特集 PR

CHAIが伝える「わがまま」の美しさ。ただの「自己中」とは違うよ

CHAIが伝える「わがまま」の美しさ。ただの「自己中」とは違うよ

CHAI『わがまマニア』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子
2018/05/11

日本でもっと売れたいなって思う。生まれた国で売れないのは、ダサいと思うから。(マナ)

—最後に、3曲目の“フューチャー”について訊きたいと思うんですけど。この曲は、沸々と刻まれていくリズムとシンセの上モノの絡み合いが新鮮なんだけど、同時に、CHAIにしか出せない温度感のある曲だなってすごく思いました。

マナ:“フューチャー”は、さっき言った「CHAIが1万人の前でやるとしたら」ということを考えて生まれた曲なんだよね。

—それが、こういう淡々としたグルーヴ感を持った曲になっているのは、すごく面白いなって思います。

ユナ:今までのCHAIの16ビートは、両手でドライブ感がある感じでやっていたんだけど、“フューチャー”は、ちょっと裏打ちっぽいブラックな要素を出したくて、あえて片手で刻んだの。

CHAI“フューチャー”(Spotifyを開く

—今のCHAIにとっての未来への展望を訊いてみたいなと思うんですけど、どうでしょう?

マナ:CHAIは、おばあちゃんになってもずっとやりたい。私たちには音楽がずっとあるけど、もし動けなくなって音楽のパフォーマンスができなくなっても、CHAIという形はあり続けたいなっていつも思ってる。音楽は常に一番なんだけど、やりたいことはいろいろあるんだよね。

ユウキ:夢は本当にいっぱいあるよね。

マナ:うん、いっぱいある。ディズニーランドみたいな感じの「CHAIランド」を作りたい。コンプレックスランドね。鼻からジェットコースターが出てくるの(笑)。

—ははははは(笑)。

マナ:元気出るじゃん(笑)。

ユナ:あと、スタジオもほしいね。

ユウキ:家も建てたいしね。服のブランドも作りたい。

マナ:あと、動物のためのチャリティーライブとかもやりたい。フェスも開きたいし。この4人だったらできるなって思うことはいっぱいあるんだよね。

左から:ユウキ、マナ、カナ、ユナ
左から:ユウキ、マナ、カナ、ユナ

—先ほど今年アメリカに行った話も出ましたけど、実際にアメリカのBURGER Recordsから『PINK』のUS盤もリリースされて。海外での活動に対しての意識に関しても、新たに芽生えたものはありましたか?

マナ:もっと海外に行きたいって、行けば行くほど思う。どんな環境でもライブができるようにならなきゃなとも思うし。でもやっぱり、日本でもっと売れたいなって思う。生まれた国で売れないのは、ダサいと思うから。だから、日本でも一番になりたいし、世界でも一番になりたい。それが一番美しいと思うし、今はそこに強く惹かれているかな。

ユウキ:そうだよね。アメリカに行って、自分たちのアイデンティティーをほったからしにしていると全然伝わらないんだっていうことに気づいたからね。だから、日本ももっと大事にしていきたいし、その上で世界に出ていきたいよね。

左から:ユナ、カナ、マナ、ユウキ
左から:ユナ、カナ、マナ、ユウキ

Page 4
前へ

リリース情報

CHAI『わがまマニア』
CHAI 『わがまマニア』(CD)

2018年5月9日(水)発売
価格:1,728円(税込)
CHAI-006

1. We Are Musician
2. アイム・ミー
3. フューチャー
4. FAT-MOTTO
5. Center of the FACE!

イベント情報

『Because ウィーアー・CHAIトゥアー ~ワンマンだよ~』

2018年6月22日(金)
会場:大阪府 Music Club JANUS

2018年6月23日(土)
会場:愛知県 名古屋 JAMMIN'

2018年6月29日(金)
会場:宮城県 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd

2018年7月1日(日)
会場:北海道 札幌 BESSIE HALL

2018年7月7日(土)
会場:福岡県 DRUM Be-1

2018年7月12日(木)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

2018年7月14日(土)
会場:東京都 渋谷 CLUB QUATTRO

プロフィール

CHAI
CHAI(ちゃい)

ミラクル双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、「NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド」、それがCHAI。誰もがやりたかった音楽を全く無自覚にやってしまった感満載という非常にタチの悪いバンドで、いきなりSpotify UKチャートTOP50にランクイン、2017年SXSW出演と初の全米ツアーも大成功、FUJI ROCK FESTIVAL“ROOKIE A GO GO”超満員を記録など、破天荒な活動を繰り広げる。そして期待値最高潮のなか2017年10月に1stアルバム『PINK』をリリースし、オリコンインディーチャート4位、iTunes Alternativeランキング2位にランクイン。また日本テレビ系『バズリズム02』の「コレはバズるぞ2018」では1位にランクイン、『第10回CDショップ大賞2018』に入賞など、注目度が更に増す中、2月に『PINK』US盤をアメリカの人気インディーレーベルBURGER Recordsよりリリースし、3月にはアメリカ西海岸ツアーと2度目のSXSW出演を大成功に収める!彼女たちに触れた君の21世紀衝撃度No.1は間違いなく『NEOかわいいバンド』、CHAIだよ!

関連チケット情報

2018年6月1日(金)
LOVE MUSIC FESTIVAL 2018
会場:STUDIO COAST(東京都)
2018年6月2日(土)〜6月3日(日)
百万石音楽祭2018~ミリオンロックフェスティバル~ 1日券
会場:石川県産業展示館1~4号館(石川県)
2018年6月2日(土)〜6月3日(日)
百万石音楽祭2018~ミリオンロックフェスティバル~ 2日通し券
会場:石川県産業展示館1~4号館(石川県)
2018年6月3日(日)
きゃりーぱみゅぱみゅ
会場:日比谷野外大音楽堂(東京都)
2018年6月22日(金)
CHAI
会場:心斎橋JANUS(大阪府)
2018年6月23日(土)
CHAI
会場:JAMMIN’(愛知県)
2018年6月29日(金)
CHAI
会場:LIVE HOUSE enn 2nd(宮城県)
2018年7月1日(日)
CHAI
会場:BESSIE HALL(北海道)
2018年7月7日(土)
CHAI
会場:DRUM Be-1(福岡県)
2018年7月12日(木)
CHAI
会場:LIQUIDROOM(東京都)
2018年7月14日(土)
CHAI
会場:渋谷CLUB QUATTRO(東京都)
2018年7月21日(土)〜7月22日(日)
NUMBER SHOT 2018
会場:海の中道海浜公園 野外劇場(福岡県)
2018年8月18日(土)〜8月19日(日)
MONSTER baSH 2018
会場:国営讃岐まんのう公園(香川県)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

TENDRE“RIDE”

2018年はTENDREが絶対くる。2月の『exPoP!!!!!』で脳裏をかすめた予感は確信に変わりました。セクシー&グルーヴィな“RIDE”で完全にヤられた。ラフなダンスと自由度高いコラージュで構成された映像も、河原太朗のチャーミングさがダダ漏れでいい感じ。今年の夏はこの曲で踊りまくりたい。(山元)

  1. 有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場 1

    有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場

  2. ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真 2

    ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真

  3. 小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売 3

    小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売

  4. 小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場 4

    小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場

  5. 竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演 5

    竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演

  6. TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」 6

    TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」

  7. 是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話 7

    是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話

  8. 高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開 8

    高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開

  9. デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催 9

    デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催

  10. チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加 10

    チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加