特集 PR

ドミコが語る、「理由」や「仕組み」を知ることのつまらなさ

ドミコが語る、「理由」や「仕組み」を知ることのつまらなさ

ドミコ『Nice Body?』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:馬込将充 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
2019/02/06

ライブをやっていると、たまに「これ、なにが面白いんだろう?」とか思うんですよね。

—「無意識的に作っている」といっても、恐らく、その時々のご自身のなかの音楽的な趣向性やブームってあると思うんですけど、サウンド面でいうと、ご自身のどんなモードが今作には反映されていると思いますか?

さかした:重く、力強い感じにしたいなって思いましたね。今までになく、暴力的な感じで。

ドミコ『Nice Body?』ジャケット
ドミコ『Nice Body?』ジャケット(Amazonで見る

—1曲目の“ペーパーロールスター”を皮切りに、アルバム序盤は特にそうですよね。

さかした:前回のアルバムを出してから、ライブで演奏していくうちに、「もっと重たい音を表現できる曲がほしいな」って思ったんですよね。

これまでは家で、ひとりで作っているものから生まれることが多かったんですけど、今回は実際のライブみたいな、リアルな世界を反映してサウンドの方向性が決まっていったような気がします。そういうことだけは、頭のなかにありました。

ドミコ“ペーパーロールスター”(Apple Musicはこちら

さかしたひかる

—ライブ活動を始めてから、ライブで体感する喜びの質が変わってきたりもしていますか?

さかした:いや……実際にお金をとって人前で演奏している人間がこんなことを言っちゃいけないのかもしれないけど、ライブをやっていると、たまに「これ、なにが面白いんだろう?」とか思うんですよね。ライブに関しては、自分でもなにが楽しくてなにが面白くないのかわかってない。

まぁ、そういうところも含めて面白いというか。毎回「楽しい」と思える瞬間が違うんでしょうね。その時その時でなにか楽しいことがあれば、それでいいなっていう感じです。

—アルバムの最後に収録されている“ベッドルーム・シェイク・サマー”は、チルなサイケデリックソングといった感じだし、8曲目“あたしぐらいは”はDirty Projectorsの近作にも通じるような、フォークもR&Bもない交ぜになったメロウネスが心地よくて。こうした後半の曲は、ヘビーな序盤とはまた質感が異なりますよね。

さかした:“ベッドルーム・シェイク・サマー”は、このアルバムの制作のなかで最初に録った曲なんです。その時は、宅録でいつも通り作っていて。

ドミコって、僕ひとりで作っていた時代もあったんですよ。『soo coo?』よりもさらに前の本当に初期、自主制作盤の頃なんですけど。当時はとにかく空間的な音が好きで、リバーブが深ければ深いほどいい、みたいな感じだったんですよね(笑)。ポストロックとかシューゲイザーが大好きで、やみくもにリバーブをかけていた時期だったんですけど、「あの感じ、今ならもっと上手くやれそうだな」と思って、“ベッドルーム・シェイク・サマー”はできました。

—今回の作品は「自分自身」や自分の「体」に向き合ったと仰っていましたけど、“ベッドルーム・シェイク・サマー”は、その出発点としてご自身の原点に向き合った、という側面もあるのでしょうか?

さかした:いや、そういうことはまったく考えていなくて。ただ思い返すと、初期の頃はシューゲイザーとかポストロックがめちゃくちゃ好きだったんですけど、『soo coo?』を出す頃には、逆に、その辺の音楽が大嫌いになっていたんですよ。

—なぜですか?

さかした:単純に、ハッとしたんですよね。「こうすれば、みんな同じように聴こえるんだな」みたいな……そういうことに気づいて、すげぇ退屈になっちゃって。それこそ、音楽を紐解いちゃったんだと思うんですけど、冷めちゃったんです。「なんて単純でアホらしい音楽なんだろう」って。

そこから、ジョニ・ミッチェルとかキャロル・キング、ニール・ヤングみたいな、昔のシンガーソングライター系を聴くようになったりして。でも、今になってそういうシューゲイザー的なテイストの曲を改めて自分が作っているのは、滑稽で面白いなって思います。最終的にこうやって完成すると、懐かしさよりも「新しいものができたな」っていう気持ちもあるし。

—前回の取材(インタビュー記事)の最後のほうで、「さかしたひかるは幽霊っぽい」という話が出ていたんですけど、今回の作品の歌詞を読んでいくと、幽霊視点の物語のようにも思えたんですよね。

さかした:えぇ? そうなんですかね? 自分ではまったく意識していなかったです。

—でも、“My Body is Dead”というタイトルの曲もあるじゃないですか。

さかした:いや、その曲も生きているんですよ。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

ドミコ
『Nice Body?』
ドミコ
『Nice Body?』

2019年2月6日(水)発売
価格:2,500円(税込)
RED-0012

1. ペーパーロールスター
2. さらわれたい
3. My Body is Dead
4. 裸の王様
5. 服をかして
6. わからない
7. アーノルド・フランク&ブラウニー
8. あたしぐらいは
9. マイダーリン
10. ベッドルーム・シェイク・サマー

  • Apple Musicで聴く
  • イベント情報

    『Nice Body Tour?』

    2019年2月15日(金)
    会場:埼玉県 北浦和 KYARA

    2019年2月23日(土)
    会場:静岡県 浜松 FORCE

    2019年3月2日(土)
    会場:福岡県 the voodoo lounge

    2019年3月3日(日)
    会場:宮崎県 SR BOX

    2019年3月9日(土)
    会場:広島県 BACK BEAT

    2019年3月10日(日)
    会場:愛知県 名古屋 CLUB UPSET

    2019年3月16日(土)
    会場:北海道 札幌 KRAPS HALL

    2019年3月20日(水)
    会場:宮城県 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd

    2019年3月24日(日)
    会場:大阪府 umeda TRAD

    2019年3月29日(金)
    会場:新潟県 CLUB RIVERST

    2019年3月30日(土)
    会場:石川県 金沢 GOLD CREEK

    2019年4月6日(土)
    会場:岡山県 ペパーランド

    2019年4月7日(日)
    会場:香川県 高松 TOONICE

    2019年4月19日(金)
    会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

    2019年5月18日(土)
    会場:沖縄県 那覇 Output

    プロフィール

    ドミコ
    ドミコ

    2011年結成。さかしたひかる(Vo,Gt)と長谷川啓太(Dr)の2人からなる独自性、独創性で他とは一線を画す存在として活動。バンドの音楽性はガレージ、ローファイ、サイケ等多面的に形容される事が多いが、その個性的なサウンドは確実にドミコでしかない。一目で釘づけになる常習性の高いライブに定評がある。2016年11月9日、1stフルアルバム『soo coo?』をリリース。2017年Space Shower TVが年間通して新人アーティストをPUSHする『NEW FORCE 2017』10組に選出される。6月、初の配信限定シングル『くじらの巣』をリリースし、Apple Music『今週のNEW ARTIST』に選ばれる。7月、『FUJI ROCK FESTIVAL'17』に初出演を果たした。10月18日には2ndフルアルバム『hey hey,my my?』をリリース、11月にはバンド初となる中国ツアーを敢行。その前後で全国8か所のワンマンツアー行い各所SOLD OUT。2018年の年明けに日本テレビ系列『バズリズム02』の『これがバズるぞ2018』で5位にランクイン。FM802 DJ、ディレクターによる2018年注目のアーティスト『POP UP!!』に選出。3月JET全国ツアーのゲストアクトを経て、初渡米。『SXSW Japan Nite』出演後、全米6か所を回るツアー無事終了させた。12月には初の台湾公演を開催。2019年2月6日には3rdアルバム『Nice Body?』をリリースし、同作の発売に伴って全国ワンマンツアー『Nice Body Tour?』が開催される。

    SPECIAL PR 特集

    もっと見る

    BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

    もっと見る

    PICKUP VIDEO 動画これだけは

    LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

    10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

    1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

      ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

    2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

      中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

    3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

      セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

    4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

      『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

    5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

      宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

    6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

      フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

    7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

      『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

    8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

      宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

    9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

      細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

    10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

      小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも