ニュース

東京の現実感覚を鮮やかに描き出す、岡田利規の代表作『三月の5日間』を岡崎藝術座が上演

岡崎藝術座による演劇作家、小説家として最先端を歩む岡田利規(チェルフィッチュ)の代表作であり、岸田戯曲賞受賞作でもある『三月の5日間』が、7月25日(金)から8月5日(火)まで、川崎市アートセンターアルテリオ小劇場(神奈川・川崎)と、お江戸上野広小路亭(東京・上野)の2会場で上演される。

本作は世界各地で上演が続く00年代を代表する傑作とされており、2004年に初演。絶賛の中、第49回岸田國士戯曲賞を受賞している。また、小説としても2007年に出版され、今年4月には第2回大江健三郎賞を受賞した。

物語の時代背景はアメリカがイラクへの空爆を開始した2003年3月。六本木のライブハウスで出会った男女はそのまま渋谷のラブホテルに向かい、ひたすらセックスをし続けて5日間を過ごすーー独特の複層的な語りで、戦争、日常、願望…を交錯させ、現代の東京の現実感覚を鮮やかに描き出す。

『三月の5日間』は「東京」という、神奈川・千葉・埼玉、もしくはそれ以上に膨れ上がった、巨大都市圏を考えるにあたって適材かもしれない、とは構成台本・演出を手がける神里雄大(岡崎藝術座)のコメント。また、イースタンユースの吉野寿や小説家・横田創も本作に対して同じくコメントを寄せており、各方面からの注目度の高さがうかがわれる作品となっている。

上演される2会場ともに、地域特色を活かした演出が行われるとのこと。両公演に足を運んで、その違いを確かめるのも一興である。

岡崎藝術座
『三月の5日間』
2008年7月25日(金)~7月27日(日)
会場:川崎市アートセンター アルテリオ小劇場(神奈川・川崎)※アフタートークあり
2008年8月3日(日) ~8月5日(火)
会場:お江戸上野広小路亭(東京・上野)

作:岡田利規(チェルフィッチュ)
構成台本・演出:神里雄大
出演:
冨川純一
西田夏奈子
武谷公雄(バングラッシー)
砂生雅美
佐々木透
宇田川千珠子(青年団)
影山直文
中村早香(ひょっとこ乱舞)
尾原仁士
春日井一平(劇団上田)
タカハシカナコ(劇団井手食堂)
企画制作:岡崎藝術座
料金:前売 2,000円 当日 2,500円(全席自由・日時指定
両公演共通券(前売のみ取扱い)3,500円

(画像:Copyright© 2003-2008 OKAZAKI ART THEATRE. All Rights Reserved.)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像