ニュース

『童貞。をプロファイル』刊行記念、松江哲明×大槻ケンヂ トークショー

昨年に公開された映画『童貞。をプロデュース』の松江哲明監督による対談本『童貞。をプロファイル』が5月下旬に発売される。

『童貞。をプロデュース』とは、実際の童貞たちがそこから脱出するまでをプロデュースしたドキュメンタリー映画。社会派=ドキュメンタリーというイメージを払拭した同作品は、これまで類を見なかった面白ドキュメンタリー映画として話題を集めた。

『童貞。をプロファイル』はさまざまなジャンルで活躍中の「元童貞(今、大人)」から聞き出した童貞時代のエピソードや、ユニークな性癖を収録した対談集。対談相手には、峯田和伸(銀杏BOYZ)、カンパニー松尾(AV監督)、武富健治(漫画家)、山下敦弘(映画監督)、花くまゆうさく(漫画家)、マッスル坂井(プロレスラー)、大槻ケンヂ(ミュージシャン)、デーブ・スペクター(放送作家、俳優)といったジャンルを問わず、個性派の面々が名を連ねている。

また、同書にも対談が収録されている大槻ケンヂを迎えた刊行記念したトークショーが、6月14日(土)に青山ブックセンター本店にて開催される。童貞であることの哀しみ、童貞であることの意義など、こちらも同書と同様に盛り上がること間違いなしのトークになりそうだ。

『童貞。をプロファイル』
2008年5月発売予定
著者:松江哲明
価格:1,470円
出版社:二見書房 (ISBN:978-4-576-08008-6)

『童貞。をプロファイル』(二見書房)刊行記念
松江哲明×大槻ケンヂ トークショー
2008年6月14日(土)19:00~20:30(開場18:30~)
会場:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山
定員:120名
料金:700円(税込)電話予約の上、当日ご精算
電話予約・問い合わせ:青山ブックセンター本店 03-5485-5511
受付開始日:2008年5月17日(土)10:00~
※サインは松江さんのみご希望の方には応じていただけます。

(画像:青山ブックセンターイベント情報より転載)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

MONO NO AWARE“東京”

一言で「東京」と言っても、いろんな場所があるし、そこに暮らす人の価値観や思想もさまざま。MONO NO AWAREの新作より、玉置周啓と加藤成順の故郷・八丈島(ここも東京)をドキュメンタリータッチに切り取った“東京”のPVが公開。<みんながみんな 幸せになる方法などない><無理くり手をつないでも 足並みなどそろわない>という歌い出しにハッとさせられる。私とあなたの違いを「受け入れる」のではなく、その違いをもっとポジティブに捉える思考の転換が僕らには必要なのかもしれないですね。これ、マジの名曲です。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く