特集 PR

バレーボウイズ×永井聖一 定義や時間に縛られない生き方を語る

バレーボウイズ×永井聖一 定義や時間に縛られない生き方を語る

バレーボウイズ『なつやすみ'18 猛暑』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:馬込将充 編集:川浦慧、矢島由佳子

歌詞を書いているのはネギちゃんですけど、自分も同じように思えないと歌うのは嫌。(前田)

―『なつやすみ'18 猛暑』は昨年自主で発表した『なつやすみEP』に新曲を加えるなどして再構築した作品ですが、方向性についてはどんなやりとりがありましたか?

バレーボウイズ『なつやすみ'18 猛暑』ジャケット
バレーボウイズ『なつやすみ'18 猛暑』ジャケット(Amazonで見る

永井:技術的な話をすると、『なつやすみEP』のときはまだ音楽を始めて浅い人たちだったので、もともと持っている表現力とか、ライブで観たときに伝わる爆発力をどうミックスに落とし込むかで悩んでいたと思うんです。でも、今回入っている新曲に関しては、苦労なかったですね。アンサンブルがまとまっているし、7人の役割がすごくはっきりしている。

プロデュースする側としては、それぞれの役割を簡単に把握できたので、「この人をどこにどう置けばいいんだろう?」という苦労があんまりなかった。「こう落とし込めば上手くいく」っていうのがわかって、そのノルマは果たしたかな。

—メンバー間での会話が増えて、楽曲もまとまってきた?

ネギ:いい意味で、よりばらけた気がする。前は僕が「こんな感じで」って言ったことをやってくれてたから、何となく向かうところがあったんですけど、それぞれ「こうした方がオモロイ」っていうのを見つけるようになったことで、広がったように思います。

だから、新曲も「現段階ではこれが最高」って感じでやっているけど、もっと変わっていくと思う。まとまったというよりも、一旦それぞれが持ってるものを出し合って、これからまとめていくのかなと。

バレーボウイズ
バレーボウイズ

—これまではデモに寄せていたけど、それぞれが自分の持ち味ややりたいことを発揮するようになって、今は広がっていってる途中段階だと。

ネギ:そうやと思います。僕の中ではもともとそのつもりでやってきてたんだけど、みんな「やっていいんかな?」って気にしながらやっていて。それが、今はガツガツ切り崩しにかかってくれているので、どんどん面白いものになってる。さらにそれがまとまったときに、すごくいいものができるんじゃないかと思っています。

永井:一人ひとりが、人の音を聴くようになったんじゃないかと思います。どこで誰が弾いているのか、どこで誰が歌ってるのか、それがはっきりわかるので、すっきりして伝わりやすくなってる。

—もともとみんな歌ってるし、ギター3本鳴ってるし、編成としては過多ですもんね。

永井:でも1本はアコギだし、アレンジは結構きれいに分かれてて、昔から組み立ては器用な人たちだなって思っていました。あとは「っぽい」っていう、すごく抽象的なキーワードが意外と大事だったりするんですよね。

ネギ:たとえば“海へ”は、海に行く途中のイメージなんですけど、車じゃなくて、「チャリで行ってるっぽい」とか。

永井:「テンポを上げすぎると車になっちゃうから、あんまり気合い入れて弾かなくていいよ」とかね(笑)。

バレーボウイズ“海へ”(Spotifyを開く

ネギ:あとは、カチコチに「これはこうしよう」ってパッパと進めるんじゃなくて、わりとユルユルと、「やるときやって、休むとき休む」みたいな作り方が合ってるのかなって。

永井:「これは何時までに終わらせて、何時から再開」みたいな、キチッとしたのは合わないでしょ?(笑) そのへんは僕も近いタイム感を持っていると思うんですよね。自分も含めてストレスにならないように、とは考えていました。

今回は、何度もテイクを録り直したり、重ね録りをしたりする感じじゃないと思っていたので、3回くらいずつだけやって。でも「結局ファーストテイクがいいじゃん」っていう、そういう強みを彼らは持っているんです。

左から:前田流星、オオムラツヅミ、ネギ、永井聖一

—歌に関して、ネギくんからディレクションなどはあったのでしょうか?

ネギ:素で出た声がよかったりするので、それはあんまりやりたくないんです。だから、「こういうイメージやから、こう歌って」みたいな指示はほとんどなかったですね。むしろ、僕が作った曲なのに、それぞれが「この曲はこういう曲やねん」って言ってるときが一番気持ちいいんですよ。土台の提案は僕がしているけど、実際作ったり歌ったりしてるのはそれぞれやし、僕が言うことでもないかなって。

—オオムラさんの歌声は「合唱」というイメージにおいても非常に大きな役割を担っていると思いますが、今回の歌に関してどんなことを意識していましたか?

オオムラ:ネギちゃんはコーラスが好きやから、“海へ”みたいなハモリやすい曲を作ってきたりするんですけど、私からするとそういう曲の方が難しいんです。「ハモリやすすぎて、普通のができちゃう」みたいな。それよりも、ふざける感じの方が楽しいというか、「勝手にいろいろ入れちゃおう」と思って、1曲に1個はそういう要素を入れようって決めています。

オオムラツヅミ(バレーボウイズ)
オオムラツヅミ(バレーボウイズ)

—じゃあ、新作の中のベストふざけコーラスは?(笑)

オオムラ:“ミラーボウル”は寝ながら作りました(笑)。

ネギ:そうやって決めたわりに、僕が同じように歌ったら、「やめてよ」って言われて。だから、こだわりはあるんですよ。「これでいいや」やけど、いいと思ったからやってる。

オオムラ:そうそう!

—(前田)流星くんはどうですか?

前田:歌詞を書いているのはネギちゃんですけど、自分も同じように思えないと歌うのは嫌で。理解できない歌詞だと、「やりたくない」ってわがままを言ったりしてます。

今やってる曲は全部自分でも理解できてて、「自分が作った」って思えるくらい景色も見えるし感情的に歌えてる。今回でいうと、“海へ”は僕がやりたいって言って収録しました。僕はネギちゃんの想いを伝える人ではないから、自分のものとして歌いたいっていうのは強くありますね。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

バレーボウイズ『なつやすみ'18 猛暑』
バレーボウイズ
『なつやすみ'18 猛暑』(CD)

2018年7月4日(水)発売
価格:2,160円(税込)
PFCF-1156 / felicity cap-284

1. アサヤケ
2. 卒業
3. 夏休みがおわる
4. ミラーボウル
5. マツリ~猛暑~
6. フラッシュバック
7. 海へ
8. タイトルコール(チャッキーの家ver.)

イベント情報

バレーボウイズ
『「なつやすみ'18 猛暑」リリースワンマンツアー』

2018年8月19日(日)
会場:東京都 下北沢 Basement Bar

2018年8月22日(水)
会場:大阪府 心斎橋 LIVE HOUSE Pangea

料金:各公演2,500円

プロフィール

バレーボウイズ
バレーボウイズ

みんなで合唱しようぜ!それがバレーボウイズ!ノスタルジックで歌謡ライクなメロディと歌のハーモニー、哀愁を帯びたギターで青春の響きを“合唱”のスタイルで聴かせる、京都精華大学の学園祭「木野祭」出演のために2015年に結成された男女混成グループ。2017年、ライブオーディション「TOKYO BIG UP!」でグランプリ、「FUJI ROCK FESTIVAL 2017」ROOKIEA GO-GO枠で初出演を果たした。11月8日には満を持して1stアルバム「バレーボウイズ」をリリース。2018年、「卒業/ひがしのまち」をカセットテープ&7inchレコードにてリリース。5月にはリリースパーティーを藤原ヒロシ、キイチビール&ザ・ホーリーティッツを迎えて渋谷WWWにて開催。8月には初ワンマンツアー決定!いよいよバレーボウイズの夏がやって来る!

永井聖一(ながい せいいち)

1983年生まれ、東京都出身。相対性理論など幅広く活躍。コンポーザーとしてもSMAP、山下智久に楽曲提供したほか、Spangle Call Lilli Line『dreamer』、Chocolat『風邪』などのプロデュースワーク、ムーンライダーズ、Chocolat&Akito、バッファロードーターのリミックス、UNIQLOやキユーピーなどのCM音楽を担当。ギタリストとしても布袋寅泰、FISHMANS+、THE BEATNIKSなど様々なミュージシャンと共演。近作に相対性理論『天声ジングル』など。9月2日(日)東京・EX THEATER ROPPONGIにて相対性理論 最新自主企画ライブ『変数I』を開催。

関連チケット情報

2018年10月6日(土)
MEGA★ROCKS 2018
会場:仙台市内の11会場(宮城県)
2018年10月6日(土)〜10月8日(月)
MINAMI WHEEL 2018
会場:ミナミ・ライブハウス各所(大阪府)
2018年10月8日(月)
This is party!!!
会場:TSUTAYA O-nest(東京都)
2018年10月11日(木)
Gateballers
会場:LIVE HOUSE Pangea(大阪府)
2018年10月26日(金)〜10月28日(日)
ボロフェスタ2018
会場:KBSホール(京都府)
2018年11月4日(日)
Scramble Fes 2018
会場:TSUTAYA O-EAST(東京都)
2018年11月16日(金)
HOLIDAY!vol.2 ~HOLIDAY!RECORDS 4thANNIVERSARY PARTY~
会場:SOCORE FACTORY(大阪府)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年