特集 PR

映画主題歌に抜擢されたNo titleが、デビューからの1年を振り返る

映画主題歌に抜擢されたNo titleが、デビューからの1年を振り返る

LINE RECORDS
インタビュー・テキスト
飯嶋藍子
撮影:鈴木渉 編集:川浦慧

私は、進路が別々になっても3人でやっていきたいし、できるかなと思っています。(ほのか)

—今回のように歌詞の新たな書き方を覚えると、今まで書けなかったことも表現できるようになるでしょうし、自分らしいオリジナリティーのある歌詞っていうところにも着実に近づいていけそうですね。歌詞もそうですが、ほのかさんが映画『愛唄 -約束のナクヒト-』(2019年1月公開)の主題歌で、GReeeNの楽曲のボーカリストを務めたのも新たな試みですよね。

ほのか:GReeeeNさんが「透明感のある女性ボーカルが必要」ということで、私を選んでくださったと聞いています。歌うことが決まってすぐにレコーディングがあったので、実際に映像と歌を合わせてみるまでは全然実感がなくて(笑)。映像と一緒に見て初めてじわじわ実感した感じです。

—自分の歌声と映像が合わさった時、どんな気持ちでした?

ほのか:驚きました。「これ私なんだ! えー!」って今もどこかで思っています(笑)。映画の主題歌なんてめったにできないお話だと思いますし、すごく光栄です。

—あんべさんとポチさんは、近くでほのかさんを見ていてどう思いました?

あんべ:今まではずっと地元とかの小さな場所でライブをしてきましたけど、映画になるといきなり規模が全国になるから驚いています。公開が楽しみです。

ポチ:突然、映画の主題歌を歌うとなって、「急に大きくなった!」って。だから、近くで見ていても気持ちが追いついていないんですよね。

—じゃあ、3人とも今現実に起こっていることと、それに伴う気持ちにちょっとギャップがある状態?

ほのか:そうですね。「わあ! エンドロールに名前がついてる!」みたいな(笑)。

—なるほど(笑)。今3人は高校2年生ということで、そろそろ進路についても考え始める時期ですよね。みなさんは高校を卒業した後の自分たちを、どんな風に考えていますか?

ほのか:私は、進路が別々になっても3人でやっていきたいし、できるかなと思っています。2人にはあんまり聞いたことないですけど(笑)。

ポチ:僕も、続けていきたいと思っています。

あんべ:うん、続けていきたいです。

ほのか:よかった(笑)。

左から:あんべ、ほのか、ポチ
Page 4
前へ

リリース情報

No title『ねがいごと』
No title
『ねがいごと』

2018年11月14日(水)配信

作品情報

『愛唄 ―約束のナクヒト―』

2019年1月25日(金)から全国公開

監督:川村泰祐
脚本:GReeeeNと清水匡
主題歌:GReeeeN“約束 × No title”
出演:
横浜流星
清原果耶
飯島寛騎
成海璃子
財前直見
富田靖子
中山美穂
中村ゆり
野間口徹
西銘駿
奥野瑛太
配給:東映

プロフィール

No title
No title(のー たいとる)

リーダーのあんべ(Gt)、ほのか(Vo&Gt)、ポチ(Piano)の3人からなる、青森県三沢市出身の現役高校生バンド。2017年、LINE社主催の「LINEオーディション2017」で「総合グランプリ」を獲得。2018年1月、LINEの音楽レーベル「LINE RECORDS」より「rain stops, good-bye」でデビューし、LINE MUSIC最高6位を獲得。同MVはYouTubeで120万回再生突破。また6月リリースの初となるオリジナル曲「超えて」は、自身で作詞作曲を行い、LINE MUSIC最高9位を獲得、MVはYouTubeで115万回再生突破。また同曲は、青森出身のメンバーとゆかりのある、青森朝日放送「めざせ甲子園2018」のテーマソングになり、ほのかは「5代目ABA高校野球イメージガール」にも就任。2曲共に、プロデュースはGReeeeN等を手がける音楽プロデューサーJINが担当。2019年1月25日公開の映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』では、GReeeeNが歌う主題歌「約束 × No title」にも抜擢! GReeeeNが初の脚本となる本作では、楽曲制作過程において、必要不可欠だったのが歌い出しの女性ボーカル。透明感のある「声」を探し求め、No titleの起用を決定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』 1

    BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』

  2. 高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真 2

    高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真

  3. 長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ 3

    長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ

  4. 女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告 4

    女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告

  5. スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」 5

    スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

  6. 舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演 6

    舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演

  7. トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成 7

    トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成

  8. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 8

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  9. 21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者 9

    21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者

  10. カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密 10

    カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密