ニュース

企業×アートはいかにコラボレーションできるのか『TAB Talks #8』

Tokyo Art Beat主催のトークイベント『TAB Talks #8』が、6月3日(火)にゴタンダソニック(東京・五反田)にて開催される。今回のTAB Talksは、様々なジャンルのクリエイターたちと活動してきたローラン・グナシアを招く。

グナシアは、ファッションブランドアニエス・bアートディレクターとして、日本文化事業推進部にアートディレクターに抜擢されて来日。それ以降3年間に渡り、映画、ファッション、音楽、アートといった様々なジャンルの芸術・文化イベントを企画、プロデュースを手がけている。

同氏の最近の活動は、横浜美術館では日本の家具ブランドとコラボレーションや、常設アート作品と家具を同時に展示する3つのスペースをプロデュースしているほか、東京都現代美術館ではフランス人と日本人現代美術家のグループ展示に携わっている。また、2008年には日本人女性アーティストらのエロティシズムをテーマにした展示を6都内各所にて展示準備ほか、7月の東京芸大での展示準備中。既成のかたちに捕われない様々な形態で企業と芸術をサポートを行っている。

イベント当日は企業×アートという、ときには相反することもある2つのジャンルがいかにコラボできるのか。アーティストが自由に作品を作り続ける環境を提供することは、どのようにブランディングに繋がるのか、などをたっぷりと語ってもらう予定だ。

同イベントは、バイリンガルでの進行や、トーク終了後に観客が自分の作品やプロジェクトを発表する場なども用意されている。

『TAB Talks #8: ローラン・グナシア 「新しいブランド戦略とアート」』
2008年6月3日(火) 20:30~23:30
会場:ゴタンダソニック(東京・五反田)
料金:一般1,000円、学生800円

(画像:Tokyo Art Beatウェブサイトより引用)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー