ニュース

日本初の携帯電話による映画祭、『ポケットフィルムフェスティバル』開催

携帯電話を撮影機材とすることが条件の、日本初の映画祭『ポケットフィルム・フェスティバル』(ポケットフィルム・フェスティバル実行委員会:東京藝術大学、ソフトバンクほか)が開催される。

公募期間中に集まった404作品から審査を経て48作品を選び、フェスティバル開催中に上映する。

フェスティバルでは公募作品の上映のほか、国内外のクリエーターによるオリジナル映像作品の上映やトークセッション・シンポジウムなどを行い、携帯電話動画の可能性を考える。

応募された動画の半数は制作費が0円だったという。携帯電話ならではの手軽さを武器にどんな映像表現の可能性が生まれてくるのか、期待したい。

上映作品のプログラムやトークセッションの詳細は、公式HPにて確認を。

オリジナル映像参加クリエーター:
伊藤ガビン、伊藤桂司、生西康典、掛川康典、アピチャッポン・ウィーラセタクン、宇田敦子、梅川良満、エキソニモ、かわなかのぶひろ、KUJUN、ジョナサン・ターナー、タナカカツキ、永戸鉄也、中原昌也、林家たい平、ウィスット・ポンニミット、松原弘典、迫慶一郎、サイモン・ヨハン、大門未希生、酒井耕、千葉大樹、馬場淳、松下ユリア(敬称略)

『ポケットフィルム・フェスティバル』
2007年12月7日(金)~9日(日)
会場:東京藝術大学大学院映像研究科 横浜キャンパス新港校舎 馬車道校舎
審査委員:藤幡正樹、佐藤雅彦、諏訪敦彦、ジャン=ルイ・ボワシエ、ローレンス・ヘルツベルグ
主催:ポケットフィルム・フェスティバル実行委員会(東京藝術大学大学院映像研究科、ソフトバンクグループ、電通、ボストーク)
共催:フォーラム・ド・イマージュ
後援:文部科学省、横浜市開港150周年・創造都市事業本部

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く