも先に言う! みたいな感じになってるんで。

SUZUKA:全てそうだしな。

KANON:メンバー四人ともさっぱりした性格だから上手くいってるのかなって思いますね。

MIZYU:気持ちがひとつになっているからこそ、ライブでも伝えたいことが一緒なんだと思います。日々の共有って大事ですよね。

SUZUKA:本当に大事だと思う。たぶん、お互いを信用しているからそこまでできるんじゃないかな。この人に相談したら、自分を励ます言葉をくれる、いい答えをくれるってわかってるから共有できるんだと思います。ぞれぞれ短所もあるけど、みんなでカバーし合ってます。自分が落ち込んでいたら一生懸命励ましてくれて、その度に「このチームでよかった」って思いますね。

若者も大人も自分の意志を貫いて、不寛容社会から抜け出してほしい。(SUZUKA)

―他に活動をしていて喜びを感じる瞬間はありますか。

SUZUKA:同世代の子たちがライブに来てくれてることはすっごく嬉しいですね。ちゃんと私たちのメッセージが届いているんだなって思います。「私もはみ出したくなった」って言ってくれる人もいたりして、単純なんですけど、その言葉が本当に嬉しい。あとは「今日のライブですごく感動して涙を流して、明日から学校を頑張ろうと思えた」とか、そういうことを言ってもらえるのは喜びですね。

―アーティストとしてシンパシーを感じたり、憧れたりしている方っていますか?

SUZUKA:私たちがカッコいいと思うゾーンに入ってるアーティストのみなさんは頭がイっちゃってる……と言ったら言い方が悪いんですけど、いい意味でイってるんですよ(笑)。

―どこか突き抜けているところがある人たちってことですかね。そのカッコいいゾーンにいる人は誰ですか?

SUZUKA:クリトリック・リスさんですね。

―『夏の魔物』に出演したとき、一緒に写真を撮ってましたよね。

MIZYU:そうそう。四人ともすごくよくしてもらってて、親戚のおじちゃんみたい(笑)。

SUZUKA:ライブを観たときに、ライブの途中で客席へ行って、ステージに戻ってきたら背中に引っかき傷がガーって入ってたんですよ。あとで「引っかき傷がありましたけど、大丈夫ですか?」って訊いたら「え? 傷あった?」って言ってて、「この人カッケー!」と思いましたね。

一同:(笑)。

SUZUKA:クリトリック・リスさんはあの熱量がすっごくいいんですよね。

MIZYU:ギャップもいいよね。ステージ上の熱量と私服に着替えてオフになったときの感じとか。

RIN:やりきってるところがカッコいいですよね。

SUZUKA:伝えようとする熱量がすごいんですよ。やっぱり自分の意志を貫いているのが、見ててわかるのは大きいと思います。

―たしかに。音楽のスタイルは違いますけど、自分の意志を貫くっていうのはみなさんと通じますよね。

SUZUKA:そうですね。やりたいことをやっている人とか、一生懸命な人に響く音楽だと思います。

RIN:自分を活かしてるっていうのも、素敵に見えます。ライブ中に自分で「ハゲー!」叫んでたんですよ。「自分の体を活かしてるな~」って。

SUZUKA:たしかに。

MIZYU:個性を最大限に自分のものにしてるなって思いました。

―みなさんは、「自分の意志を貫いて行動する=はみ出すこと」を大事にしてて。その先輩としてクリトリック・リスがいる、と。

SUZUKA:そうですね!(笑)

―今日は「若者」って言葉を繰り返し使ってましたけど、みなさんのメッセージは大人にも響くし、むしろ大人にこそ大切なことなのかなと思いました。

SUZUKA:私は「青春はエンドレス」って常に言ってるんですけど、若者も大人も一緒だと思うんです。今って学校、会社、SNSとかいろんな場所で不寛容社会なんで。だから若者も大人も自分の意志を貫いて、そこから抜け出してほしいですね!

新しい学校のリーダーズ

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Page 3
前へ

リリース情報

新しい学校のリーダーズ『キミワイナ'17』
新しい学校のリーダーズ
『キミワイナ'17』(CD)

2017年10月25日(水)発売
価格:1,296円(税込)
VICL-37326

1. キミワイナ'17
2. SNS24時

プロフィール

新しい学校のリーダーズ
新しい学校のリーダーズ(あたらしいがっこうのりーだーず)

模範的なヤツばかりが評価される時代、くだらない不寛容社会から、個性と自由ではみ出していく踊るセーラー服と奇行癖。その名も「新しい学校のリーダーズ」。攻めの利いたダンスとサウンド、独特なキャラクターとMCを武器に2015年7月から全国各地でライブ活動する傍ら、コイケヤ、UNIQLO、Google Android、ロッテ「Fit's」等の企業と、はみ出し具合が絶妙なコラボや出演を重ね、じわりと若者に刺さりはじめている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性