特集 PR

Taiko Super Kicksが鳴らす、閉塞した世界への静かなる反抗

Taiko Super Kicksが鳴らす、閉塞した世界への静かなる反抗

Taiko Super Kicks『Fragment』
インタビュー
北沢夏音
インタビュー・テキスト:天野史彬 撮影:馬込将充 編集:山元翔一

左から:こばやしのぞみ、伊藤暁里

タイコは初めて聴いたときから、蠢いている感じがしたというか……。(北沢)

—北沢さんがタイコの音楽に最初に触れたのは、いつ頃でしたか?

北沢:『Many Shapes』(2015年12月リリース)が出たときです。最初は、プロフィールとかも全然知らない状態で聴いたんだけど、音の感触と歌詞の言葉遣いが、こちらの心にスッと染みてくる感じがして、すごく心地よくて。タイコの曲は、1曲1曲に強い方向性を与えるような言葉がないから、こちらで解釈しなくちゃいけない部分が多いじゃない?

伊藤:たしかに、そうかもしれないです。自分にとって重要な言葉は入れているんだけど、キラーフレーズというか、刺さるような言葉は、無意識的に避けていると自分でも思います。

北沢:でも、音がガイドになってくれるからちゃんと伝わるんだよね。心地いいだけじゃなくて、なにかに抗っている音楽、いわば「静かなる反抗」を感じる。タイコの音は、ボーカル、ギター、ベース、ドラムのシンプルな4人編成だけど、歌だけが突出しているわけではなくて。メンバーそれぞれが出している音の絡み合い、アンサンブルがすごくいい。暁里くんの声質も言葉と合っているし、いろんな部分でバランスがいいバンドだなって思います。

ただ、そのバランスのよさに収まって発展性がなくなってしまう可能性もある。でも、タイコは初めて聴いたときから、蠢いている感じがしたというか……なにかが生まれつつある感覚が、「これが完成形ではないな」っていう感じがすごくしたんです。この蠢いているものの発展や成長を、この先、リアルタイムで目撃できるんじゃないかっていう期待と興奮がありました。

Taiko Super Kicks『Many Shapes』収録曲

Taiko Super Kicks(左から:こばやしのぞみ、伊藤暁里、大堀晃生、樺山太地)
Taiko Super Kicks(左から:こばやしのぞみ、伊藤暁里、大堀晃生、樺山太地)

「実生活は大変なのに、音楽では理想を歌う」みたいなことが、すごく嘘っぽく感じる。(伊藤)

—北沢さんから見て、タイコの新作『Fragment』はいかがでしたか?

北沢:いままでの作品で一番いいと思いました。着実に、自分たちの音楽を掴みつつある。

伊藤こばやし:ありがとうございます。

北沢:Taiko Super Kicksは、大きい声にかき消されてしまう小さな声や、大きなシステムから零れ落ちるもののための居場所を作りたいんじゃないかな。ささやかな日常のなかで覚醒する瞬間を大事にしている。『Many Shapes』もいいアルバムだったけど、『Fragment』でバンドの世界観を確立した感があります。

1曲目の“たたかいの朝”からして、<たたかい>とか、<総当たり戦の日々>とか、切迫感のある言葉が並んでいるんだけど、その切迫感はひんやりとした音で中和されているし、なにと「たたかう」のかは、明確には記されていない。そこから2曲目、3曲目と場面が移るにつれて思索も深まっていって、最後の“無縁”と“フラグメント”の2曲に集約されていく。1曲1曲が粒ぞろいなのはもちろんなんだけど、この全体の流れがすごくいいよね。

伊藤:アルバムの流れに関していうと、できた順番に収録しているんですよ。

北沢:そうなんだ!

伊藤:だから、すごく私的な、自分の心情の動きが表れているような気がするんです。ドキュメント的なアルバム、というか。最初から全体的なテーマも特になく、最後の“フラグメント”ができたときに、「あ、こういうことだったんだな」って気づいた感じでした。

伊藤暁里

北沢:テーマはないといっても、なにかしらの問題意識みたいなものはあったの?

伊藤:問題意識はありました。行き詰まり感というか。

北沢:それは、自分自身に起因するもの? それとも、世の中と対峙することで生まれたもの?

伊藤:後者だと思います。生きていくうえでのつらさというか、仕事をしながらバンド活動する生活のなかで感じるものですね。

北沢:タイコの歌詞からは、どこかしらヒリヒリしたものを感じるけど、それは日常の軋轢に敏感な人の作る曲だからだろうと思う。

伊藤:まさに、そうだと思います。僕自身、モラトリアム感とか、ヒッピー的な世界観が好きじゃないんですよ。

北沢:ラブ&ピース的な?

伊藤:そうですね。昔は好きだったんですけど、今は嘘っぽく聴こえてしまうんです。自由を求める感覚とか、エスケーピズム的な感覚が、本来の自分には全く根差していないもののように思えてしまって……「実生活は大変なのに、音楽では理想を歌う」みたいなことが、すごく嘘っぽく感じる。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

Taiko Super Kicks『Fragment』
Taiko Super Kicks
『Fragment』(CD)

2018年2月7日(水)発売
価格:2,484円(税込)
TSK-001

1. たたかいの朝
2. 景色になる
3. 汗はひき
4. 遅刻
5. うわさ
6. のびていく
7. バネのように
8. 悪いこと
9. 無縁
10. フラグメント

イベント情報

『Taiko Super Kicks presents “Fragment” Release Tour』

2018年3月4日(土)
会場:台湾 台北Revolver

2018年3月17日(土)
会場:愛知県 金山ブラジルコーヒー
出演: Taiko Super Kicks
mei ehara
テト・ペッテンソン

2018年3月23日(金)
会場:福岡県 福岡UTERO
出演:
Taiko Super Kicks
よあけ
yound

2018年3月24日(土)
会場:岡山県 岡山BLUEBLUES
出演:
Taiko Super Kicks
カネコアヤノ
and more

2018年3月25日(土)
会場:京都府 京都UrBANGUILD
出演:
Taiko Super Kicks
本日休演
接近!UFOズ
ギリシャラブ

2018年3月30日(金)
会場:渋谷TSUTAYA O-nest

プロフィール

Taiko Super Kicks
Taiko Super Kicks(たいこ すーぱー きっくす)

伊藤暁里(Vo,Gt)、樺山太地(Gt)、大堀晃生(Ba,Cho)、こばやしのぞみ(Dr)により結成。東京都内を中心に活動中。2014年8月、ミニアルバム『霊感』をダウンロード・フィジカル盤ともにリリース。2015年7月、『FUJI ROCK FESTIVAL'15「ROOKIE A GO-GO」』に出演。2015年12月23日、1stアルバム『Many Shapes』をリリース。そして、2018年2月7日、最新アルバム『Fragment』をリリースする。

北沢夏音(きたざわ なつを)

1962年東京都生まれ。ライター、編集者。92年『Bar-f-out!』を創刊。著書に『Get back,SUB! あるリトル・マガジンの魂』(本の雑誌社)、共著に『次の本へ』(苦楽堂)、『冬の本』(夏葉社)、『音盤時代の音楽の本の本』(カンゼン)、『21世紀を生きのびるためのドキュメンタリー映画カタログ』(キネマ旬報社)など。ほかに『80年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)の監修、山口隆対談集『叱り叱られ』(幻冬舎)の構成、寺尾紗穂『愛し、日々』、森泉岳土『夜のほどろ』(いずれも天然文庫)の企画・編集、『人間万葉歌 阿久悠作詞集』三部作、ムッシュかまやつ『我が名はムッシュ』、やけのはら『SUNNY NEW BOX』などのブックレット編集・執筆も手がける。2017年8月、サニーデイ・サービスにとって初の単行本となる共著『青春狂走曲』(スタンド・ブックス)を上梓。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年