特集 PR

107人の天才に学ぶ「クリエイティブ」困難を乗り越える武器になる

107人の天才に学ぶ「クリエイティブ」困難を乗り越える武器になる

『天才たちの頭の中~世界を面白くする107のヒント~』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:鈴木渉 編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)

なぜ私はクリエイティブなのか。それは「執着」だね。

―僕も映画を観たり、今日こうして監督のお話を聞いたりしながら考えていたのですが、「なぜクリエイティブなのか?」と問われたら「他者に何かを伝えたい、他者と繋がりたいから」と答えると思います。つまり、「クリエイティブとはコミュニケーションである」と。もしこの世界に「他者」がいなかったら、人はクリエイティブである必要はないでしょう。

ヴァスケ:以前、フォルカー・シュレンドルフ監督(ドイツ出身の映画監督。映画『ブリキの太鼓』などを監督)とベルリンで対談したとき、彼も君と同じように「クリエイティブとはコミュニケーションを求めることだ」と話していた。「作家は誰しも、たったひとりで真っ白なページを埋めていかなければならない」と言ったのはガルシア=マルケス(コロンビア出身の作家。『百年の孤独』などを執筆)だが、しかしそれは、最終的に誰かに読まれることを求めている。口から言葉を発することだけがコミュニケーションではなくてね。

ハーマン・ヴァスケ

―おそらく多くの人が、職場や学校などで、クリエイティブでいるためのヒントを求めてこの映画を観に来ると思います。そういう方たちに、何かアドバイスはありますか?

ヴァスケ:とにかく、心を開いて観てほしい。先日ミュンヘンに行ったとき、ひとりの若い学生から「私はずっと自分の進むべき道に迷っていましたが、この映画からヒントをたくさんもらいました」と感謝の言葉をいただいた。作り手としては、そういうフィードバックが一番嬉しい。ここに集めた著名人たちの言葉が、何かしら皆さんのヒントになることを願っているよ。

―では最後の質問です。おそらく、何度も聞かれていると思いますが……。

ヴァスケ:「Why Are You Creative?」だね。来ると思っていたよ(笑)。なぜ私はクリエイティブなのか。それは「執着」だね。このプロジェクトも、そして次回作の『Why Are You Not Creative?』も、私が心から作りたい作品であり、とにかくやり続けるしかないとの思いでここまで来られた。もちろん、楽しいこともたくさんあった。こうやって日本に来て色々な人と話せるのも、映画を作り続けてきたからこそだしね。

―僕も「執着」や「しつこさ」は、クリエイティブにとってとても大事な要素だと思います。

ヴァスケ:イギリスのウィンストン・チャーチル元首相が、母校であるハーロー校で卒業生に祝辞を贈る際、壇上に上がるなり「Never, never, never give up(決して、決して、決して諦めるな)」とだけ言って去ったという都市伝説のような逸話があるけど(笑)、「決して、決して、決して諦めない」ということが大切だと私も思うよ。

ハーマン・ヴァスケ
Page 4
前へ

作品情報

『天才たちの頭の中~世界を面白くする107のヒント~』
『天才たちの頭の中~世界を面白くする107のヒント~』

2019年10月12日(土)から新宿武蔵野館ほか全国で順次公開

監督:ハーマン・ヴァスケ
出演:
デヴィッド・ボウイ
クエンティン・タランティーノ
ジム・ジャームッシュ
ペドロ・アルモドバル
Bjork
イザベル・ユペール
スティーヴン・ホーキング
マリーナ・アブラモヴィッチ
ヤーセル・アラファト
Bono
ジョージ・ブッシュ
ウィレム・デフォー
ウンベルト・エーコ
ミハイル・ゴルバチョフ
ミヒャエル・ハネケ
ヴェルナー・ヘルツォーク
サミュエル・L・ジャクソン
アンジェリーナ・ジョリー
北野武
ジェフ・クーンズ
ダイアン・クルーガー
スパイク・リー
ネルソン・マンデラ
オノ・ヨーコ
Pussy Riot
ほか
上映時間:88分
配給:アルバトロス・フィルム

プロフィール

ハーマン・ヴァスケ

ドイツ・ベルリン出身の映画監督であり作家でありプロデューサーである。監督としては、ハーヴェイ・カイテル、デビ・メイザー、スーパーモデルのナジャ・アウアマンが出演の短編映画『Who Killed the Idea?(原題)』(2003年)、マリーナ・アブラモヴィッチ、スラヴォイ・ジジェク、エミール・クストリッツァ、アンジェリーナ・ジョリーらを出演に迎えた『Balkan Spirit(原題)』(2012年)を手掛ける。近年は、ダイアン・クルーガー、ヴィム・ヴェンダース、ジュリアン・シュナーベル、マイケル・マドセン、エド・ルシェ、フランク・ゲーリー、クリス・クリストファーソン、ハリー・ディーン・スタントンら出演の『Dennis Hopper: Uneasy Rider(原題)』(2016年)を手掛けた。これまで、グリメ賞(ドイツのエミー賞に匹敵する賞)受賞をはじめ、カンヌライオンズなどを含め1000以上の賞を受賞している。ドイツ・アート・ディレクターズ・クラブの会員であり、トリーア応用芸術科学大学で教授として教鞭をとり、ヨーロピアン・フィルム・アカデミー(EFA)の会員でもある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る