特集 PR

Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

Dizzy Sunfist『STRONGER』
インタビュー・テキスト・編集
矢島大地(CINRA.NET)
撮影:関信行
2019/06/06

「夢は死なへん」って歌うのも、「最強になろう」って歌うのも、結局は、諦めてしまいそうになる自分と闘うことやと思う。

―今のお話を聞いていると、状況が加速してライブの規模も上がってきているからこそ、Dizzy Sunfistにとって「鳴らしたいこと」と「必要なこと」の間で悩むようになったということですよね。そこで計算し過ぎても、なにより自分が気持ちよくなかったりする。

あやぺた:でもそうやって悩んだ結果として、「どストレートしかできない」と思った瞬間に“STRONGER”が出てきて。自分が今回そうやったように、不安や悩みがあったとしても、そこからどう前向きに生きていくか。やっぱりそれを真っ直ぐに歌いたいと思ったんです。

―<最強になろうぜ>と歌った後に、<たくさんの自分の弱さ / 誰よりも自分が分かってる / 隠し続けなくていいんだよ>という歌がくる。弱さや不安を笑顔に転化させていくことをこれまでも歌われてきましたけど、弱さや不安を受け入れることが強さなんだというふうに視点が少し変わってきていると感じたんですね。そのあたりは自分ではどういう感覚があります?

あやぺた:聴いてくれる人に向けて書こうと思った歌ですけど、結局は聴いてくれる人に自分を当てはめた歌になったというか。やっぱりやればやるほど、考え過ぎてしまう自分の弱さも色濃く見えてくるんですよ。もっと堂々とする強さが欲しいと思うし、だから思い切り笑う自分を求めてると思うんですけど……「夢は死なへん」って歌うのも、「最強になろう」って歌うのも、結局はすぐに諦めてしまいそうになる自分に向き合って、闘うことやと思うんですよ。そう歌わないと、なにより自分が折れてしまうから。

あやぺた

―そうですよね。前向きさや笑顔を人に与えていこうとするのは、自分がどれだけ力強く生きていられるのかを問うことでもあるわけで。

あやぺた:そうなんですよね。人が笑顔になると自分も笑顔になるっていうのもそういうことやと思うんですよ。夢を叶え続けないと、人の笑顔を見て自分も笑顔でいないと、自分が歌ってきたことが嘘になってしまうから。

私は、夢がなくなってしまった瞬間に生きる意味がなくなってしまうんじゃないかって思うんです。だから、夢を持ち続けるために歌うし、夢を持つことの大事さが歌のテーマになる。それこそHi-STANDARDや健さん(Ken Yokoyama)のツアーに呼んでもらったり、出たかったイベントに出られたり、夢を叶え続けてきてるからこそ、諦めないでほしいって歌えるんです。あの時に諦めないでよかったし、諦めなかったからこそ仲間が増えていくんやっていうことが自分を支えてると思うんですよね。

頼れる仲間がいるのが私の強さなんです。

―これは敢えて伺いますね。夢を持とう、前を向こうっていう言葉によってむしろ自分の無力さを実感して押し潰されてしまう人も世の中にはきっといると思うんですよ。そういう人に対しては、どういうことを思います?

あやぺた:そういう人がいるのもよくわかっていて、だからこそ、そういう人がライブハウスに来たいと思えるキッカケのバンドになりたいんですよ。夢がないとしても、不安もしんどさも持ち寄って、人と一緒に歌う中で元気が生まれる。独りじゃないっていうことを教えてくれるのがライブハウスやと思うので。その入り口になれるバンドでいたいって思うようになりましたね。

あやぺた

あやぺた:音楽が好きで、バンドが好きで、いつかライブハウスのステージに立ってバンドマンになりたいと思うようになって……私個人にとっては、夢が全部ライブハウスにあったので。結局は自分の好きなものを信じ続けることでしか、その先の夢や人生は広がっていかないって教えてもらったんです。

あやぺた

―あやぺたさんが夢に見たバンドマンのカッコよさって、どういうところにあったんですか。

あやぺた:みんなが助け合いながら、でも「ステージの上では俺が一番だ」って思ってライブをやってる。それで毎日旅して、人と出会って。切磋琢磨できるっていう意味での仲間がどんどん増えていくのがカッコよくて、バンドマンに憧れたんです。バンドマンになってなければ、こんなにたくさんの仲間に出会うこともなかったんですよ。人と人が出会うロマンにこんなに満ちたものはないと思うんですよね。

人って、自分にはないものをたくさん持ってるじゃないですか。こういう生き方があるんや、こういう考え方があるんや、って知ることで自分の人生も太くなっていくんですよね。そうやって信頼できる仲間を増やしていくことで自分の人生が輝いていくというか……そういう気持ちが強いんです。

―“STRONGER”は、自分の不安や弱さが切ないメロディに色濃く表れつつ、人に頼ったり仲間を信頼したりすることで自分は最強になれるんだと歌われていて。今話していただいたことの本質的な部分が曲にも出てきていますよね。

あやぺた:ああ、そうですね。頼れる仲間がいるのが私の強さなんですよ。そういう仲間が増えていってるから、プレッシャーが増していく中でも強くいられるんですよね。

あやぺた
Page 3
前へ 次へ

リリース情報

Dizzy Sunfist『STRONGER』
Dizzy Sunfist
『STRONGER』(CD)

2019年6月5日(水)発売
価格:1,296円(税込)
CBR-98

1. STRONGER
2. I am In The Mood For Dancing
3. Red Box
4. Not A Little Girl

イベント情報

『STRONGER Tour 2019』

2019年6月8日(土)
会場:神奈川県 Yokohama Bay Hall

2019年6月10日(月)
会場:宮城県 仙台MACANA

2019年6月27日(木)
会場:埼玉県 HEAVEN'S ROCK さいたま新都心VJ-3

2019年7月9日(火)
会場:大阪府 十三FANDANGO

2019年7月17日(水)
会場:神奈川県 町田 CLASSIX

2019年7月18日(木)
会場:岐阜県 柳ヶ瀬 Ants

2019年7月23日(火)
会場:香川県 高松DIME

2019年7月24日(水)
会場:兵庫県 神戸太陽と虎

2019年8月1日(木)
会場:山口県 周南RISE

2019年8月3日(土)
会場:熊本県 Drum B.9 V2

2019年8月4日(日)
会場:鹿児島県 SR HALL

2019年8月6日(火)
会場:京都府 京都MUSE

2019年8月7日(水)
会場:静岡県 浜松窓枠

2019年8月9日(金)
会場:千葉県 柏PALOOZA

2019年8月14日(水)
会場:石川県 金沢EIGHT HALL

※2019年9月以降の公演は延期

プロフィール

Dizzy Sunfist(でぃじー さんふぃすと)

2009年、あやぺた(Vo,Gt)、いやま(Ba,Cho)を中心に結成。Hi-STANDARD、ELLEGARDENのコピーバンドとしてスタート。2012年にmoAi(Dr,Cho)が加入し、現在の布陣に。2016年3月に1stフルアルバム『Dizzy Beats』をリリース、2018年1月にリリースした2ndフルアルバム『DREAMS NEVER END』のツアーでは47都道府県でライブを開催。2019年にはバンド結成10周年ワンマンライブを大阪・なんばハッチと東京・新木場スタジオコーストで行った。

関連チケット情報

2020年5月2日(土)
Dizzy Sunfist
会場:GOLDEN PIGS RED STAGE(新潟県)
2020年5月3日(日)〜5月10日(日)
Dizzy Sunfist
会場:Club SWINDLE(秋田県)
2020年5月16日(土)
Dizzy Sunfist
会場:LIVE VANQUISH(広島県)
2020年5月17日(日)
Dizzy Sunfist
会場:Fukuoka BEAT STATION(福岡県)
2020年6月6日(土)〜6月7日(日)
Dizzy Sunfist
会場:CASINO DRIVE(北海道)
2020年6月13日(土)
Dizzy Sunfist
会場:倉敷REDBOX(岡山県)
2020年6月14日(日)
Dizzy Sunfist
会場:WstudioRED(愛媛県)
2020年6月20日(土)
Dizzy Sunfist
会場:ダイアモンドホール(愛知県)
2020年6月27日(土)
Dizzy Sunfist
会場:TSUTAYA O-EAST(東京都)
2020年7月19日(日)
Dizzy Sunfist
会場:味園 ユニバース(大阪府)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る 1

    東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る

  2. 『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る 2

    『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る

  3. 平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露 3

    平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露

  4. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 4

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  5. 神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM 5

    神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM

  6. 『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数 6

    『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数

  7. 大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」 7

    大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」

  8. ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に 8

    ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に

  9. ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き 9

    ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き

  10. 星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初 10

    星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初