特集 PR

チャットモンチーの素顔と尊さをDAWA、imai、MINORxUが語る

チャットモンチーの素顔と尊さをDAWA、imai、MINORxUが語る

チャットモンチー『誕生』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:タイコウクニヨシ 編集:矢島由佳子

本気で「今日もこいつと一番バンドをやりたい」と思ってるバンドって、実はそんなに多くないと思っていて。(imai)

—改めて、DAWAさんはチャットの音楽性のどんなところに惹かれたと思いますか?

DAWA:分析は全然できなくて、「なぜかすごくハマった」という感じなんですよね。正直、ギターロックバンドとしてのチャットが好きだったというのはあるんですよ。あの3人が鳴らすギターロックにマジックを感じていて。

—正直、打ち込みはしないでほしいと思っていた。

DAWA:そうですね……。でも、2人になったときは本当にビックリしました。あっこがドラムを叩きだすという。意味わからないと思いましたね(笑)。サポートメンバーを入れるとかではなく、2人だけで成立することをやり始めたのは、ライブを観ていてもすごく面白かったです。

DAWA
DAWA

2人体制でのライブ映像

MINORxU:あっこちゃんが洋楽にアンテナを張っているのも大きいですよね。あの時代は海外にギターとドラムだけのバンドって結構いたから、すぐに2人でやるという決意を持てたと思うんですよ。

DAWA:当時、2人組のバンドは海外には結構おったね。

—Blood Red Shoesとか。

MINORxU:MATES OF STATEとかもそうだし。

—MATES OF STATEは当時のチャットのインタビューでも挙がってましたね。

MINORxU:そういうバンドを知らなかったら、急に2人でやらないと思う。

DAWA:日本のシーンだけを見ていたらやらないよね。でも、そこも意識的というよりは感覚的なんですよね。3人のときも、2人のときも、勘のいいバンドだった。

2人体制になって初めて発表された楽曲

左から:DAWA、imai、MINORxU
左から:DAWA、imai、MINORxU

imai:僕は3人時代のチャットの音源をあとから聴いて、どれだけ尊いバンドマジックがあったのかを知ったんですよね。今、僕はソロでやってるので誰が言ってんねんって感じなんですけど(笑)(group_inouは現在活動休止中)。

—いやいや(笑)。

imai:本気で「今日もこいつと一番バンドをやりたい」と思ってるバンドって、実はそんなに多くないと思っていて。やっぱりどこかで続けるためだけに活動しているバンドもいる。でも、それで長く活動が続いても全然意味がないと思うんですよ。1年目でもヤバいバンドはヤバいし、20年やっててもダサいバンドはダサいので。フレッシュさを保てなかったら意味がない。

僕がチャットと知り合ったのは『変身』(2012年)をリリースしたタイミングでしたけど、1人メンバーが脱退した事実をフレッシュなパワーに変えてアルバムを1枚作るって、本当にすごいことで。音数は絶対に足りてないんだけど、そのときにしか生まれないバンドのワクワク感とかキラキラ感が入っていた。アルバムを作るたびに生まれ変わって続けられているバンドって、なかなかいないと思うんです。今回のラストアルバムも攻めてるなと思いましたし。2人になってからも常になにか新しいことができないかを探し続けていた、そのマインドに感動しちゃいますね。

左から:DAWA、imai、MINORxU
左から:DAWA、imai、MINORxU

MINORxU:だから、ドキュメンタリーを撮っても画になるバンドだなと思うんです。チャットのように被写体として魅力のあるバンドってなかなかいなくて。チャットのドキュメンタリーを撮ってからは、自分からバンドに「撮らせてほしい」ってオファーをするハードルが上がってしまったんですよ。

僕はそんなに仕掛けて撮るタイプではなく、バンドのそのままを撮りたいから、チャットくらいタフなバンドじゃないと、って思っちゃうんですよね。あと3人とも、話し甲斐があると言ったら変ですけど、話していて面白いんです。

影響力のメーターがあったとしたら、チャットよりCDの枚数では売れてるバンドよりも、全然高いと思う。(MINORxU)

—もはや女性メンバーだけで構成されたバンドを「ガールズバンド」とカテゴライズすることも無粋な時代になったと思います。でもチャットは、本人たちが望むと望まざるにかかわらす、2000年代以降の日本のバンドシーンにおけるガールズバンドの象徴であり続けたのも確かで。そして、今、この時代に「NEOかわいい」と謳い、多様性を容認するヒューマニズムをメッセージとして提示しているCHAIというロックバンドが現れ、チャットが解散するというのは、ひとつの時代の節目を感じるんですね。DAWAさんはCHAIのことも初期から応援していると思うんですけど、そのあたりでなにか思うことはありますか?

CHAIは、チャットモンチーのトリビュートアルバム『CHATMONCHY Tribute ~My CHATMONCHY~』(2018年3月リリース)にも参加している

DAWA:言われて思ったんですけど、CHAIを好きになった感覚はチャットを好きになった感覚と似てるかもしれないですね。ガールズバンドもたくさん出てきているし、聴くんですけど、CHAIのようにズバッとハマるバンドは久しぶりだったので。僕はバンドというものに憧れすぎている部分があって。僕もバンドをやってたんですけど、続けられなかったから。「ミュージシャン」ではなく「バンド」というものに憧れている。

MINORxU:それは僕も同じです。バンドをやっていたけど、続かなくて。だから、基本的に僕がバンドのドキュメンタリーを撮るときはバンドマジックに惹かれるんですよ。バンドの人間関係のなかで起こる奇跡みたいなものを撮りたいと思ってる。

DAWA:ソロアーティストとサポートメンバーだとまた違うしね。

MINORxU:そう、チャットはバンドマジックがあるバンドだった。それで僕の興味と合致したんです。それはDAWAくんも同じだと思う。バンドをやってない人のほうがチャットに憧れてる人が多いと思う。

左から:DAWA、imai、MINORxU
左から:DAWA、imai、MINORxU

DAWA:影響力もすごいじゃないですか。コピーするのも3ピース時代は取っつきやすいですよね。ギターとベースとドラムだけだし。

MINORxU:影響力のメーターがあったとしたら、チャットよりCDの枚数では売れてるバンドよりも、全然高いと思う。たとえばハイスタ(Hi-STANDARD)より数字的に売れたバンドはいるけど、ハイスタの影響を受けたバンドってものすごく多いじゃないですか。チャットもそういうバンドだなって思いますね。

imai:「完結」が発表される2日前に、日本の音楽が好きなカナダの友達と偶然会って。そのときに日本のガールズバンドの話になったんですけど、そいつが「カナダにいる日本の音楽好きの友達も、新しく出てくる日本の女の子のバンドはみんなチャットみたいだって言う。そんなバンドはいない」と言ってましたね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

チャットモンチー
『誕生』初回生産限定盤(CD)

2018年6月27日(水)発売
価格:3,240円(税込)
KSCL-30062/3
※ 三方背ケース、ハードカバーブック仕様

1. CHATMONCHY MECHA
2. たったさっきから3000年までの話
3. the key
4. クッキング・ララ feat. DJみそしるとMCごはん
5. 裸足の街のスター
6. 砂鉄
7. びろうど

チャットモンチー『誕生』通常盤(CD)
チャットモンチー
『誕生』通常盤(CD)

2018年6月27日(水)発売
価格:2,592円(税込)
KSCL-30064

1. CHATMONCHY MECHA
2. たったさっきから3000年までの話
3. the key
4. クッキング・ララ feat. DJみそしるとMCごはん
5. 裸足の街のスター
6. 砂鉄
7. びろうど

チャットモンチー『たったさっきから3000年までの話』(7インチアナログ)
チャットモンチー
『たったさっきから3000年までの話』(7インチアナログ)

2018年6月6日(水)発売
価格:1,512円(税込)
KSKL-8534

イベント情報

『チャットモンチー完結展』

2018年6月27日(水)~7月10日(火)
会場:東京都 渋谷 GALLERY X BY PARCO
時間:11:00~20:00(最終日は18:00まで)
料金:500円

プロフィール

imai(いまい)

2003年結成、group_inouのTRACK担当。これまでに4枚のアルバムを発表。その音楽性はエレクトロミュージックやヒップホップ、ハードコア、ポップス等の要素やアティテュードを内包しながら、どこにも属さないサウンドとグルーヴを確立している。4thアルバム『MAP』収録“EYE”のMVが『文化庁メディアアート芸術祭新人賞』『アジアデジタルアート大賞展優秀賞』を受賞。音楽シーンだけに留まらず、グラフィックから映像作品に至るまで、各界のクリエイターと呼応した自由で多彩な活動にも注目が集まる。2016年に活動休止を発表。2017年より本格的にソロ活動を開始。2017年7月17日に『PSEP』をリリースした。

MINORxU(みのる)

映像像作家、Videographer。1978年東京生まれ。多摩美術大学卒業。チャットモンチー“majority blues”のミュージックビデオや、ツアードキュメンタリー『鳴るほど』(2011年)、『ふたりじゃない』(2013年)の監督を務める。その他、Gotch、HARUHI、Ken Yokoyama、LOSTAGE、My Hair is Bad、SLANG、WANIMAなどの映像作品を手がける。

和田貴博(わだ たかひろ)

1973年生まれ、大阪府出身。大阪・南堀江のレコードショップFLAKE RECORDS代表。愛称は「DAWA(ダワ)」。シフトレコードなどのショップスタッフを経て2006年に独立、開業。新譜の洋楽レコードをメインに、交流のある邦楽アーティストの新譜も取り扱う。店内にある商品のポップ原稿を全て自らで手がけ、自主レーベル「FLAKE SOUNDS」を主催し、さらに自主イベント『TONE FLAKES』のオーガナイズに、イベントDJまで仕事は多岐に渡る。FLAKE RECORDSは関西の音楽発信の場としても注目され、海外でも「あなたが死ぬ前までに訪れるべき魅力的な世界のレコード店 27選」にも選出されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし 1

    映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし

  2. 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

  3. ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応 3

    ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

  4. 「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本 4

    「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本

  5. THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと 5

    THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

  6. 中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る 6

    中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る

  7. RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開 7

    RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開

  8. My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー 8

    My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー

  9. 海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も 9

    海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も

  10. 感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける 10

    感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける