特集 PR

BBHF尾崎雄貴の幸せだけど幸せじゃない今。それでも人生は続く

BBHF尾崎雄貴の幸せだけど幸せじゃない今。それでも人生は続く

BBHF『BBHF1 –南下する青年- 』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:木村篤史 編集:矢澤拓

「BBHFのこと、尾崎雄貴のこと、なんかわかるわ」って、一人でも思ってもらえたらいいなって。

―途中で話に出たように、今回のアルバムの一番大きなテーマは「継続」とのことですが、そのテーマ自体はどこから出てきたものなのでしょうか?

尾崎:僕は来年で30歳になるんですけど、続けること、生きることにふと疲れるときってあるじゃないですか? 漫画的な例えで言うと、フワッと自分の魂が肩から現れちゃう感じ。あれを初めて体験したのがきっかけで、「継続」について改めて思い返すと、喜びよりもつらいことの方が多いんじゃないかとも思って。

BBHF『リテイク』を聴く(Apple Musicはこちら

―それでも、生きていかねばならない。その感覚が『麦ふみ』とリンクしたわけですよね。

尾崎:ただ、「強くてニューゲーム」みたいな話ってあるじゃないですか? 「今の知能を持って小学生からやり直せたらどうする?」みたいな。僕は戻ることができるとしても、戻らなくていいやって思うタイプで、今までいろんな失敗もしてきたけど、自分の人生観としては、過ぎ去ったことはもうおしまいで、失敗や辛い思いも含めて今があると思っていて。だから、「生きることは辛い」と言いながら、僕は今幸福な気持ちで生きていて、人間ってそういう不思議なところがあると思うんですよね。幸せだけど、幸せじゃない、みたいな。

―必ず両面が存在するものだったりしますよね。

尾崎:そういうことに魅力を感じると同時に、イラつきも感じて、自分に疲れて、それで魂がフワッと浮かんだのかなと思ったり。とはいえ、やっぱり人生は続いていくし、映画の主人公だって、作品としてはハッピーエンドだったとしても、彼らの人生はその後も続いていくわけじゃないですか? 僕らの人生も、絶対ハッピーエンドじゃなさそうだったとしても続けていかなきゃいけないし、途中でアクシデントが起こるかもしれない人生を、それでもみんな続けていく。それは別にドラマチックなことじゃなくて、お風呂にも入らなきゃだし、健康診断にも行かなくちゃだし、親がいつボケるかもわからないし、それぞれ背負ってるものがあって。

尾崎雄貴 写真:Iwai Fumito
尾崎雄貴 写真:Iwai Fumito

―うんうん。

尾崎:例えば、ライブで素晴らしいパフォーマンスができて、その日のライブが意味あるものだったとしても、その後も僕の人生もお客さんの人生も続いていく。その「継続」に魅力を感じてるっていうよりは……そこから目が離せない状態っていうのかな。こういうことって誰にでもあるというか、頭の中がモヤモヤするんじゃなくて、逆にスッキリして、見えなかったことが見えてきた結果、それが自分を悩ませることってあると思うんです。

―わかります。先々のことを考えるっていうのはそういうことでもありますよね。

尾崎:今の自分はその状態で、それを言葉で説明するんじゃなくて、音楽で形にすることで、安心できるというか、「こういうことかな?」って思える。で、これを聴いた人に「なんかわかるわ」って思ってもらえたら嬉しい。「BBHFのこと、尾崎雄貴のこと、なんかわかるわ」って、一人でも思ってもらえたらいいなって。だから、今までの作品とは気合いの質が違うっていうか、もっと心と脳みそと体で受け取ってほしい、みたいな感じで。

―因藤さんの作品も、きっとそんな風に受け取ったんでしょうね。

尾崎:今回の制作って、「今の時代の中でどんな音楽を鳴らすべきか?」みたいな感覚じゃなくて、ある意味修行してる感覚っていうか、自分がモヤモヤして吐きだせないものを、自分の体からデトックスして、その上で何かを作るみたいな感じ。「つらい思いをしたら、何か見えてくるかもしれないね」みたいな感じで、メンバーは修行仲間っていうか(笑)。

―あはは(笑)。

尾崎:そもそも去年のツアーのMCで、まだ1曲もできてないのに「次は2枚組」みたいなことを言っちゃって、今にして思えば、自分のムーブがそこからスタートしていたというか、ファンに啖呵を切った時点で(笑)、動き始めてたんだなって。だから、今回のアルバムを取り巻くすべてが、今までみたいに「自分はこういう確固たるものがあって」って説明できるものじゃなくて、未知数なところがあって、今はそれを大切にしたいんです。自分で予測できちゃうのが、一番つまらないですから。

Page 3
前へ

リリース情報

『BBHF1 –南下する青年- 』
BBHF
『BBHF1 –南下する青年- 』初回限定盤(2CD+DVD)

2020年9月2日(水)発売
価格:4,400円(税込)
BNCD-0006

[CD]
<上>
1. 流氷
2. 月の靴
3. Siva
4. N30E17
5. クレヨンミサイル
6. リテイク
7. とけない魔法
8. 1988
9. 南下する青年
<下>
10. 鳥と熊と野兎と魚
11. 夕日
12. 僕らの生活
13. 疲れてく
14. 君はさせてくれる
15. フリントストーン
16. YoHoHiHo
17. 太陽

[DVD]
“FAM!FAM!FAM!” 恵比寿LIQUIDROOMライブ映像
1. Mirror Mirror(Instrumental)
2. リビドー
3. だいすき
4. 友達へ
5. バック
6. Torch
7. Mirror Mirror
8. なにもしらない
9. あこがれ
10. シンプル
11. 涙の階段

BBHF
『BBHF1 –南下する青年- 』通常盤(2CD)

2020年9月2日(水)発売
価格:3,520円(税込)
BNCD-0007

<上>
1. 流氷
2. 月の靴
3. Siva
4. N30E17
5. クレヨンミサイル
6. リテイク
7. とけない魔法
8. 1988
9. 南下する青年
<下>
10. 鳥と熊と野兎と魚
11. 夕日
12. 僕らの生活
13. 疲れてく
14. 君はさせてくれる
15. フリントストーン
16. YoHoHiHo
17. 太陽

ギャラリー情報

gallery a-cube
gallery a-cube

住所:東京都渋谷区松濤1-28-6 麻生ビル1F

gallery a-cube (appointment gallery)

住所:東京都渋谷区松濤2-7-4 B1

プロフィール

BBHF
BBHF(びーびーえいちえふ)

Galileo Galileiとして活動していた尾崎雄貴(Vo,Gt)、佐孝仁司(Ba)、尾崎和樹(Dr)の3人に、彼らのサポートギタリストを務めていたDAIKI(Gt)を加えて、2018年に「Bird Bear Hare and Fish」名義で活動をスタート。2019年7月1日にBBHFに改名し、配信限定EP『Mirror Mirror』をリリース。9月2日に2枚組全17曲のセカンドフルアルバム『BBHF1 -南下する青年- 』をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開