特集 PR

cyberMINK、地下アイドルから音楽家になった音楽オタクのギャル

cyberMINK、地下アイドルから音楽家になった音楽オタクのギャル

cyberMINK『Happy Overload』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:宇佐美亮 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)
2019/08/21

デザインと同列の感じで、身につけるように聴ける音楽があってもいいよなって思うんです。

―今のアイドルの話を聞いてしっくりきたのは、新作シングル『Happy Overload』は、アートワークも含めて、前作に比べると「少女性」が強いなと思ったんです。アイドルへの憧れっていうのも含めて、雛さんにとって「少女性」というのは作品作りにおいてとても重要な要素なのかなと思いました。

:めっちゃ重要です。「可愛い」と思えるものを作りたいっていう気持ちはありますね。曲を作るにあたっても、今回のシングルでは“チルチルミチル”とか、前のシングルだと“f**kin' QT”っていう曲にそういう部分は強く出ていると思うんです。

cyberMINK『Happy Overload』を聴く(Apple Musicはこちら

cyberMINK“f**kin' QT”を聴く(Apple Musicはこちら

:“f**kin' QT”はもともと、自分のために書いた曲じゃなくて、男の子のアイドルのために書いた曲だったんです。男の子のアイドルが歌うということは、女の子のファンが聴くっていうことじゃないですか。それで、セーラームーンとかが好きそうな女の子に向けて、キラキラしたグロッケンとか、メルヘンチックな要素を入れたんですよね。

―なるほど。

:少女性のあるものって、基本的に視覚で訴えるものが多いと思うんです。服とか彫刻とか、そういうもので「可愛い」を表現する人は多いんですけど、音を聴いただけで「めっちゃ可愛いな」「デザイン性高いな」って思われるような音楽をやっている人って少ないと思う。

私が中学生くらいの頃かな、COLTEMONIKHAをやっていた頃の中田ヤスタカさんが「デザイン性のある音楽をやりたい」って言っているのをインタビューで読んだんです。「家具のように、インテリアとして機能する音楽をやりたい」みたいなことを言っていたんですよね。

空間デザイン的なことだと思うんですけど、そういう感性がめちゃくちゃいいなって私はずっと思っていて。デザインと同列の感じで、身につけるように聴ける音楽があってもいいよなって思うんです。自分自身、そういう感性で音楽を聴いてきた気もするし。

cyberMINK

自分が自立していることが一番大事だし、そのうえで遊ぶことが大事。

―今回のシングルの表題曲“Happy Overload”の歌詞は、「ひとりで生きる」というスタンスが強く書かれているじゃないですか。前作にも、男女関係における違和感を描いたうえでの孤独感が表されている曲もあったと思うんですけど、こういう歌詞は、ご自身のどんな部分から出てくるものなのでしょう?

:男女関係の歌詞が多くなっちゃうのは、めっちゃ遊んできたからですね(笑)。

cyberMINK

―(笑)。

:遊んできたからか、男って、マジで星の数ほどいるなって思うんですよ。

―ははははは!(笑)

:「別にこの人じゃなくてもいいんだろうな」みたいな(笑)。私は少女漫画を読んできたので、子どもの頃は運命じみたものを信じてきた部分もあったんですけど、運命なんて結局ないなって(笑)。

何事もタイミングで、一期一会だから、そのときそのときを大事にしていくことが重要だなって思うんですよね。今後、私も結婚することがあったりしたら感覚も変わっていくものだと思うんですけど……今のところは、星の数ほど男がいすぎて逆に孤独だな、みたいな(笑)。

―なるほど(笑)。

:マジで、男はいすぎるんだよなぁ……。

―そんな、しみじみと(笑)。

:いすぎると、ひとりの人を大切にするのは難しくなってくるし、相手も私のことを大切にするのは難しくなってくるし。そうなってくると、関係性は希薄になるというか、インスタントになっていっちゃうから。

cyberMINK

:でも別に、そうなっても、私が私で自立すればノープロブレムなんだなって思うんですよ。自分が自立していることが一番大事だし、そのうえで遊ぶことが大事。そういう原則が、今の私にはあるんですよね。

―“Happy Overload”が「ひとり」をポジティブに描いているのは、そういうことなんですね。

:そうですね、「自立が大事」っていうこと(笑)。最近、お母さんが「結婚のために生きちゃダメよ」ってよく言うんですよ。

もちろん、「この人と結婚したい」と思う人が現れたら結婚すればいいけど、自立できていたら、結婚できなくてひとりで死んだって幸せな人生だからって。本当にそうだよなって思うんですよね。だから、“Happy Overload”のなかで、「ひとりで生きていく」っていう選択肢は、ハッピーエンドなんですよ。

cyberMINK
Page 3
前へ 次へ

リリース情報

cyberMINK
『Happy Overload』(CD)

2019年8月21日(水)発売
価格:1,080円(税込)
TRGR-1012

1. Happy Overload
2. チルチルミチル
3. D.D.M.P

イベント情報

cyberMINK企画LIVE『サイバードドンパ』

2019年8月29日(木)
会場:東京都 渋谷SPACE ODD
出演:
cyberMINK
KAQRIYOTERRO
ぜったくん
どんぐりず

2019年9月6日(金)
会場:愛知県 名古屋HeartLand
出演:
cyberMINK
KAQRIYOTERROR
ぜったくん

『cyberMINK「Happy Overload」インストアイベント』

2019年8月23日(金)
会場:大阪府 タワーレコード梅田NU茶屋町店

2019年8月24日(土)
会場:愛知県 名古屋PARCO西館1階エントランス

2019年9月1日(日)
会場:埼玉県 大宮アルシェ 1Fイベントステージ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも