特集 PR

alcottが語る、カツセマサヒコらと作った「愛」にまつわる結晶

alcottが語る、カツセマサヒコらと作った「愛」にまつわる結晶

alcott『あまのじゃくし』
インタビュー・テキスト
沖さやこ
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
2018/12/04

求められる幸せもあるので、踏み込んでみようと思ったんですよね。(小浦)

—『あまのじゃくし』は様々な人々のラブソングが収録されています。ラブソングの歴史は何千年とあって、今も世の中にはラブソングが生まれ続けていますが、「聴いてくれる人のなにかのきっかけになれば」と言う貴田さんがラブソングを書く理由とは?

貴田:「愛情」や「好き嫌い」という感情は生きているうえで避けられないものだと思うんです。だからこそ歌を作る以上避けられないものでもあるし、いずれしっかり向き合わないといけない時期が来るだろうなとはずっと思っていて。

だからこそ『あまのじゃくし』は特に自分を露わにした表現ができたらなと思って、「alcottってどんなバンドやねん?」「貴田宰司ってなに考えてんねん?」と自分のなかにダイブしていきました。

左から:谷里志、貴田宰司、内田将之、小浦哲郎
左から:谷里志、貴田宰司、内田将之、小浦哲郎

—貴田さんはよく歌詞に「あたし」という第一人称を使いますよね。なぜ「わたし」や「私」ではなく「あたし」なのでしょうか。

貴田:僕が強い人間じゃなくて、不器用だからですね。「あたし」には繊細さを感じる、臆病な女性というイメージがあるので、「あたし」を使ったほうが自分らしく歌えるところがあって。

内田:貴田さん、恋愛対象は男性ですか?

内田将之
内田将之

貴田:男性やと思われることが多々増えてきていますが、女性です(笑)。いろんなテーマがあるように見えるかもしれへんけど、歌詞を書くうえでは「自分がこの立場やったらどうするやろ?」と思ったことが指針になっていると思います。ラブソングに特化した作品であり、そのうえでちゃんとロックバンドである楽曲が11曲揃ったなと。

—そうですね。そのうえでalcottはロックバンドのセオリーにとらわれず、様々なサウンドアプローチを展開しているところも特徴的だと思います。

内田:僕はそれぞれの歌詞の世界観を最も表現できるアレンジを考えていますね。

小浦(Dr):自分はそこまで歌詞にフィーチャーしてドラムをつけていないかも。そこに特化しすぎると宰司の純度が高くなりすぎて、「alcott」ではなく「貴田宰司」になってしまうから。

谷(Ba,Cho):宰司が弾き語りで持ってきたものをバンドアレンジにしていくんですけど、『あまのじゃくし』の制作は「メンバーはこういうベースが欲しいやろな」「俺はこういうことが求められてるんかな?」「こういうことをチャレンジしたいな」というアイデアがいろいろと浮かんできて。それは4人のいろんな感覚が共有されているからやと思います。昔は宰司のデモと完成形がかけ離れてたけど、『あまのじゃくし』は宰司のデモの雰囲気を残したままバンドで広げられた感覚がありますね。バンドとして今がいちばんいい状態なのかなと思っています。

谷里志
谷里志

—「いい状態」というのはサポートドラマーの小浦さんが正式加入したことも、大きな要因なのでは?

貴田:本当にそうですね。(小浦)哲郎さんは2年前の今頃からサポートに入ってくれていたんですけど、「そろそろ正式加入してもいいんじゃない?」と持ち掛けるたびに「いやー……ちょっとアレなんちゃうかなあ?」とフラれ続けていて(笑)。

小浦:(笑)。サポートで叩いている距離感が好きやったんです。3人は超仲がよくて、近い関係だと言いにくいこともあるのに、ムカついたことには「今のそれムカつくんやけど」とちゃんと言えるし、その瞬間に話し合おうとする。それはすごいことだと思っていたんです。その3人を遠巻きに見ているのが好きやったから、このままでいけたらいいな~……と思ってたんですけど(笑)。

小浦哲郎
小浦哲郎

内田:哲郎さんはツンデレなんですよ(笑)。

小浦:『あまのじゃくし』を出すタイミングで、ちゃんと目を見て「正式メンバーとして加入して欲しいです」と言われて、入るならここかなと思ったし、断るのも野暮やなと。求められる幸せもあるので、踏み込んでみようと思ったんですよね。

貴田:哲郎さんはまったく違う角度からアイデアをくれるし、年齢も上なので、「こういう見方もあるんじゃない?」と導いてくれる。僕ら3人はそれに救われていますし、なくてはならない存在ですね。哲郎さんが加入してみんなに責任感が生まれ、たぶん、音から、作る曲から、alcottが少し変わった、よくなったと思います。

内田:うん。いい影響しか出ていない。哲郎さんは演奏技術があるし、ライブでも僕らの後ろにいてくれるから、最強のゴールキーパーがいる感覚なんです。だからこそ心強いし、僕ら3人が安心して攻められますね。ステージに立っているときの感覚が全然違います。哲郎さんのほうを見ると楽しそうに叩いてて「あんな難しいのよう平気な顔して叩いてんな~」と思ってます(笑)。

左から:谷里志、貴田宰司、内田将之、小浦哲郎
左から:谷里志、貴田宰司、内田将之、小浦哲郎
Page 2
前へ 次へ

リリース情報

alcott『あまのじゃくし』
alcott
『あまのじゃくし』(CD)

2018年11月14日(水)発売
価格:2,484円(税込)
LNCM-1271

1. スーパーノヴァ
2. つがいの蝶
3. ドールポップ
4. 告白記
5. 春へ
6. あまのじゃくし
7. 与太郎
8. またたび
9. 予報外れのラブソング
10. FUN
11. 小火

イベント情報

『alcott “あまのじゃくし” ツンデレラ・ストーリー TOUR 2018』

2018年12月1日(土)
会場:石川県 金沢 AZ

2018年12月7日(金)
会場:宮城県 仙台 MACANA

2018年12月14日(金)
会場:福岡県 Queblick

2018年12月16日(日)
会場:愛知県 名古屋アポロベイス

2018年12月18日(火)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-Crest

2018年12月20日(木)
会場:大阪府 心斎橋 Music Club JANUS

プロフィール

alcott
alcott(あるこっと)

2010年8月結成。神戸出身のロックバンド。全てのソングライティングを担うVo&Gt貴田宰司の冒頭から結びまで丁寧に綴る歌詞とメロディーは、年齢や性別を問わず多くのリスナーの支持を受け、過去多数のタイアップを獲得。アーティストやアイドルなどの著名人もオススメバンドにalcottの名前を挙げるなど、リスナーだけでなく業界関係者にも絶大な支持を誇る。地元神戸で毎年開催する自主企画のサーキットイベント『BUTAFES』は年々規模を拡大し、昨年は1000人SOLD OUT。2017年5月にリリースした初の全国流通アルバム『YELL』は収録曲「さくらの麓」が全国FM13局のパワープレイを獲得!!好セールスを記録し話題に。そして、2018年「代々木ゼミナール」のCMソングに書き下ろしにて楽曲提供した「スーパーノヴァ」が決定。TVCMが全国で多数オンエアされるさらには3月から4か月連続で恋愛をテーマに制作した楽曲を配信リリース。「LOVE LETTERS」と題し、ありそうでなかった楽曲×小説×ドラマがコラボラレーションしたプロジェクトを立ち上げる。人気ライターのカツセマサヒコや森崎ウィンなど豪華キャストを起用し各所で話題に。自身初となる東京、大阪ワンマンも大成功に終え、サポートドラマーの小浦哲郎が正式メンバーとして加入、4人体制になり、満を持してMastard Recordsからアルバム『あまのじゃくし』をリリース。

関連チケット情報

2019年9月29日(日)
7秒とロック
会場:下北沢ライブハウス4店舗同時開催(その他)
2019年10月12日(土)〜10月14日(月)
FM802 30PARTY MINAMI WHEEL 2019
会場:アメ村ライブハウス一帯(大阪府)
2019年10月19日(土)
JOKAFES2019~福山城下音楽祭~<リストバンド引換券>
会場:福山城下複数会場(広島県)
2019年11月13日(水)
アイビーカラー
会場:KYOTO MUSE(京都府)
2019年11月23日(土)
BUTAFES 2019
会場:神戸のライブハウス6会場(兵庫県)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表