ニュース

インディペンデントマガジン「MASSAGE 7」が発売、CET関連イベントにて展示も開催

不定期発行のインディペンデントマガジン「MASSAGE(マッサージ)」の最新号「MASSAGE 7」が発売される。

コンテンツはスマーフ男組に焦点を当てた「ブレイクビーツ」特集や、「ジャパニーズ・エレクトロ・ポップ」と題し、DE DE MOUSE、TRAKS BOYS、CHERRYBOY FUNCTIONなどをピックアップした特集など、興味深い内容となっている。

また、CET2007関連企画として11月23日~12月2日まで『MASSAGE 7 展』を開催。MASSAGE周辺のアーティストたちが、映像ヴィジュアル、立体、映像、デコレーションなどの作品を展示。「MASSAGE 7」の先行販売も行われる。

MASSAGE最新刊『MASSAGE 7』
特集1:「ブレイクビーツ」
この10年間でスマーフ男組がやったこと、アルティメイト・ブレイクス・ビーツとその謎(語り手:パンプ横山、高木完、DUB MASTER X、KZA、荏開津広)ブレイクビーツ&ミー(文:ECD)、ボルティモア・ブレイクス(語り手:ムーンウォークレコード、ロジャーヤマハ)
特集2:「部屋からの革命」
HANDMADE SPEAKER(制作者:MADSAKI)、残された聖なる場所(語り手:TRAX GALLERY)、室内園芸のススメ、部屋にある戦争
特集3:「ジャパニーズ・エレクトロ・ポップ」
DE DE MOUSE、TRAKS BOYS、CHERRYBOY FUNCTION、FRAN-KEY
ダブ・ステップについて(文:PMKFA+荏開津広)、
チルハウスってなに?(対談:小野田雄×秋山太郎)
アートワーク:鈴木ヒラク、SEIGOFUKUDA、塩田正幸
写真:KURO

『MASSAGE 7 展』
2007年11月23日~12月2日 18:00~22:00
参加アーティスト:
NYAAA、SEIGOFUKUDA、井口弘史、fc∞py (QofQ)、植本一子、辺口芳典、塩田正幸、河野未彩、IPPI
デコレーション:ONA
スピーカー:MADSAKI

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年