特集 PR

古市コータローと『孤独のグルメ』久住、こだわる面白さを語る

古市コータローと『孤独のグルメ』久住、こだわる面白さを語る

古市コータロー『ピラニア通りのブルース』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:鈴木渉 編集:川浦慧、矢島由佳子

僕は、「時短」とかいう言葉も大嫌いで。(久住)

—だから『孤独のグルメ』は、これほどまでに愛され続けているんでしょうね。

久住:だから、さっきも言いましたけど、僕は昔の話をするのが好きじゃないんです。たとえば、The Beatlesの話を一生懸命、難しく解説するおやじとかいるじゃないですか。それよりも、「いま面白いものって何だろう?」って考えたほうが、ずっと建設的だと僕は思うんですよね。

古市:もちろん、僕もこのコンピ盤を「僕の思い出の曲を聴いてください」って作っているわけじゃないんです。それを、「こういう感じで聴いてみたら、面白いんじゃない?」って伝えたいものであって。

だから、今回はアートワークとかも、すごくこだわらせてもらったんです。やっぱり、いまCD屋に置かれて、ちゃんとかっこいいと思えるものにしたかったので。

久住:このジャケット写真はなに?

『ピラニア通りのブルース』
『ピラニア通りのブルース』(Amazonで見る

古市:昔、カミナリ族(日本の昭和30~40年代を中心に、オートバイで高速走行することを嗜好していた人達)っていたじゃないですか? この写真は、カミナリ族のチームが海に行ったときの写真なんですよね。

久住:これ、すごくいい写真だよね。当時の感じとか雰囲気が、すごくよく出てる。

古市:結構うまくいったなって、自分でも思ってます(笑)。やっぱり、適当なものは、絶対に作りたくなかったんですよね。こういうコンピ盤って、結構適当なものが多いじゃないですか。

久住:うんうん、わかる。適当に時代で区切っただけのものとかね。

古市:そう。だからこそ、曲順から何から徹底的にこだわりたかったんです。普通の編集盤みたいな感じで捉えられたくなかったんですよね。

古市コータロー

久住:そこでやっぱり、いろいろ工夫したり考えたりするわけじゃないですか。そこがいいんですよね。やっぱりさ、面白いものを作るには、それなりに手間暇が掛かるんだよ。

古市:そうですよね。

久住:僕は、「時短」とかいう言葉も大嫌いで。面白いものを作るには、時間が掛かるんですよ。それは、谷口(ジロー)さん(漫画『孤独のグルメ』の作画を担当)が教えてくれたことでもあって……谷口さんの漫画って、たった8ページの『孤独のグルメ』の連載を、アシスタント3人ぐらい使って、1週間掛けて描くんですよ。

そういうふうに時間をかけて丁寧に作ってきたからこそ、いまでも読んでもらえてるんですよね。『孤独のグルメ』の漫画は、いま10か国ぐらいで翻訳されているんだけど、だからこそ、そうやっていろんな人に届いていると思う。

—ドラマも、すごく手間をかけて作られていることがわかりました。

久住:ドラマのスタッフたちは、原作本をものすごく読んでいるから、ちゃんと時間を掛けて丁寧に作ろうっていうところも、きっと無意識のうちに伝わっているんだと思うんです。大事なのは、やっぱりそこなんだと思うんですよね。

左から:古市コータロー、久住昌之

Page 4
前へ

リリース情報

『ピラニア通りのブルース』
『ピラニア通りのブルース』

2017年12月20日(水)発売
価格:3,240円
COCP-40209

1.悪魔のベイビー / 寺内 タケシ&バニーズ
2.風とオトコのコ / 弘田三枝子
3.サイケな街 / 万里れい子
4.人生は気まぐれ / ザ・ゴールデン・カップス
5.サイケデリック・マン / ジャッキー吉川とブル・ーコメッツ
6.KISS ~K・I・ダブルS~ / 万里れい子
7.ブラインド・バード / ザ・モップス
8.ラスト・チャンス / 内田裕也とザ・フラワーズ
9.スネイク・ヒップ / 日野皓正クインテット
10.クールな恋 / ザ・ゴールデン・カップス
11.欲ばりな恋 / ザ・モージョ
12.ロンリーガール / ザ・サマーズ
13.イエス・ノー・イエス / ザ・クラックナッツ
14.クレイジー・ミッドナイト / ザ・モージョ
15.電話でいいから / アウト・キャスト

番組情報

ドラマ24『孤独のグルメ Season7』

2018年4月6日(金)から毎週金曜深夜0:12~テレビ東京などで放送

原作:久住昌之原作、谷口ジロー作画『孤独のグルメ』(扶桑社)
出演:
松重豊
ほか

プロフィール

古市コータロー
古市コータロー(ふるいち こーたろー)

THE COLLECTORSのギタリストとして1987年『僕はコレクター』でメジャーデビュー。以来THE COLLECTORSとして22枚のオリジナルアルバムをリリース。2017年3月1日に行われた初の日本武道館ワンマンライブも大成功を収める。同6月よりキャリア最長となる全国32ヵ所に渡るツアーを行う等、デビュー30周年も精力的に活動。2018年は1月から12ヶ月間渋谷CLUB QUATTROでのマンスリーライブが決定している。

久住昌之(くすみ まさゆき)

1958年7月15日、東京・三鷹生まれ。法政大学社会学部卒。美學校・絵文字工房で、赤瀬川原平に師事。1981年、泉晴紀と組んで「泉昌之」名でマンガ家としてデビュー。泉昌之名義では、デビュー作にしてロングセラーの単行本「かっこいいスキヤキ」他、「ダンドリくん」「豪快さんだ!」など単行本多数。谷口ジローと組んで描いたマンガ「孤独のグルメ」は、2012年にTVドラマ化され、season7決定。劇中全ての音楽の制作演奏、脚本監修、最後にレポーターとして出演もしている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開 1

    漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開

  2. 『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露 2

    『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露

  3. 後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組 3

    後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組

  4. 高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda 4

    高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda

  5. 勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』 5

    勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』

  6. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 6

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  7. 『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」 7

    『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」

  8. 『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も 8

    『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も

  9. 堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』 9

    堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』

  10. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 10

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音