特集 PR

ディズニー音楽の魔法のようなメロディーが持つ力。Serphが語る

ディズニー音楽の魔法のようなメロディーが持つ力。Serphが語る

Serph『Disney Glitter Melodies』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

「Serphさんが持つファンタジー、ディズニーの持つファンタジーがかけ算になって化学反応が起きている」(関口)

Serph

―Serphさんがアレンジ面で特に気に入っている曲を挙げるとすると、いかがですか?

Serph:“True Love's Kiss”かなあ。これが一番ダンスミュージック寄りの仕上がりで、展開があったり、テンポが変わったりもするので、Serphらしい刺激があるかなと思います。

Serph“True Love's Kiss”を聴く(Apple Musicはこちら

―Serphらしさを散りばめつつ、どの曲もコンパクトに仕上げられていますよね。

Serph:すごく広い世界に触れると思ったので、あんまり我は出さないように、癖を強くし過ぎないようにって意識はありましたね。

―関口さんにも、個人的なお気に入りを挙げていただけますか?

関口:そうですね……でも本当に全編素晴らしいですよね。“A Whole New World”もそうですし、“Main Street Electrical Parade”は初期Serphに近い感じがしたので、昔からのファンの人にも楽しんでもらえると思いますし、“Let It Go”ももちろんいいですし、最初の3曲で一気に掴まれます。

最後の“It's a Small World”で終わりを迎えるまで全編通して聴けて、リラックスもできるし、気分を盛り上げることもできる。ディズニーのメロディーをとても素敵に調理していただいたなって思っています。

Serph“Main Street Electrical Parade”を聴く(Apple Musicはこちら

―序盤にSerphの代名詞的なサウンドが並んでいて、逆に“On My Way”や“Under the Sea”は生楽器感が強めで、また別のSerphの持ち味が出ているし、これまでの作品の美味しいとこ取り、みたいな言い方もできるかもしれないですね。

関口:あとは、足し算じゃなくて、倍々になっていて、「ファンタジー×ファンタジー」だと思ったんですよね。Serphさんが持つファンタジー、ディズニーの持つファンタジーがかけ算になって化学反応が起きているというか。

それは楽曲だけじゃなくて、アートワークにしてもそうで、このミッキーはスタンダードなミッキーをトレースしているんですけど、いつもSerphさんの作品でイラストを描かれている河野愛さんがパンツや靴の部分を描き下ろされていて。アートディレクターも普段のSerph作品を担当されている方ですし、あらゆる面でSerphとディズニーが一緒に作り上げた作品になってるんです。

Serph『Disney Glitter Melodies』ジャケット
Serph『Disney Glitter Melodies』ジャケット(Amazonで見る
初回生産限定盤デラックス・エディションは、河野愛がデザインしたジャケットをあしらったTシャツ同梱キラキラBOX仕様となっている
初回生産限定盤デラックス・エディションは、河野愛がデザインしたジャケットをあしらったTシャツ同梱キラキラBOX仕様となっている
初回生産限定盤デラックス・エディションは、河野愛がデザインしたジャケットをあしらったTシャツ同梱キラキラBOX仕様となっている(Amazonで見る

―Serphさんとしては、ディズニーの世界観との融合をどう意識されましたか?

Serph:自分の世界観を混ぜることで、ディズニーの楽曲を自己流にアップデートすることを考えていましたね。

関口:僕がディズニーのカバーを企画するときは「この映画が現代で公開されたときに、誰が音楽をやったら効果的だろう?」っていう発想を念頭に置いているんです。それは今回も同じで、「もし2020年にこれらの映画が公開されて、映画のなかで流れてたら素敵な音はどんなものだろう?」っていう考えからSerphさんにお願いしたいと考えたんですよね。

―じゃあ、Serphさんがおっしゃった「アップデート」っていうのはまさに、ですね。

関口:そうです。古い曲のなかにはミュージカル要素が強いものもあって、映像から歌だけ抜くとおかしなことになる場合があるんですけど、「曲単体として成立させられるのは誰だろう?」っていうのも考えるポイントでした。

Serph“Under the Sea”を聴く(Apple Musicはこちら

自由な心に立ち返ることのできる日常使いのサウンドトラックとして

―Serphさんは今回のアルバムについて、「ウルトラスムースなイージーリスニングアルバムになりました」ともコメントされていて、映画の世界観から離れて、家のなかでイージーリスニング的に聴く音楽としても機能する作品になっていますよね。

Serph:そうですね。ディズニーファンの方にはもちろん聴いていただきたいですけど、ディズニーのことを考えなくても聴いてもらいたいし、独立したものとしても機能してほしいって気持ちはあります。

Serph“Beauty and the Beast”を聴く(Apple Musicはこちら

―ラストの“It's a Small World”のなかで足音が聴こえますが、あれにはどんな意味合いを込めているのでしょうか?

Serph:一人ひとりの人生を考えたときに、すごく広い世界を生きてるわけじゃなくて、みんなスモールワールドのなかで、クヨクヨしたり、ハッピーになったりしてるわけじゃないですか。だから、「自分のサイズの人生を大事にしよう」みたいことを楽曲に込めたくて取り入れた演出ですね。

―「ファンタジーの世界から、日常に戻って行く」みたいな感覚もありました。

関口:各映画から切り抜いた楽曲たちなわけですけど、この『Disney Glitter Melodies』っていう作品が、誰かの人生のサウンドトラックになってくれたら一番素敵だなって思います。

Serph“It's a Small World”を聴く(Apple Musicはこちら

―Serphさんは今回の作品について、「ディズニーの作品は心和むし勇気や希望をもらいました。トゥモローランドに心を飛ばすための音楽です」ともコメントされていますが、現在はコロナの影響もあって、なかなか明日を見出しにくい状況です。そんななかにあって、この作品が聴き手にどう作用してほしいと考えていらっしゃいますか?

Serph:僕は自由な気持ちと心がいい状態であるってことが、現実に先立つものであるという考えを持っているので、音楽を聴いてる少しの時間だけでも自由な気持ちになってほしいなと思います。そうすることでよりよい未来が見えてくると思うし、もっと言えば、よりよい人生を歩むきっかけになれば嬉しいですね。

―この数か月は、Serphさんも気持ちのアップダウンがありましたか?

Serph:自粛がはじまったばかりの頃はスランプで、全然にっちもさっちもいかない状態だったんですけど、でもそれも慣れてくるもので、むしろ「選択肢は制作しかない」って迷いが消えたんですよね。最近はスタジオに籠ってバリバリやってます。外の世界が不自由になればなるほど、音楽の重要性は高まっていくわけで、だからこそ、もっといい音楽を世にもたらしたいなって思いがありますね。

Serph『Disney Glitter Melodies』を聴く(Apple Musicはこちら

Page 3
前へ

リリース情報

Serph『Disney Glitter Melodies』初回生産限定盤デラックス・エディション
Serph
『Disney Glitter Melodies』初回生産限定盤デラックス・エディション(CD)

2020年9月16日(水)発売
価格:5,500円(税込)
UWCD-9022

1. A Whole New World
2. Main Street Electrical Parade
3. Let It Go Japanese Version (feat. 牧野由依)
4. True Love's Kiss
5. Part of Your World
6. Beauty and the Beast
7. On My Way
8. Under the Sea
9. Speechless
10. Good Company
11. When You Wish Upon a Star
12. It's a Small World
13. Let It Go English Version (feat. 牧野由依)[Bonus Track]

※Tシャツ同梱キラキラBOX仕様

Serph『Disney Glitter Melodies』通常盤
Serph
『Disney Glitter Melodies』通常盤(CD)

2020年9月16日(水)発売
価格:2,970円(税込)
UWCD-1078

1. A Whole New World
2. Main Street Electrical Parade
3. Let It Go Japanese Version (feat. 牧野由依)
4. True Love's Kiss
5. Part of Your World
6. Beauty and the Beast
7. On My Way
8. Under the Sea
9. Speechless
10. Good Company
11. When You Wish Upon a Star
12. It's a Small World

プロフィール

Serph(さーふ)

東京在住の男性によるソロ・プロジェクト。2009年7月にピアノと作曲を始めてわずか3年で完成させたアルバム『accidental tourist』を発表。以降、コンスタントに作品をリリースしている。より先鋭的でダンスミュージックに特化した別プロジェクトReliqや、ボーカリストNozomiとのユニットN-qiaのトラックメーカーとしても活動。自身の作品以外にも、他アーティストのリミックスやトラックメイキング、CMやWEB広告の音楽、連続ドラマの劇伴、プラネタリウム作品等の音楽なども手がける。2020年9月16日、ディズニー公式カバーアルバム『Disney Glitter Melodies』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優