ニュース

『休暇』門井肇監督作品、人の命を奪うことで得られる幸せとは

寡黙な刑務官の心の葛藤を描いた作品『休暇』が6月7日(土)から公開される。

刑務官の平井は40歳を越えた今も独身。姉の紹介で知り合ったシングルマザーの美香と結婚を決めたものの、有給を使い果たし、新婚旅行に出かけられずにいた。

そんな中処刑の際、下に落ちて来た体を支える「支え役」を務めれば、1週間の休暇を与えられると知った平井は、誰もが嫌悪する支え役に自ら名乗り出る...。

吉村昭の短編小説を原作に、命の尊さ、家族の絆が生と死の間で揺れ動くひとりの刑務官を通して描かれている。人の命を奪うことで得られる幸せは、本当の幸福と言えるのだろうか?葛藤の中で感動的なヒューマンドラマが展開される。

監督には『棚の隅』の門井肇。刑務官、平井役に『歓喜の歌』の小林薫。死刑因、金田役に『Dolls ドールズ』の西島秀俊。美香役の大塚寧々、大杉漣、柏原収史などが顔を揃えた。

『休暇』
2008年6月7日(土)より、有楽町スバル座他にて全国ロードショー
監督:門井肇
原作:吉村昭「休暇」
キャスト:
小林薫
大塚寧々
西島秀俊
柏原収史
菅田俊
2008年/日本/カラー/115分/
配給:リトルバード

(画像:©2007「休暇」製作委員会)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで