特集 PR

阿部芙蓉美インタビュー 伝えたい想いより、作品の手触りが大事

阿部芙蓉美インタビュー 伝えたい想いより、作品の手触りが大事

阿部芙蓉美『Heart of Gold / ごみ溜めのバラード』
インタビュー・テキスト
村尾泰郎
撮影:前田立 編集:山元翔一

あれこれ音を重ねるより、本当に必要な音だけで曲を作りたいと思うようになった

—曲を作るようになったのはいつごろからですか?

阿部:北海道の高校を卒業したあと、音楽の仕事がしたくて東京の音楽専門学校に進学したんです。そこで歌を歌ってみたんですけど、ぱっとしなくて「スタッフコースに移ろうかな……」とモヤモヤしていたころに、授業で関わった作曲家の谷本新さんが私の歌を聴いて「いいじゃん」って言ってくれて。

「自分で書いた歌詞とか曲はないの?」って訊かれて「歌詞っぽいものならあります」って、歌詞ごっこで書いたものを見せたら褒めてくれたんです。「これで曲を書けば?」って言われて、「えっ? これでいいんだ」って驚きました。

2006年発表の配信限定シングル

—それまで、自分で書いてきた「歌詞っぽいもの」を曲にしようとは思ってなかった?

阿部:全然。思いつきもしませんでした。こそこそとやっていたものだから、それを発表するなんて考えもしなかったんです。でも、面白いと言ってもらえたので、「じゃあ、やってみようかな」と思うようになって。

そこから2人で曲を作リ始めたんです。2007年にメジャーデビューするんですけど、最初のころは、谷本さんの影響が大きかったですね。

—デビューしてから10年以上経ちますが、最近ではデビュー時に比べると音数が削ぎ落されて、ミニマルなサウンドになっていますね。それは自然な変化だったのでしょうか。

阿部:あれこれ音を重ねるより、本当に必要な音だけで曲を作りたいと思うようになったんです。あと、洋楽を聴くと英語の響きって、日本語と全然違うじゃないですか。英語の響きの心地よさやリズム感といったものに憧れたとき、音数を減らすことが効果的なんじゃないかと思ったんです。

阿部芙蓉美
阿部芙蓉美『ABEFUYUMI EP』(2014年)を聴く(Apple Musicはこちら

基本的に書きたいことやメッセージはないんです。

—4年振りの新作となった7インチシングル『Heart of Gold / ごみ溜めのバラード』も必要最小限の音数で、繊細に作り込まれています。トラックを担当しているのは、付き合いが長いDadaDのSHIGEKUNIさん。

阿部:彼のことは100%信頼しています。音楽に対する考え方とか、自分自身と音楽との関係性が似ているんですよね。音数を減らしていく作業も彼から影響を受けているところがあります。

いつも、彼に曲のイメージを伝えて、やりとりを重ねて作っていくんですけど、今回の曲はライブを一緒にやっている東川亜希子さんにも参加してもらったので、3人でいろいろ話をしながら作っていきました。

—“Heart of Gold”は、最近ライブでよく歌っているそうですね。

阿部:“Heart of Gold”は去年からやっているマンスリーライブで毎回歌っています。何気なく作った曲なんですけど、「優しい感じの曲にしようかな」と思って、メロディーに沿って言葉を埋めていきました。

—それで「太陽」とか「温もり」とか、そういった穏やかな言葉を?

阿部:そうです。基本的に、私にはメッセージとか書きたいことって特にないんです。まず、メロディーありき。歌詞は歌うための言葉だと思っていて、「このメロディーを活かすための言葉は何だろう」って考えるんです。あとは全体の構成とかバランスを見て、引っかかるところがあったら、そこを変えていく。そうすることで、曲の内容が変わったりもするんですよね。

—歌詞の内容より、メロディーを活かす言葉の響きが大切なんですね。“ごみ溜めのバラード”は、どういったイメージで作られた曲なのでしょうか。

阿部:家をすごく綺麗にしている人と、そうでない人っているじゃないですか。その人っぽさって家や部屋に出るから、そんなようなテーマが面白いと思って作った曲です。

—たしかに部屋に行くと、その人の素顔が垣間見える気がしますね。何を大切にしているかもわかるし。

阿部:そうそう。別に綺麗でも汚くてもどちらでもよくて。この曲に関しては、どちらかというと相手の散らかった部屋に愛着をもったパターンです。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

阿部芙蓉美『Heart of Gold / ごみ溜めのバラード』
阿部芙蓉美
『Heart of Gold / ごみ溜めのバラード』(7inch)

2018年11月10日(土)、11月11日(日)よりNEWTOWN先行販売
価格:1,620円(税込)
ALPC-0002

[Side A]
1. Heart of Gold
[Side B]
1. ごみ溜めのバラード

イベント情報

『NEWTOWNジャム・コンサート』
『NEWTOWNジャム・コンサート』

日程:2018年11月10日(土)、11月11日(日)
会場:東京都 多摩センター デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ(旧 八王子市立三本松小学校)
出演(五十音順):
[10日]
阿部芙蓉美
おとぎ話
キイチビール&ザ・ホーリーティッツ
クレモンティーヌ
柴田聡子
寺尾紗穂
七尾旅人
ロロ×EMC
[11日]
カネコアヤノ
折坂悠太(合奏)
曽我部恵一
betcover!!
Homecomings
眉村ちあき
ROTH BART BARON

プロフィール

阿部芙蓉美
阿部芙蓉美(あべ ふゆみ)

シンガーソングライター。2007年にメジャーデビュー以降、発表する作品が数多くのCMソングや映画の主題歌に起用される。近年は都内を中心とするライブ活動、CMや他アーティストへの楽曲提供、ナレーションなども行なっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」