特集 PR

ZOMBIE-CHANGが明かす、これまでの違和感と突き詰めたい表現

ZOMBIE-CHANGが明かす、これまでの違和感と突き詰めたい表現

ZOMBIE-CHANG『PETIT PETIT PETIT』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:馬込将充 編集:川浦慧
2018/07/05

私の性格上、浮遊感というよりパンチのある感じなので、それを曲にも出したくなったんです。

—ニューアルバム『PETIT PETIT PETIT』の話も聞かせてください。前作はもっと浮遊感に富んでいてサイケデリックなインディーポップという感じだったけど、今作はバンドサウンドが主軸になったことで劇的にエモーショナルになったのが大きなポイントだと思うんですね。

メイリン:そうですね。まず、ドラムとベースを弾いてくれるメンバーと出会えたのが1番大きいです。

—never young beach(以下、ネバヤン)のリズム隊と、もう1人、D.A.N.からベースの(市川)仁也くんがサポートメンバーになって。

メイリン:みんなとはもともと仲がよくて、「やってよ!」って言ったら「いいよ」って言ってくれて。

—なぜバンド編成でやりたいと思うようになったんですか?

メイリン:1人で地方へライブに行ったときに「なんか楽しめないぞ?」と思って。「私もみんなと一緒にご飯を食べたりしたい!」って(笑)。

メイリン

—シンプルに寂しいっていう(笑)。

メイリン:寂しかったですね。バンドの方たちは、楽屋でメンバー同士で「がんばろうぜ」とか話しているじゃないですか。もともとバンドサウンドが好きだったし、バンドを組みたい気持ちもずっとありつつ、でも、正直めんどくさいなと思ってたんです。メンバーとイチから関係性を築くのも難しいし。でも、健ちゃん(never young beachの鈴木健人)や仁也くんとは前から仲がよかったので、一緒にいても居心地がよくて。

メイリン

メイリン

—最初にバンド編成でやったライブはいつですか?

メイリン:去年の夏だったかな? スチャダラパーとネバヤンと私の3マンが代官山UNITであって。そのときに「この対バンに1人じゃ勝てない! どうしよう!」と思って、バンドセットでやってみたのが最初ですね。

—「1人だと勝てない」と思ったんですね。

メイリン:う~ん、そのときはアンニュイな声質というか歌い方をしていたので、そのライブ以前も「この細い声じゃたくさんの人に届かない」とは思っていて。もっとパワフルになりたいと思っていました。

—メイリンさんはもともとパワフルな声も出せますしね。実は声域も広いし。

メイリン:ちょっと悪い言い方をすると、猫をかぶっていたのかもしれないですね。時代的にアンニュイな声やリバービーなボーカルが流行ってる影響もあったと思います。以前は自分のハッキリした声がコンプレックスでもありましたし。

—それは、なぜ?

メイリン:いやぁ、やっぱりかわいらしい声のほうがいいじゃないですか。

—前作まではトラック的にアンニュイな声のほうが合っていたというのもあると思うし。

メイリン:そうなんですよね。シンプルにトラックになじませたかったという思いが強かったですね。ずっとトラック重視の考え方だったので。でも、やっぱりちゃんと曲を届けたいという気持ちが強くなってきたんです。私の性格上、本来は浮遊感というよりパンチのある感じなので、それを曲にも出せたほうがいいと思うようになったんですよね。

—学生時代はパンクをよく聴いていたと言っていましたしね。1年前にバンド編成でライブをやってみて、手応えがあったということですよね。

メイリン:そうなんです。みんなに「元気でいいね!」って言ってもらえて。私もより自分らしいライブができたと思ったし。

—それで、曲作りも「生感」を強く出したいと思った。

メイリン:はい。最初はバンド編成で新曲を作るのは少し不安だったんですけど、メンバーが出してくる音が私の中にはないものだし、それが混ざっていくのが刺激的でラッキーだなと思いました。

—仲間がいてよかったですね。

メイリン:はい、いいとこ取り、つまみ食いみたいな感じです!

—(笑)。これまで、バンドを組んだ経験はないんですか?

メイリン:ないんですよ。中学生くらいになるとよく友だちと「バンド組もうよ!」って盛り上がるじゃないですか。それで1回スタジオに入ったことはあるんですけど、私は人にものを言うのがすごく苦手だったんです。当時、バンドを組もうとしていた子が下手で。その子に対して「そのベースはヒドいよ」とか言えなかったんですよね。それで「バンドは無理だ」と思って。

—メイリンさんは女性メンバーだけのバンドを組んだらすごく似合いそうだけど、その実、合ってないという。

メイリン:メンバーが女性だと、傷つけてしまうんじゃないかと不安になるんですよね。男性だと身体がデカいし頑丈そうだから強めに言えるんですけど(笑)。私が女性だからそう思うのかもしれないですね。

—今後も男性メンバーと一緒にやりたいですか?

メイリン:いや、いい出会いがあれば性別とか関係なく一緒にやりたいです。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

ZOMBIE-CHANG『PETIT PETIT PETIT』
ZOMBIE-CHANG
『PETIT PETIT PETIT』(CD)

2018年7月4日(水)発売
価格2,160円(税込)
ROMAN-016

1. レモネード
2. イジワルばかりしないで
3. ときどき、わからなくなるの
4. モナリザ
5. 愛のせいで
6. WE SHOULD KISS
7. なんかムカツク
8. オニオンスライス

イベント情報

『ZOMBIE-CHANG「PETIT PETIT PETIT」Release Tour』

2018年8月25日(土)
会場:福岡県 福岡 Kieth Flack

2018年9月17日(月・祝)
会場:大阪府 南堀江 socore factory

2018年9月22日(土)
会場:東京都 渋谷 WWW

プロフィール

ZOMBIE-CHANG
ZOMBIE-CHANG(ぞんびーちゃんぐ)

メイリンのソロプロジェクト。作詞作曲、トラック、リリック全てを彼女が手掛け、2016年に配信「恋のバカンスE.P.」でデビュー。その後、1stアルバム『ZOMBIE-CHANGE』をリリース。2017年3月には2nd アルバム『GANG!』をリリースし、リリースパーティーを青山のPIZZA SLICEで開催。また、SUMMER SONIC 2017、WORLD HAPPINESS、コヤブソニックなどのフェス出演や、TAICOCLUB主催のサンリオ43周年パーティー、sacaiとUNDERCOVERによるPartyへのライブ出演など、活動範囲は多岐に渡る。2018年からは3ピースバンド体制で始動。音楽プロジェクト以外にも、執筆業、ラジオMCなどとしても活動。ジャンルに捉われないオリジナリティ溢れる音楽性と、独自の世界観を放つライブ・パフォーマンスは中毒性が高く、今最も注目される女性アーティストのひとり。

関連チケット情報

2018年9月22日(土)
ZOMBIE-CHANG
会場:Shibuya WWW(東京都)
2018年12月23日(日)
ヒカシュー
会場:UNIT(東京都)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く