ニュース

川島秀明展『wavering』、繰り返し描かれる「自画像」のよろめき

5月17日(土)から6月7日(土)まで、川島秀明展『wavering』が小山登美夫ギャラリー(東京・清澄)にて開催されている。

川島は1969年、愛知県生まれのアーティスト。03年、05年の個展に続き、同ギャラリーでは3年ぶり3度目の個展となる。同氏は95年から2年間、比叡山延暦寺にて天台宗の仏道修行を経験し、日々の営みとして絵を描くことを選んだという。

様々な形態に変化しながらも繰り返し描かれるポートレート作品を、「自画像を描くような気持ちで」描いたと川島は語っている。川島の作品達は、普遍的な真理を追い求めていても決して拭い去ることのできない自己そのものを、真摯に見つめ続ける作家の記録ともいえる。

今回の個展では、8~10点の新作ペインティングを展示。川島いわく、「今回は少し距離を置いて、様々な表情を演じているよう」とのこと。タイトルの「wavering」とは、精神的なよろめき、揺らぎ、というニュアンスとしてもちいられており、心の鏡に向かってポーズをとるような作家のひそやかな実験性を感じることができるだろう。

また、同ギャラリーでは櫃田珠実展『The Garden』も同時開催中。ぜひ、あわせて足を運んでほしい。

川島秀明展『wavering』
2008年5月17日(土)~6月7日(土)
会場:小山登美夫ギャラリー(東京・清澄)
料金:無料

(画像:© Hideaki Kawashima, 2008)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで