特集 PR

Hilcrhymeが語る「作品の自主回収」に対する意見と、1人体制の今

Hilcrhymeが語る「作品の自主回収」に対する意見と、1人体制の今

Hilcrhyme『SUN ~リメイクベスト1~』
インタビュー・テキスト
高木"JET"晋一郎
編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
2019/06/12

ただ、リスナーには本当に申し訳ない、っていう気持ちがあります。

―憤りだったり、疑問を呈するよりも、受け入れる他ないと。

TOC:これに関してはいろんな価値観の違いが絡むから、いろんな段階での議論があると思うんですけど、僕自身の考えは、今話したとおりですね。ただ、リスナーには本当に申し訳ない、っていう気持ちがあります。

でも個人的には、過去の曲がリリースできなくなった段階で、その次のことを、新曲をどうするかにすぐ考えは切り替わっていたし、だからこそ新体制になってすぐに作品のリリースに取りかかることができて。今回の3枚のリメイクベストを制作するようになったのも、それが契機になった側面があるんですよね。その契機もHilcrhymeのヒストリーのひとつなので、それを乗り越えたHilcrhymeという、ポジティブな気持ちを作品に込めようと思っています。

全国ツアー『Hilcrhyme TOUR 2019 “Hill Climb”』
全国ツアー『Hilcrhyme TOUR 2019 “Hill Climb”』

―今お話にあったリメイクベストは、6月12日にリリースされる『SUN』を皮切りに、今後リリースされる『MOON』『STAR』と、全3枚で構成されますね。

TOC:今までもベスト盤はリリースしてきましたが、その中でも一番手応えのあるベストになりましたね。ベスト盤って、シングルやヒット曲を集めたものになりがちだし、あまり「テーマ」は強くならないものなんです。でも、まず最初にリリースされる『SUN』は、Hilcrhymeのディスコグラフィの中でも明るい、四番バッター的な曲を揃えた、「THAT'S Hilcrhyme」と言えるベストになったと思います。今後リリースされる『MOON』は癒やしをテーマに、『STAR』は自分自身っていう風に、それぞれにコンセプトを立てることができたし、単純なベスト盤にならなかったことがすごく嬉しいです。

 Hilcrhyme『SUN』ジャケット
Hilcrhyme『SUN』ジャケット(Amazonで見る

―今回はリメイクということで、過去曲もラップを録り直していますね。

TOC:昔の自分じゃないんですよね、やっぱり。たとえば制作した当時の“春夏秋冬”は、まだ28歳だったから、当然だけど声が若いんですよ。同じフロウで、同じ譜割りで歌ってるけど、今の声で録り直すと、そのときとはかなり違う感触があって、興味深くもありましたね。

これまで培ってきたライブ経験でよくなってる曲もありますし、曲によっては作った当時の方がよかったかも知れないと思うこともあります。“トラヴェルマシン”なんかは、制作当時イキってたので(笑)、そのイキリ感が今はやっぱり出せないんですよ。スポーツとも似てて、若いときだからこそできる動きみたいなものがきっとボーカルにもあるんだなって、それは面白いと同時に、勉強になりましたね。

―音の鳴り自体も非常にクリアになりましたね。

TOC:その部分が一番よかったかも知れないです。『SUN』のミックスにはすごく丁寧に時間をかけたし、先端の音楽とも遜色のない鳴りになったと思いますね。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

『SUN ~リメイクベスト1~』(CD)
Hilcrhyme
『SUN ~リメイクベスト1~』(CD)

2019年6月12日(水)発売
価格:3,240円(税込)
POCE-12116

1. アイセイ(新曲)
2. 春夏秋冬 2019
3. ルーズリーフ 2019
4. トラヴェルマシン 2019
5. 友よ 2019
6. パーソナルCOLOR 2019
7. Changes 2019
8. Kaleidoscope 2019
9. エール 2019
10. FLOWER BLOOM 2019
11. Summer Up 2019

イベント情報

『Hilcrhyme LIVE 2019“MILESTONE 10th”~DAY1・招待=Show Time~』

2019年7月13日(土)
会場:東京 豊洲PIT
出演:
Hilcrhyme
Creepy Nuts
My Hair is Bad

『Hilcrhyme LIVE 2019“MILESTONE 10th”~DAY2・アコースティック~』

2019年7月14日(日)
会場:東京 豊洲PIT

『Hilcrhyme LIVE 2019“MILESTONE 10th”~DAY3・ワンマン~』

2019年7月15日(月)
会場:東京 豊洲PIT

『TOC 生誕祭 2019』

2019年10月4日(金)
会場:東京都 TSUTAYA O-EAST
出演:
Hilcrhyme
TOC

プロフィール

Hilcrhyme
Hilcrhyme(ひるくらいむ)

2006年6月9日にHilcrhymeを結成。2009年にシングル『純也と真菜実』でメジャーデビュー。同年リリースの2ndシングル『春夏秋冬』が大ヒットし、『日本レコード大賞』『有線大賞』など各新人賞を受賞。メロディアスなラップスタイルと等身大かつ文芸的なリリック、万人に響くメロディーメイクが反響を呼び、日本語ラップという形では過去に例を見ないトータル1000万DL超えを記録。また、叩き上げのスキルあるステージングにより動員を増やし続け、2014年には初の武道館公演をSOLD OUT。ブレずに新潟在住で音楽活動を続ける。2018年3月19日にDJが脱退。メンバーはTOCのみとなったが、TOCは「人生全てをかけてHilcrhymeを全うする」と所信表明。歌い続けていく。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 犯罪者たちの痕跡を展示『シリアルキラー展』明日からヴァニラ画廊で開催 1

    犯罪者たちの痕跡を展示『シリアルキラー展』明日からヴァニラ画廊で開催

  2. サザエさん一家を等身大でリアルに再現 『サザエさん展 THE REAL』7月開催 2

    サザエさん一家を等身大でリアルに再現 『サザエさん展 THE REAL』7月開催

  3. サカナクション“忘れられないの”PV公開 80年代前半を研究&再現 3

    サカナクション“忘れられないの”PV公開 80年代前半を研究&再現

  4. KOHHとワンオクが歌う「見えない抑圧」 大谷ノブ彦×柴那典放談 4

    KOHHとワンオクが歌う「見えない抑圧」 大谷ノブ彦×柴那典放談

  5. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 5

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  6. WANIMAの全楽曲がサブスク配信、特別動画公開&渋谷駅にメッセージ広告 6

    WANIMAの全楽曲がサブスク配信、特別動画公開&渋谷駅にメッセージ広告

  7. ムッソリーニが現代ローマに復活 映画『帰ってきたムッソリーニ』予告編 7

    ムッソリーニが現代ローマに復活 映画『帰ってきたムッソリーニ』予告編

  8. 『おっさんずラブ』全話一挙上映会が全国11劇場で開催、田中圭の舞台挨拶も 8

    『おっさんずラブ』全話一挙上映会が全国11劇場で開催、田中圭の舞台挨拶も

  9. スピッツの魅力を再確認。『なつぞら』主題歌収録『優しいあの子』発売 9

    スピッツの魅力を再確認。『なつぞら』主題歌収録『優しいあの子』発売

  10. 小栗旬×宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ 映画『人間失格』予告&主題歌 10

    小栗旬×宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ 映画『人間失格』予告&主題歌