特集 PR

松居大悟×石崎ひゅーい×タカハシマイ 生き方は一つだけじゃない

松居大悟×石崎ひゅーい×タカハシマイ 生き方は一つだけじゃない

『みみばしる』
インタビュー・テキスト
川浦慧(CINRA.NET編集部)
撮影:鈴木渉

音楽をやりたかったけど、モデルとしての方が取り上げていただけるようになって。(タカハシ)

—マイさんは、表現の場所を広げていったのは、どんなきっかけがあったんですか?

タカハシ:もともと歌うことが好きで、バンドをやっていたんです。高校を卒業して、音楽をやるために上京しました。そのときに、ファッション誌の方に街で声をかけられて、雑誌に出たのがきっかけでモデルの活動を始めました。

音楽をやりたかったんですけど、モデルとしての方が取り上げていただけるようになっていって。なので、モデルから音楽に挑戦したという感覚ではなかったです。

タカハシマイ
タカハシマイ
松居:モデルから、どうやって音楽にいったの?

タカハシ:当時、雑誌のプロフィール欄に「音楽やってます」みたいな、一言コメントを書けたんですよ。そしたら、それを見たレコード会社の方が「歌を聴いてみたいです」って連絡をくれて。それがきっかけで、いろいろ経て今のバンドにいるという感じです。

石崎:へー! すごい。

—『みみばしる』では、役者にも初挑戦ですよね。

タカハシ:お芝居自体は少しやったことがあるんですけど、長い公演は初めてですね。いつか挑戦してみたいと思っていたので、今回、初めてオーディションを受けて。お稽古が毎日楽しくて、本当にやってよかったと思っています。

演劇や映画は関わる人数が多いし、いろんな感覚を持ってる人がいて、外国に来た気分になれるんです。(石崎)

—逃げとかモテたいとか、案外、何かを始めるきっかけは、そういうエネルギーだったりするものなんですね。いろんな肩書きや居場所があることは、みなさんにとってどんなプラスがありましたか?

松居:僕は、自分が閉じなくなりました。演劇しかやってなかったころは、周りにいる人はみんな演劇しか愛していなかったんですけど、僕は、芸術は全部対等であると思っていて。いろんな表現方法の一つとして演劇がある。ひゅーいやマイさんもきっと、全ての芸術をリスペクトしているんです。だから話が合う。

20代前半で演劇しかやってなかったときは、すごく血の気が多くて、いつも自分を追い込みながら生きていたから、日々疲れていたんです。いろんなことができるようになってからは、いっぱい呼吸ができるようになりました。

松居大悟
松居大悟

—居場所が多いほど、出会う人も増えていきますね。

松居:そうそうそう。

石崎:音楽の現場って、けっこう閉鎖的なんですよ。とくに、僕みたいなシンガーソングライターは一人で作っているし、自分から会いにいかないと人に会えないんです。

でも、演劇とか映画は関わる人数が多いし、作品ごとに人が入れ替わる。そこにはいろんな感覚を持ってる人がいっぱいいて、外国に来たみたいな気分になれるんですよね。それが、さっき言ったようなインプットの感覚なんだと思います。いろんな人に会えるのは、刺激的ですね。

石崎ひゅーい
石崎ひゅーい
タカハシ:自分を出す場所がたくさんあることは、安心感がありますよね。たとえば、バンドだけじゃ出しきれない自分を、モデルやお芝居でなら出せる。たくさんの場所があるって本当に贅沢だなと思います。

松居:オーディションでマイさんがお芝居したとき、「ミュージシャンが芝居やってます」ではなく、めちゃくちゃ誠実に台本を信じてお芝居してくれていたんです。2日前に渡した台本を、全部ちゃんと覚えてきてくれて。今回一緒にやりたいと思った人は、僕たちを信じてくれてると思ったから、僕もこの人を信じたいって思った人ばかりで。

タカハシ:よかったー。じつは、台本をいただいてから14時間くらい練習したんです……。だけど、松居さんにそう言ったら「そんなに練習しないで!」って、ちょっと引かれました(笑)。

タカハシマイ
タカハシマイ
松居:(笑)。舞台は長期間拘束されるし、ギャラもそんなに良いわけではないし、挑戦するってリスクだらけだと思うんですよね。マイさんは本職において、すでにキャリアがあるにもかかわらず、一般参加の人たちと並列で並べられるオーディションを受けてくれて。

そんな中で、台本を真剣に信じて、覚えて、やってくれたのが伝わってきた。ものすごく、境界を越えようとしているって僕は思ったんです。

タカハシ:ありがとうございます。

松居:稽古が始まってから知ったんですけど、すごい思い切りがいいんです、マイさん。恥ずかしがって、できないこともあったりすると思ったら、率先してボケとかも乗っかってくれたり(笑)。頼もしいです。

Page 2
前へ 次へ

イベント情報

XXXXX
『みみばしる』

2019年2月6日(水)~2月17日(日)
会場:東京都 下北沢 本多劇場

2019年2月23日(土)~24日(日)
会場:福岡県 久留米シティプラザ 久留米座

2019年3月1日(金)~3日(日)
会場:大阪府 近鉄アート館

作・演出:松居大悟
音楽監督:石崎ひゅーい
主演:本仮屋ユイカ

『「アイスと雨音」本多劇場 特別上映&トークイベント』

2019年2月12日(火)
会場:東京都 下北沢 本多劇場

プロフィール

松居大悟(まつい だいご)

1985年11月2日生まれ、福岡県出身。ゴジゲン主宰、全作品の作・演出・出演を担う。12年に「アフロ田中」で長編映画初監督。その後「スイートプールサイド」、「私たちのハァハァ」、「アズミ・ハルコは行方不明」など監督作を発表、枠に捉われない作風は国内外から評価が高い。近年は、テレビ東京ドラマ「バイプレイヤーズ」シリーズ、若者たちの1ヶ月間を74分ワンカットで撮った「アイスと雨音」、「君が君で君だ」など。ナビゲーターを務めるJ-WAVE『JUMP OVER』は毎週日曜23時から放送中。

石崎ひゅーい(いしざき ひゅーい)

本名。母親がDavid Bowieのファンで、その息子がZowie(ゾーイ)という名前だったことから、もじって、Huwie(ひゅーい)と名付けた。2012年7月25日にミニアルバム「第三惑星交響曲」でデビュー。感情のままに歌うまっすぐな声と全てのエネルギーを爆発させるライブパフォーマンス。ソロアーティストとしてのスケールを無視する規格外なシンガーソングライター、石崎ひゅーいが出現した。松居大悟監督・蒼井優主演「アズミハルコは行方不明」(2016年)にてスクリーンデビュー。舞台『みみばしる』では音楽監督を務める。

タカハシマイ

バンド「Czecho No Republic」のギター / シンセサイザー / ボーカル担当。2013年に日本コロムビアよりメジャーデビュー。カラフルでポップでファンタジックなサウンドに、男女のボーカル、多重コーラスが織り成す多幸感溢れる楽曲・ステージは必聴必見。テレビ東京『音流~ONRYU~』MC担当。2019年2月からは、松居大悟作・演出、本仮屋ユイカ主演舞台『みみばしる』に出演する。2019年春にCzecho No Republicの新EPリリース決定!5月からは全国10箇所を回る、ワンマンツアー『ツアーオデッセイ~未知との遭遇2019~』を開催。

関連チケット情報

2019年2月23日(土)〜2月24日(日)
舞台「みみばしる」
会場:久留米シティプラザ 久留米座(福岡県)
2019年3月1日(金)〜3月3日(日)
「みみばしる」
会場:近鉄アート館(大阪府)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『さよならくちびる』ショート予告

小松菜奈、門脇麦が出演する映画『さよならくちびる』のショート予告が公開された。「ハルレオ」が解散するという事実が冒頭で明かされ、その後の2人の歌唱シーンが余韻を残す。秦基博、あいみょんがそれぞれ作詞作曲、提供した“さよならくちびる”“たちまち嵐”の2曲も、この予告で聴くことが出来、青春×音楽×映画の新たな可能性を予感させる。劇場で「ハルレオ」の歌声を聴けるのが待ち遠しい。(野々村)

  1. 欅坂46・平手友梨奈がANREALAGEのコンセプト映像に出演、音楽は山口一郎ら 1

    欅坂46・平手友梨奈がANREALAGEのコンセプト映像に出演、音楽は山口一郎ら

  2. 永瀬廉×清原翔『うちの執事が言うことには』主題歌はキンプリ 新予告編も 2

    永瀬廉×清原翔『うちの執事が言うことには』主題歌はキンプリ 新予告編も

  3. 池田エライザ主演『貞子』共演陣に塚本高史、清水尋也ら 新ビジュアルも 3

    池田エライザ主演『貞子』共演陣に塚本高史、清水尋也ら 新ビジュアルも

  4. 世界に知られるマニアの街・中野。ディープな専門店が集うワケ 4

    世界に知られるマニアの街・中野。ディープな専門店が集うワケ

  5. ジャニーズ初のバーチャルアイドルがデビュー、藤原丈一郎&大橋和也を起用 5

    ジャニーズ初のバーチャルアイドルがデビュー、藤原丈一郎&大橋和也を起用

  6. NHK朝ドラ『なつぞら』主題歌はスピッツの新曲“優しいあの子” 6

    NHK朝ドラ『なつぞら』主題歌はスピッツの新曲“優しいあの子”

  7. 岡村靖幸の映像作品『マキャベリン』デラックス版CM公開 「12ヶ月靖幸。」 7

    岡村靖幸の映像作品『マキャベリン』デラックス版CM公開 「12ヶ月靖幸。」

  8. 星野源主演の映画『引っ越し大名!』に及川光博、濱田岳、松重豊ら出演 8

    星野源主演の映画『引っ越し大名!』に及川光博、濱田岳、松重豊ら出演

  9. ソフトバンクCM「ギガ国物語」シリーズ新作、岡田准一が家族愛を叫ぶ 9

    ソフトバンクCM「ギガ国物語」シリーズ新作、岡田准一が家族愛を叫ぶ

  10. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 10

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察