ニュース

立花文穂氏責任編集の季刊雑誌『球体』が創刊

文字と紙、本を素材やテーマに作品を制作し、グラフィックデザインの分野でも活躍、 ブックデザインも多く手がけるグラフィックデザイナー立花文穂氏が責任編集を行う新雑誌『球体』の創刊号が11月26日に発売される。

創刊号の特集は「文字のはなし」。読めるものだけではなく、文字そのものの可能性を深く探り、文字の成り立ちや派生を現代の風景に見立てた視点で撮影した写真を、100ページ余りで構成する

その他にも、石田千氏(作家)の連載「もじの緒1」や、伊勢克也(アーティスト)による読み物、「マカロニ(仮)」、劇団ユニットテニスコートの「テニスコートの冥土の土産に教えてほしい(仮)」などが掲載されている。

「球体」は、アーティストでありグラフィックデザイナーである立花文穂を責任編集、アートディレクターに迎え、美術、写真といったヴィジュアル・イメージを中心に小説やエッセイなどの読みもののほか、さまざまな表現をぐちゃっとまるめた紙塊である。

『季刊 球体 1 2007Winter,volume1』
責任編集・アートディレクター:立花文穂
1,680円 / A4判変型
出版:六耀社

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー