ニュース

日本初の携帯電話による映画祭、『ポケットフィルムフェスティバル』開催

携帯電話を撮影機材とすることが条件の、日本初の映画祭『ポケットフィルム・フェスティバル』(ポケットフィルム・フェスティバル実行委員会:東京藝術大学、ソフトバンクほか)が開催される。

公募期間中に集まった404作品から審査を経て48作品を選び、フェスティバル開催中に上映する。

フェスティバルでは公募作品の上映のほか、国内外のクリエーターによるオリジナル映像作品の上映やトークセッション・シンポジウムなどを行い、携帯電話動画の可能性を考える。

応募された動画の半数は制作費が0円だったという。携帯電話ならではの手軽さを武器にどんな映像表現の可能性が生まれてくるのか、期待したい。

上映作品のプログラムやトークセッションの詳細は、公式HPにて確認を。

オリジナル映像参加クリエーター:
伊藤ガビン、伊藤桂司、生西康典、掛川康典、アピチャッポン・ウィーラセタクン、宇田敦子、梅川良満、エキソニモ、かわなかのぶひろ、KUJUN、ジョナサン・ターナー、タナカカツキ、永戸鉄也、中原昌也、林家たい平、ウィスット・ポンニミット、松原弘典、迫慶一郎、サイモン・ヨハン、大門未希生、酒井耕、千葉大樹、馬場淳、松下ユリア(敬称略)

『ポケットフィルム・フェスティバル』
2007年12月7日(金)~9日(日)
会場:東京藝術大学大学院映像研究科 横浜キャンパス新港校舎 馬車道校舎
審査委員:藤幡正樹、佐藤雅彦、諏訪敦彦、ジャン=ルイ・ボワシエ、ローレンス・ヘルツベルグ
主催:ポケットフィルム・フェスティバル実行委員会(東京藝術大学大学院映像研究科、ソフトバンクグループ、電通、ボストーク)
共催:フォーラム・ド・イマージュ
後援:文部科学省、横浜市開港150周年・創造都市事業本部

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー