特集 PR

ベランパレードが歌で救おうとする、痛々しくて苦しい過去の自分

ベランパレードが歌で救おうとする、痛々しくて苦しい過去の自分

Eggs
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:鈴木渉 編集:石澤萌、川浦慧

物事を客観視しすぎていて、すごく遠いところから見ている感じが歌にも出ている。(ゆりえ)

—ベランパレードの曲は、あびさんが作詞作曲を担当されているんですよね。メンバーのみなさんから見て、あびさんはどんな人ですか?

Kota(Gt):彼が作った曲を聴くと、温かいものを感じるなぁとは思います。今回の音源も、音楽的なベクトルとしてはソリッドなロックにいきたいと思っていたんですけど、あびの歌が入ると温かくなる。

……あと、良くも悪くも変態、というか(笑)。音楽に対しては真摯で真っ直ぐだけど、女の子のかかとが固いほうがグッとくるとか……気持ち悪くないですか?(笑)

Kota Kamimura
Kota Kamimura

ゆりえ(Ba):あびは優しいけど、すごく冷たいところもあると思います。優しい言葉をかけてくれるけど、物事を客観視しすぎていて、すごく遠いところから見ている。その感じが歌にも出ているなって思うんですよね。そういうところは、もっと人間になってほしいんですけど……。

あび:ははははは(笑)。

ゆりえ:喋ると面白いですけどね。「嘘つけ!」って思うこともあるし(笑)。でも、優しく見えるところはいいなって思います。

ゆりえちゃん
ゆりえちゃん

—あびさんはすごく冷静に分析された上で受け止められていますね。ベランパレードはどのようにして結成されたのでしょう?

あび:そもそも、僕以外の3人は別の宮崎のスター的なバンドをやっていたんです。当時、宮崎は英語詞のメロコアバンドが多かったんですけど、3人がやっていたバンドは異端児的な存在で、ボーカルがライブ中に突然泣いたりキレたりする過激なバンドだったんです。どこか宗教的な感じもあって、僕は「これがロックだ!」と思って、ライブに通ったり、みんなのブログを読んだりしていました。

—完全に3人のファンだったんですね。

あび:最初はただの追っかけだったんですけど、僕も真似するように別のバンドを始めて。両方のバンドが解散したあと、3人はもうバンドをしない感じになっていたんですけど、「もったいないなぁ」と思って、まずはモッコリを「バンドしない?」って誘ったんです。そこから、最終的にこの4人が揃いました。

—ということは、あびさんは憧れのバンドのメンバーのフロントに立っているんですね。

あび:やってやった感はあります(笑)。前のバンドの頃は、モッコリが先輩風吹かせて「今日のお前らのライブ、クソだったな」とか言ってたんですけど、今は僕がモッコリに「お前、今日あそこのドラム、ミスったな」とか言っているので(笑)。

モッコリ(Dr):(苦笑)。……確かに前のバンドの頃は、僕が一番あびに小言を言っていたんですけど、バンドの解散後にあびが弾き語りのライブをするようになって。それを観てから、「お、いいじゃん」って思うことが増えたんですよね。

モッコリ
モッコリ

—モッコリさんから見て、あびさんの作る曲にはどういった魅力があると思いますか?

モッコリ:あびは、歌詞であまり直接的な表現を使わないんですよね。屈折した愛というか、まわりまわった愛というか……そういうものを、あびの作る曲からは感じます。

屈折しているからこその真剣さが、滑稽に映るときもあれば、すごく切なく映るときもある。「あぁ、これが歌だわ」って思ったんです。(あび)

—「屈折」というのは、ご自身では意識される部分ですか?

あび:意識していますね。歌って、角度だと思うんですよ。「なにを歌うか?」より、「どう歌うか?」のほうが大事で。たとえば「この先に希望があるよ」というニュアンスのことを歌うために、「明けない夜はない」っていう言い方をしたり、いろんなフレーズを使うじゃないですか。

—なるほど。

あび:だから極端な話、僕にしか生み出せない角度で歌えないと、僕が歌を書く意味はないんですよね。歌詞を書くとき、自分に対してめちゃくちゃNGを出すんです。「こんなに普通のことしか書けないのか?」って、自分のワードセンスのなさに絶望することも多くて。

いつも「どの角度だったら面白いのか?」とか「どの角度だったらロックバンドの歌詞として粋なのか?」とか、そういうことばかり考えているから、屈折しちゃうんでしょうね。

左から:歌王子あび、ゆりえちゃん

—つまり「意味」より「形式」が重要だということですよね。それは、歌だけでなく、さまざまな芸術に当てはまるひとつの真理だと僕は思うんです。それを、ここまで確信を持って語ってくださったことに感動しました。

あび:いやぁ……僕、短歌が好きなんです。短歌って、角度がすごいなって思うんですよ。言葉の可能性をすごく感じるし、短い言葉の中に大きな広がりを感じたりするんですよね。読むだけで、風の匂いを感じたりできる。

それは、「伝えたいこと」や「言いたいこと」の内容じゃなくて、「伝えたい」という心持ちのほうをピックアップしているからなのかもなって思うんですよね。「俺も同じことを考えていた」って共感して感動するんじゃなくて、人がなにかを伝えたいと思っている心の状態を、ちょっとでもいいから感じることができれば、その一言でめちゃくちゃ泣けたりする。僕は、そういうものを探しているんだと思います。

—短歌は昔から好きなんですか?

あび:短歌を読み始めたのは2~3年前ですね。本が好きなんですけど、偶然手に取ったのが穂村弘さん(日本の歌人。歌集『シンジケート』などを出版している)の本でした。「こんなに屈折している人がいるんだ!」と思ったのと同時に、その奥にある眼差しの真っ直ぐさを感じたんです。屈折しているからこその真剣さが、滑稽に映るときもあれば、すごく切なく映るときもあって、「あぁ、これが歌だわ」って思ったんですよね。

歌王子あび

あび:あと、歌詞のルーツとして根強いのは母親のたんすに並んでいた銀色夏生さん(宮崎県出身の女性詩人、随筆家、作詞家)の文庫本もあると思います。子供の頃からなにも考えずに読んでいたけど、音楽を始めてから言葉遣いのすごさに気づくことも多くて「こんなにすごい人だったんだ!」って思いました。

Page 2
前へ 次へ

アプリ情報

『Eggs』
『Eggs』

アーティストが自身の楽曲やプロフィール、活動情報、ライブ映像などを自由に登録・公開し、また、リスナーも登録された楽曲を聴き、プレビューや「いいね」等を行うことができる、アーティストとリスナーをつなぐ新しい音楽の無料プラットフォーム。登録アーティストの楽曲視聴や情報は、「Eggsアプリ」(無料)をダウンロードすると、いつでもお手もとでお楽しみいただけます。
料金:無料

推奨環境:iOS8.2以上(iPhone、iPad および iPod touch)、Android 4.3以上

リリース情報

ベランパレード『スクラップ イン マイ ルーム』
ベランパレード
『スクラップ イン マイ ルーム』

2018年9月19日(水)発売
価格:1,944円(税込)
Lucky-1006︎

1. スクラップ イン マイ ルーム
2. アイスクリーム
3. ラブレターフロム
4. わたしを海につれてって
5. 風邪のビリア
6. BOYS
7. パン

イベント情報

『「スクラップ イン マイ ルーム」リリースツアー」

2019年9月30日(日)
会場:宮崎県 SoundGarageMONSTER

2018年10月17日(水)
会場:大阪府 Live House Pangea

2018年10月26日(金)
会場:福岡県 UTERO

2018年11月17日(土)
会場:東京都 Shinjuku Live House Marble

プロフィール情報

ベランパレード
ベランパレード

2013年、夏。宮崎在住の4人が組んだロックバンド。ハッピーなのにどこか胸がギュッとなるメロディ。誰の何も分からなくなる位に、目一杯で表情豊かに歌われる言葉たち。あの日のべランダから見た景色は僕たちをどこへ連れて行ってくれるんだろう。『本当のことも嘘もごちゃまぜでそれでも笑う君と。僕は恋をしていた。』

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら