特集 PR

チーム・東郷清丸からの「Q」 お金、働き方、芸術と社会について

チーム・東郷清丸からの「Q」 お金、働き方、芸術と社会について

東郷清丸『超ドQ』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:今井駿介 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

お客さんが払ってくれたお金が僕を作るし、そうやって僕が膨らむことで、その人にも返ってくるものがきっとある。(東郷)

―間違いなく、これまでの常識を見直す動きが様々な場所で起こっているタイミングですよね。もちろん、すぐになにかをガラッと変えるのは難しいけど、こうやってチケット代などの形で提示することによって、少しずつ一人ひとりの考え方が変化していくのかなと思います。

東郷:自分一人じゃどうにもできないなって、途方に暮れることもあるんです。でも、まずは土壌を作るところからやっていかないと、僕が思い描く豊かな世界にはならないんだろうなって考えているんです。僕が生きている間にそこまでたどり着くのは無理なんだろうけど、土だけでも耕しておいて、次の世代の人が上手く使ってくれたらなと思う。とにかく、現状を放っておきたくなくて、一歩でも進めておきたいんです。

東郷清丸

―では最後に、ツアーファイナルに行きたいけど、たとえば「今月のバイト代のなかから5,000円出すのは厳しいかも」と迷っている人に、なにか一言いただけますか?

東郷:この日は、レコーディングにも参加していただいた、それぞれが活躍している演奏家の方々に来てもらって、総勢11名という人数で演奏します。それをまとめ上げるPAは『Q曲』のサウンドを作り上げたエンジニアの葛西敏彦さん。『Q曲』の濃密な世界観をライブで再現してみたかったのでそれなりの準備を進めてますね。それと、日本各地を回った展示『Q展』も1日限りの拡大版『大Q展』として設置します。この日だけしか見られないものもたくさんあります。……ということを知ってもらえたら、5,000円は高くはないだろうって思ってもらえるでしょうか。

あと、当たり前の話なんですが、2019年の10月5日という日は二度と来ないですよね。地球の歴史上でたった数時間だけしか存在しない濃密な場所を体験するのだから、今月のバイト代っていうよりは、「生涯年収から5,000円出す」くらいに考えてもらったほうがいいかな(笑)。

高田:投資精神みたいなものが僕たち一般人にもなじんでくると、もっと面白いことになりそうですよね。お金をたくさん持っている人が投資をするのはよく聞く話だけど、「この人にはこのくらい払いたい」みたいなことがもっといろんな場所で起こると、もっと豊かな表現が生まれるんじゃないかなと思いますね。

クラウドファンディングもいいけど、そういう仕組みじゃなくても、もっとナチュラルな投資というか、ただモノを買うだけじゃない、違うお金の使い方をしたいという人の気持ちを満たすような。「余白にお金を出したい」みたいな考え方がいいですよね。

後藤:清丸という可能性に投資するっていうことですよね。

左から:後藤洋平、東郷清丸、高田唯

東郷:そういうふうに一方通行じゃないのがいいなと思う。払って終わりじゃないんですよ。お客さんが払ってくれたお金が僕を作るし、そうやって僕が膨らむことで、その人にも返ってくるものがきっとあるから。

高田:そう考えると、ツアーファイナルはなにかしら意思を持った人が集まるだろうから、すごいエネルギーの空間になるかもね。

後藤:きっと、くっついて来るような彼氏は置いてきますよね(笑)。そういう人たちが集まるとすれば、演者にも相当影響を与えるだろうし。

東郷:そういう場所を体験するには、5,000円は結構安いと思いますよ。

東郷清丸
Page 4
前へ

イベント情報

東郷清丸
『超ドQ』

2019年8月23日(金)
会場:大阪府 NOON

2019年9月14日(土)
会場:愛知県 名古屋 Live & Lounge Vio

2019年9月15日(日)
会場:京都府 京都 METRO

2019年10月5日(土)
会場:東京都 渋谷 WWW

客演:
河合宏知(Dr)
厚海義朗(Ba)
角銅真実(Perc,Cho)
mei ehara(Vo)
KUDO AIKO(お囃子,Cho)
谷口雄(Key)
あだち麗三郎(Sax,Perc)
三浦千明(Tp)
池田若菜(Fl)
吉田悠樹(二胡)
葛西敏彦(PA)
※渋谷 WWW公演のみ

リリース情報

東郷清丸
『Q曲』(CD)

2019年5月29日(水)発売
価格:2,700円(税込)
ALRM-006

1. 201Q
2. 龍子てんつく
3. アノ世ノ
4. L&V
5. 秋ちゃん
6. シャトー
7. Nepenthes
8. YAKE party No Dance
9. 多摩・リバーサイド・多摩

プロフィール

東郷清丸(とうごう きよまる)

1991年、横浜生まれ。童謡からポップス / ロック / ブラックミュージック / ラップなどの音楽のみに留まらず、人の会話や虫の鳴き声や車のエンジンや換気扇の回る音にいたるまで、耳に入るもの全てに感銘を受けながら音楽表現に取り組むソングライター。2019年5月29日、2ndアルバム『Q曲』をリリース。同年10月5日、渋谷WWWにて『超ドQ』ツアーファイナルを開催する。

高田唯(たかだ ゆい)

グラフィックデザイナー、アートディレクター。株式会社Allright代表。1980年東京生まれ。桑沢デザイン研究所卒業。good design companyを経て、2006年Allright Graphics設立。2007年Allright Printing設立。2017年Allright Music設立。東京造形大学准教授。

後藤洋平(ごとう ようへい)

1986年京都府生まれ。桑沢デザイン研究所卒業後、株式会社Allrightを経てフォトグラファーとして活動を始める。
現在gtPとして写真(Photo)題字(Poetic)プロデュース(Produce)などを行う。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る 1

    東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る

  2. 『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る 2

    『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る

  3. 平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露 3

    平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露

  4. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 4

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  5. 神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM 5

    神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM

  6. 『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数 6

    『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数

  7. 大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」 7

    大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」

  8. ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に 8

    ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に

  9. ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き 9

    ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き

  10. 星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初 10

    星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初